今日は初めて、うちの姉の話でもしようかしら。というのもね、先週末に初めて姉妹二人旅をしてきたの。姉は8年前に結婚をしたんだけど、いまだにものすごーーーーく仲良し。

 

私と二人でカフェランチに行っても、旦那の悪口なんて聞いたことがない。その旦那とも三人でお酒を飲むことがちょくちょくあるんだけど、旦那が酔っぱらってくると絶対に話し出すのが「こんな器のでかい女性はなかなかいない」というノロケ(笑)

 

親族のノロケって、こっちまで幸せになる。だから三人で飲む時間は私も大好き。

 

姉の結婚前は、姉と色んな場所に遊びに行ったり飲みに行ったりしていたんだけど、唯一していない事がひとつ。それが、二人での旅行だったの。この前「どうせ行くなら韓国とかの近場海外でも行こうか!」と提案してみたら……まさかの旦那NG!!

 

どういうことかと聞いてみたら「もし旅行中に互いになにかがあった時、海外だとすぐに行けないから、海外はちょっと……」とのこと。

 

あ、愛されてる。でもちょっと、価値観が合わない2人だったら「えええええ!」とか言ってしまいそう……。あとちょっと窮屈に感じたりもしそうだなとか思っていたら、姉はと言うと「まぁ海外はダメみたいだけど、国内はOK出たし、国内にしようか!」と気にもしていない様子

 

ふむふむ。2人にとっては、いちいち気にすることでもないのね。勉強になります。

 

というわけで旅行先は、群馬県の四万温泉に決定!

 

肌がつるっつるになる温泉に浸かりまくり、山の幸に舌鼓をうちまくり、川の青さの美しさから「四万ブルー」と呼ばれる絶景に感動しまくり、そんな絶景を見ながらのコーヒーを味わいまくり、大満喫をしていざ帰宅!

 

 

互いの家は近所なので最寄駅に着いたとき「帰り、どこかでコーヒーでも飲んで一息ついていく?」と姉を誘ってみたら、姉の答えはこう。

 

「いや、もう充分楽しんだ! たくさん楽しませてもらったから、あとは寂しがっているであろう、うちの旦那をかまってあげようかと(笑) 今、いきつけのお店で一人でしっぽり飲んでるんだって。私も行ってあげようじゃないか。今日はお代も、私が払ってやるか~♪ りかも来る? 旦那、きっと喜ぶよ」

 

我が姉ながら、素晴らしい。いつの間にそんないい女になったのかしら。若い頃とは大違いじゃないの……。昔の姉なんて、今の姉から想像できないほどひどいもんだったのよ? 彼氏の一挙一動に右往左往するのは日常茶飯事、かといって全て服従ってわけでもなく、自分の想いは突き通すという我儘っぷり。

 

高校の時に付き合っていた大学生の彼氏とは、彼のことが好き過ぎたゆえの束縛三昧。電話にでなかったら「浮気してるかも」とあたふたし、メールの返信がいつもより少し遅ければ「他の女と会ってたの?」と疑いまくり。その結果、どうなると思う? 誰でも想像つくわよね。結局彼からは呆れられ、愛される間もなく振られていたなぁ。

 

「この女、器小さーーー……」って私も子供ながらに思っていたっけ。そんな姉が、今や相手を信じここまで器の大きな女性になるとはね。女って、変わるものね~。

 

そういえば、今回旅館でお酒を酌み交わしていた時にこんな事を言ってたわ。

 

「結婚するまでそれなりにいろんな人と付き合ってきたけど、今の旦那といる時が一番自然なの。気楽なんだよね。相手が笑うと私もうれしいから、互いが笑いあえる環境を作るのも、あの人となら苦じゃないの。

 

もちろん、たまには理不尽な時もあるよ? 私が飲み会で遅くなると、旦那はあまりいい顔をしないの。でも旦那はというと、飲み会の時は、いーっつも深夜1時過ぎるからね。でも、よくよく考えると、それも実は別にたいしたことないんだよね。だってね、お互いに「無事に帰ってきますように」という根っこの想いは一緒なの。

 

旦那は、すこーし私と伝え方が違うだけ。私の帰りが遅いと不安になるから、そういう顔になるわけよ。別に怒っているわけじゃない。そこを分かっちゃうと、旦那の帰りが遅くても、私は笑って『お、無事に帰ってきたな! おかえりなさい♪』って言えるんだよね」

 

 

そりゃあ、愛されるわけだ。

 

 

姉の達観した愛と器の大きさに感動すら覚えながら、例の旦那さんが飲んでいるというお店に着くと、姉を見た時の旦那の隠し切れない喜びよう(苦笑)

 

 

今、互いに互いを大切にしあっている姉夫婦。いい具合に酔っぱらった姉の旦那は、いつもの姉自慢が始まった。

 

旦那さんったら「こんっなに器の大きい女はいない。だから私(旦那は自分のことを私と呼ぶの)は、ちゃーんと、お姉さんを幸せにしないとね。大切にして守り抜くよ、私は。りかちゃんも、私たちみたいな夫婦にいつかなるんだぞ」ですって(苦笑)

 

私、思うのよね。

 

愛されている女は、たいがい器が大きい。小さなことで、キーキー言う女と、おおらかにニコニコとしている女。あなただったらどちらの女性の隣りにいたい?

 

答えはきっと、だいたい後者。

 

器、のばしてのばして、大きくしていきましょうね。

 

 

見たら終わりの携帯電話
2019.7.9
今年みたいな梅雨らしい梅雨の季節って何年振りかしら。どうしても気が滅入りがちになっちゃうわね。そんな毎日に舞い込んできたプライベートのニュースも私としては、かなり衝撃的だった。 それは、めちゃくちゃ仲の良かった友達カップルが別れた電撃ニュース。別れた彼女の方とケーキとカフェラテが有名なカフェでお茶...…
結婚後。ブスとキレイの分かれ道。
2018.10.18
私の周りには結婚して、とても 「キレイになる人」と「超絶ブスになる人」の2パターンがいる。 この前、とても久しぶりに大学時代の友人たちとカフェでランチをしたの。10代の頃に知り合った私たちも、今ではアラサー。それぞれ結婚したり出産したり、キャリアアップしたり離婚したり……。 10代の頃に想像し...…
関連キーワード
  • したい? したくない? たまには心と向き合ってみて。
  • ほんとに好きなら、怒れるはず。
  • 思い出なんて、そのうちきれいになってくわよ。
  • 「どうせ最後はお金でしょ?」その言いぐさには異論あり。
  • 2021年、始まります!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう