2週連続3連休、みんなどうしてた?

私? 1回目の3連休は、ひたすら仕事。

せめて休日気分を味わいたくて、近くの自然公園の中にあるカフェで仕事と格闘していたわ。芝生できゃっきゃと楽しく遊ぶ家族を横目に、ね(苦笑)

 

で、2回目の3連休はひっさびさ実家に帰ってゆーっくりしてきたわよ。まあ基本、やることないんだけどねー。親の顔をみて、安心してきたってところ。

 

今日は、1回目の3連休で行ったカフェでの話。

 

3連休の真っ只中、都内のカフェに入り浸る私(仕事)と女子トーク真っ最中の女子2人。その2人がね、真逆の意見で戦ってたわけ。朝まで続くのかこれとか思うほどヒートアップしてた話題がこれ。

 

他人の幸せを心から喜べるか、喜べないか問題」

結構ね、面白かったわよ(笑)

 

1人は

「人の幸せも喜べないと幸せになんてなれるわけない! 喜ぶのが当たり前! てか、喜ぶべきでしょどう考えても」派。

 

もう1人は

「もちろんそれはわかるんだけど、たまに喜べない時ない? まあそれで、喜べない自分に嫌気がさす時あるんだけどね。」派。

なんかどちらも、すっごくよくわかるんだけどね。

……。これさあ、その時の自分の幸福度次第、じゃない?

もう絶対幸せを喜ぶべき! 派は、きっと今おそらく猛烈に幸せなんじゃないかしら。もう幸せのおすそ分けをしてあげたいくらいにね。

 

自分が幸せなら、そりゃあ他人の幸せだって喜べる。むしろ「え、あなたも幸せなの? やったぁ実は私も今幸せでね!!」って、互いに幸せを共有したいのよね。

 

対してもう1人の「たまに喜べない時もある。でもそんな自分がいやになったりする」派。

正直で、とっても素敵だと思うわよ、私は。自分がしんどい時も、祝ってあげたい。でも、心からじゃない。そんな時ってさ、すごくいい子でもあると思うわよ。というか、幸せを手放しで喜べる、喜べないはその子の性格とか全く関係ないわけ。ただただ、その時の自分の状況が、影響してるだけ。

 

そのあと、その子こう言ったの。
「関係が近ければ近いほど嫉妬するかもしれないし、心からおめでとうって思うかもしれない。だから、喜ぶべき! って決めること自体がちがう気がする」って。

 

でも、おそらく幸せいっぱい? なもうお一方は。
「なにそれ。じゃあ私の幸せもあれなんだ、喜んでくれないのね。」

飛躍しすぎ。そしてやっぱり幸せなのね、あなた(笑)

 

私、思うのよね。

他人の幸せを喜べない時だってあるわよ。人間だもの。人間らしくて、いいじゃない。
そこで喜べなかった自分自身を責める必要もない。
いいの、それで。

 

まずはあなた自身が、心から笑える日まではそれでいいのよ。おそらくだけど、幸せと不幸せ、どっちも経験した人間の方が後者の考えになると思う。だから、最初の子だって決して間違ってはいないと思うわよ。幸せを貫いてくれたら、それはそれでとっても素敵。

 

でもね。

幸せを喜べない時だって、あっていいの。365日いい人でなんかいる必要はない。というわけで、私は後者の子の意見に賛同。

 

みんなはどうだったかしら。

 

さぁ! また今日から、頑張りましょうね。

 

悲しみはいつか絶対、糧になるから。
2018.10.24
休日の天気の良い昼下がり。表参道では割とよく行くカフェ。 そのお店、選曲がなかなか良くて、久しぶりに聞くDesree(デズリー)の声に耳を傾けながら、ブラックコーヒー片手に流れる景色をぼーっと見ていた。 何気なく見たメッセージボードには、「おかげさまで10周年」て書いてある。そっかこのお店、も...…
夜明け前が、一番暗い。~新年明けましておめでとう~
2018.1.1
明けたわね。 2018年。みんな、去年はどんな年だったかしら。 私はもう、けっこう激動だったわね。それこそ、公私ともに。 早く年でも明けて、早く新年来ないかしらとか、思った時もあったわよ? そしてついに明けた2018年。 明けまして、おめでとうございます。 さて、今年のみんなにはどんなこと...…

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
おうちカフェ
ホムパってなんだか、言うのが少し、恥ずかしい(苦笑) ようはあれです、ホームパーティです。 もっとざっくばらんに言ってしまうと、 【うちカフ...