聞いてちょうだい、うちの鈍感女(母親)のこと。
と、誤解を生む前に。私は母親のこと、マザコンかって位、大好きですからね?♡
ただ、今日は同年代の女だったとしたらで、書かせてもらおうと思って。

 

この間、やっと夏休みが取れたから実家に帰ったの。

 

うちは、父母ともに同い年。ついこの前までは、母親がものすごく若く見られるタイプだから、よく「なんちゃって年の差婚」とか周りから言われたりもしてたけど。

 

そんな母親も、一定の時期を超えたら、がくっと歳を取った。正真正銘、年齢通りの見た目。

 

そんな母を見たとき、さすがにちょっと悲しいというか寂しいというか、切ないっていうのかしら。そんな気持ちが胸にきて。少し、ぐっときちゃったの。

でもね、そんなことまるで母は気にしない。若く見られてキレイとか可愛いとか言われてた頃も、実際そういうことに興味がなかったのよね。
だからこそ、自分が少し老いても、シミが濃くなっても、全然へっちゃらなのよね(苦笑)
そんな自分のこと以外にも、父親に対してもかなり鈍感。

 

恥ずかしながらうちの父親、歯ぎしりがすごいの。もうやんなっちゃうくらい。

 

この前帰った時も、あまりにひどくて母親に「ねぇ、なんかマウスピースとかしないの?」

 

って聞いたら。

 

「あれ? これ歯ぎしりなの? お母さん、お父さんが食べ物食べる夢見てるんだと思ってた。」

 

 

 

 

はい? 結婚して40年位そう思ってたということなのかしら、これ。

 

 

 

謎すぎて、しばし沈黙しちゃったの、私。

 

 

そして、思い出したのよね。そうだった、うちの母親は。

 

 

天真爛漫、鈍感女。

 

 

対して父親は、母親にちょっかいを出したくてたまらないタイプ。

よく意地悪言って、母を怒らそうとするのよね。
でも母はと言うと。

 

意地悪されてることに、気づいてない。
父は、相手にされていないと思って、もっと頑張る。

 

見ている側からすると、このループ、もうほんとうにイライラしちゃうんだけど(苦笑)

 

 

でも私、思うのよね。

こういう女こそ、幸せになるって。

 

天真爛漫なんだけど、なんか筋は通ってるし。
鈍感だからこそ、おおらかでいられるし。
そんな女がいたら、そりゃあ男は、ほっとかないわよね。

 

ちょっと抜けてるところも、それも素だから、結局同性の女子も、
「あーもうしょうがない」とか言いながら、ほっとけないわけ。

そんな母親から、どうして私みたいな、どぎつい女が生まれてきたかは、謎中の謎。

 

だからこそ、うらやましいのかもしれないわね。

 

せわしない都会で生きる私たち。いつも鈍感だったら、あっという間においてかれる。

 

 

でもたまには。せめてプライベートは。
こんな鈍感力、持ち合わせたいものよね。

 

今回久しぶりに帰った我が家。
朝食の後のコーヒーを入れる係りが、母から父へとシフトしていたわ。

 

これも、鈍感女の成せる技、なのかしらね。

 

 

関連キーワード
  • 求めすぎは、身の破滅。
  • 元カレあり?なし?苦い味。
  • 女性の後ろ姿
    見た目よりも、なによりも。
  • 1人の時間って、恥ずかしいの?
  • ウソっていつか、ばれるもの。
  • 悲しみはいつか絶対、糧になるから。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
見つめ合う彼女と彼氏
カフェっ子リカちゃん
地元の駅の改札入った所に、新規オープンでカフェが入ったの。 チェーン店ではあるんだけど、ノマドにはもってこい。 珈琲も美味しいし、なんと電...