ひどい話を聞いた。

 

忘年会の席でのこと。今年は大人数ではなく数人で行うカフェでの忘年会だったから、いつもよりもそれぞれと深い話をすることができたの。私は、元々さし飲みか、多くても4人とかの集まりの方が好きだから、「毎年こんな忘年会ならいいな♡」と個人的には思ってしまった(苦笑)

 

それぞれといろんな話をしていたとき、つい最近離婚をしたという男友達が「この場だから言わせて。忘年会だから、今日だけまじ愚痴らせてほしい」と言ってきた。皆が皆「どうぞどうぞ」という中で、彼が結婚に至るまでと結婚してから離婚に至るまでの話を聞いた。

 

付き合いはじめは彼の方から。彼女からの答えは「私、次付き合う人と結婚するって決めているから、そのつもりならいいよ」との返事だったそう。もちろんOKをした彼は晴れて彼女とカップルに。

 

だけどその後がひどかった。彼女の束縛は今までに例を見ないほど激しいものだったそうよ。携帯チェックは当たり前。男友達と行く飲み屋は必ずチェック。少しでも女の影(幼馴染の女の子とか)があるだけで激昂を繰り返すという子だったらしいの。極めつけは、付き合って間もない頃に、彼女は彼が住むマンションの階違いに引っ越してきたそう。

 

人の携帯見るなんて、その時点で私なら逃げ出したくなるけど、彼は違った。「まぁ見せて都合の悪いものなんてないから別にいいよ」という感じで見せていたそうよ。でも、度重なる束縛に「俺、このまま結婚してもいいのかな。結婚しても彼女とだとうまくいかないかも」と不安を感じた彼は、彼女に「別れてください」と別れを告げたんですって。

 

でも、それを聞いた彼女の返答がホラー。「私、次付き合った人と結婚するって言ったよね? あのとき”うん”って約束したよね。しかも、その為にマンションにまで引っ越してきたんだよ? ここまで私がしているのに。訴えるわよ」

 

それを聞いた彼は「これはもう……逃げられないな」と観念。そして彼と彼女は、めでたく(?)ゴールインをしたそうよ。

 

たまたま、その場にいた全員が彼と彼女の結婚式にも参加していたのよね。超~~幸せそうだった二人にまさかそんな経緯があったなんて。彼も当時は、「結婚を決めたのは俺。彼女と一緒に幸せになる生活をしよう」と腹をくくっていたそう。だからこそ、愚痴は誰にも言わなかったみたい。

 

結婚生活は、しばらくはうまくいったそう(彼が彼女に怒られないように行動したからね)でもしばらくして、彼女の束縛がゆるくなっていることに気づいた彼。最初の頃は「ようやく信用してくれたかな」と思っていたものの、パタッと束縛がなくなるのはやっぱり何かが怪しい。ある日、彼がふいに彼女に話しかけた時、あからさまに携帯を隠した彼女の行動を見て、疑惑は確信へと変わったそう。

 

「今誰と連絡とってたの? 携帯見せてもらえる?」と、彼はその日、初めて彼女の携帯を見たそうよ。

 

結果はクロ。彼女、不倫をしていたの(しかも数年間も)

でもね。彼、一度は許したんですって。彼女の裏切りで離れそうになった自分の心をどうにか繋ぎ止めようともしたそうよ。

 

だけどやっぱり無理だった。どうしても「あれだけ自分は束縛してきたのに……」という思いがずっと拭えなかったんですって。最後は彼の方から「離婚してください」と伝え、二人は別れを迎えたの。

 

……。きっつい経験したわね……。

 

 

私、思うのよね。

 

 

あのとき、逃げたらよかったのに。

 

男も女も、束縛する奴は浮気にも走りやすい。束縛するのは自分に自信がないからで。束縛するのは相手を信用していないからで。つまりは束縛する人って、精神状態が常に不安定かつ不満が多いのよ。相手を縛りつけておかないと安心できない。でもその上で、常に不満を持っているから「もっと自分を愛してくれる人を……」と無意識に探してしまう。良さそうな人がいれば、その不幸オーラでたちまち相手を包囲してしまう。(不幸オーラが好きな人も結構多いからこれが成り立つんだけどね)

 

そして更にはそれを繰り返す奴が多い。それは彼女も一緒だったそうよ。彼に聞いたら、「うわ~まさにそうだわ。俺が付き合うときは、たまたまドフリーだったけど、これまで何回かこういう修羅場を繰り返してきたって言ってたな」ですって。

 

 

そんな奴、一生かかっても幸せになんかなれないからね。

 

 

自分を思ってくれる人がいるという事実が幸せそのものなはず。でもその幸せを見ようともしない。どこまでこの束縛に耐えてくれるかという部分だけで、必死に愛を量ろうとする女。心底腐ってるな~と思うわけよ。男友達は相当傷を負ったけど、離婚できてよかったわよ。一生そんな女と一緒にいたら、彼まで腐敗していきそうよ。

 

どうしても交際相手を信じれなくてつい束縛をしてしまう人はいると思う。でもそれは、相手じゃなくてあなた自身の問題な場合が多い。もし相手が浮気ばかりを繰り返す人なら、そんな人はあなたから別れてしまいなさい。そうじゃない場合、まずはあなた自身が、自分自身を愛してあげてね。否定ばかりじゃなく、自分のことを全面肯定してあげること。

 

まずは自分で自分のことを幸せにすること。それができなきゃ、交際や結婚なんて夢のまた夢よ。

 

 

本命になれない男と女
2020.6.16
今年の梅雨……暑くない? 気のせい? なんだか、例年以上に1日のアイスコーヒー消費量が多い気がする。最近ダイエットコーヒーなるものも出てきて気になってるんだけど、実際どうなのかしら。大好きなコーヒーを飲んで痩せられるなら、めちゃくちゃいいわよね。 とか言う話を数週間前に女友達とカフェでしていたら、...…
終わりよければ全てよし!? 年末・12月にやっておくべき「○○」のすすめ【新年を気持ちよく迎える準備を】
2018.12.3
いよいよ来ました、師走です。1年で一番最後の月である12月は、いつも以上にせわしなく過ぎる月です。師匠も走る12月とはよく言ったものです。そして今年は「平成」という時代最後の年末でもあります。 今年、そして平成という時代の有終の美を飾れるかどうかは、12月にかかっているかも? そこで今回は、12月...…
関連キーワード
  • 誰を好きかじゃなく。誰といる自分が好きか。
  • 結婚10周年の姉夫婦に学ぶこと
  • 元カレあり?なし?苦い味。
  • 女性の後ろ姿
    見た目よりも、なによりも。
  • 上目遣いもほどほどに。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう