甘党の私は基本どんなものを食べたって食後はスイーツを食べたくなるし、お茶しようといったら必ず甘いものとセットでないと嫌だ。
一人でショッピング中に喉が渇いて我慢できずに入ったカフェでも、「ミルクレープとカフェラテで」と言ってしまうくらいには。
恥ずかしながら、コーヒーといえば甘いスイーツに合わせることばかりで、ミルクたっぷりというのが基本姿勢なので、このコラムのためにコーヒーの写真などあっただろうかと探していたらあった。

ラストオーダー

写真というのはその時の記憶をいろいろと呼び覚ますものですね。
このなんだか凛とした空気感まで伝わってくるコーヒーは某観光地に2泊で旅行に行った時のもの。1泊目の夕飯はどうしても食べたいものがあったので事前に準備万端にしていたのですが、2泊目のことをまったく考えておらず、19時ごろになり、はてどうしようと。観光地とは厳しいもので、19時までには入店しないと、どこもラストオーダー。
最悪はコンビニ弁当かと諦めきれずに彷徨っていたら、電気が付いているコーヒー屋さんが。もうラストオーダーです。というセリフも聞き飽きていたので諦め半分聞いてみたら、まだ良いですよ、というので、いそいそと。

軽い軽食メニューでもあればラッキーと思っていたのだけど、メニューにはしっかりしたものが並んでいたので、ハンバーグにビーフシチューがかかったものをいただく。これがまあ、想定外に美味しい美味しい。
ちなみに店内はもちろん私と相方しかいなく、数名いる店員の方が多いという状況である。

食後にいつもならスイーツを頼むところを、コーヒーが売りのようなので、一応もらうおかなぁ、なんて頂いたコーヒーが写真のコーヒーなのであるが。まあなんとも爽やかで美味しかった記憶がよみがえる。ファミレスの煮詰まって苦味しか感じられないそれとは全く別のもの。
そして、写真をみるに、カップも上品で可愛くて、テーブルの黒がちょっと店内を暗くしていて少し大げさに感じたのだけど、写真に撮ってみると、まるでこの写真を撮るためかのように素敵。

焙煎室

諦めていた夕食が思いの外たのしいものになったので、ご機嫌でお店を後にすると、出口のところでなにやら明かりがついていた。
のぞいてみるとどうやらそこは焙煎室だったようで、コーヒー豆をそこで焙煎していたのだった。そして、そこにいたスタッフに「今日は焙煎日だったのでこの時間でもお店あけてたんですよ」と言われ。
なるほど、コーヒーのおいしかったわけと、こんな時間でお客さんがいないのにこんなラッキーに巡り会えた理由がわかった。

やっぱりスイーツがすき

基本は夜にコーヒーなんて飲まないし、スイーツ大好きで、ほんとうのコーヒーに出会えていないのかもしれないけど、一枚の写真で思い出した。
こんな出会いもあるもので。基本は愛するスイーツを書き綴りたい気持ちでいっぱいですが。コーヒーも、すこしづつ。

関連キーワード
  • クロワッサンへの葛藤と矛盾
  • 日曜の朝はもっちりふんわりパンケーキを
  • コーヒー資格!UCCプロフェッショナル認定試験の結果通知がきましたよ!
  • ハンドドリップの入れ方を動画で解説!【基本のコーヒー抽出を覚えよう】
  • 女子力高い塩顔イケメンと写真の話
  • 【THE LOCAL COFFEE STAND】2周年おめでとうございます!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事