ついに明けたわね。

 

火曜の今日は元旦。

元旦の日に、こうしてご挨拶ができること、すごく嬉しい。

 

みんな、去年はどんな1年だった? そして、平成は、あなたにとってどんな時代だったかしら。まぁ厳密に言えば、5月までは平成なんだけどね。

 

昭和生まれの私にとって、平成が終わってまた新たな元号になることは結構大事件。

平成生まれの方がまだまだ若く見えるのに、これからは平成も「昭和的」扱いになるってことでしょう?

 

じゃあ……昭和生まれの私達って……ね(苦笑)

 

まぁそんなことは、ほんとのところは、なんだっていいんだけどね。

 

私の昭和から平成を思い返すと。昭和に産まれて、ほどなく平成になって、いくつかの恋をして、青春を謳歌して。そして就職して、挫折して(苦笑)でもまた這い上がって、またしても躓いてっていう連続だったわ。そしてどんな時も、ブラックコーヒーが私の隣りにはあった。

 

それは今でも変わらなくて、コーヒーと一緒に毎日を過ごしてる。

いつもここでぶったぎってるくせにね、先の見えない暗闇に茫然としたことも何度かあった。

でもね、なんだかんだ、生きていればどうにかなるものなのよね。

 

こうして、読んでくださってるみなさんと新年を祝えること。

普段こういった感謝をお伝えできることがないから、新年こそ、言わせてほしい。

 

いつも本当に、ありがとうございます。

 

これまで突っ走ってきた人、過去につまづいた人、きっと色んな人がいると思う。

もしね、心が瀕死の状態でも、どうにかこうにか生きていれば、いつか光はさすから。

そしてその光は、点と点が線になって、あなたを照らし始めるから。

 

私もどうにかこうにか生きている人間の一人よ。

 

全ての人々に平等に新年はやってくる。そして、さらに今年は、新しい時代の幕が開ける。

誰もが、同じスタートラインに立つ瞬間。

 

さぁ、覚悟はいい?

思いっきり泣いて、笑って。「あなた」という誰にも真似できない輝き、放ちまくっていこうじゃないの。

 

今年も私らしく、あなたらしく、生き抜いていくわよ。

 

いつだって応援してる。

 

cafend、そして「カフェっ子りかちゃん」を、今年もどうぞよろしくね。

                                      2019年.元旦

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
紅茶・日本茶・ハーブティー
自分の名刺に書かれている「ライター」という肩書きにいつも違和感を覚える。かといって文筆家や小説家という肩書きは偉そうだし、脚本家というのも恐...