表参道、土曜日のお昼時。

 

せっかく晴れた休日だから、テラスでゆっくりランチしようと選んだお店。

以前に来たのは、たしか5か月前くらい前?
ロケーションばっちりのお店だから、それだけでも行く価値あるんだけどね。

今回行ったら、「あれ?こんなにここ美味しかったっけ?」ってほど、料理もデザートも珈琲も美味しかったの。

 

前も決して美味しくないわけではなかったんだけど。

気分良くなっちゃって、珈琲の前にビールも頂いてしまったわ(笑)

 

女子率高めのそのお店。隣の席との距離がとても近いから、やっぱりどうしても聞こえてくる、いまどき女子の恋愛事情。

私たちの隣に座ったのは、20代半ば女子2人組。

それとなく聞こえてくる会話の内容から察するに、1人はもう少しで結婚するみたい。

さっと左手の薬指を確認してみる。

 

 

やっぱり薬指には、大きなダイヤの婚約指輪が輝いていたわ。そのダイヤ、ほんとにびっくりするほど大きいの。

 

幸せそうなその彼女。雰囲気もおおらかで和やかで、なんだか余裕があるのよね。

そしてもう1人の彼女の方。

そのダイヤの大きさを見越してなのかどうなのか。

 

会話のほとんどが。

 

「ねぇ、誰かいない?紹介してくれない?」

の一言が言えずに、でも遠まわしに

 

「誰かいい人紹介しようか?」

の一言を待ってる感じの内容ばかり。

 

彼女:「なんか私が今まで付き合ってきた人ってさ、みんなお金ない人たちばっかりで。
奢ってはくれるんだけど、いつも行くとこ行くとこ、チェーン店みたいなとこばかりでさ。夜景が見えるきれいなお店とかで食事なんて、記念日とか誕生日とかくらいしかなくて。」

 

婚約決定の彼女:「そうなんだ~。」

 

彼女:「・・・・・・でね、なんかあまり会話もはずまないし。あーなんか誰かいい人いないかなぁ。

 

婚約決定の彼女:「ほんとだね~。」

 

婚約決定の彼女、結構やり手なのよね(笑)

最後の最後まで、「私の彼の友達、いい人いるから飲み会開こうか?」とは言わなかった。

そりゃ、そうよね。誰がこの子を紹介したいと、思う?

 

 

私、思うのよね。

 

 

なんか、痛々しいのよね、彼女。

紹介してほしいなら、はっきりきっぱり「紹介してください!」って言えばいいじゃない。

 

なんで言えないのかって、そこにはとても無用なプライドがあるから。

 

プライドはあっていいものよ?でもそれは、自分の奥底に、人様に見せるものではない、自分が律して生きていくためのプライド。

 

プライドの種類が違うのよね。

その子が持ってるプライドは、本当に不要。

そんなプライド、さっさと捨てちゃいなさい。

 

しかも、記念日と誕生日にはご馳走になってるのよね?なんなのかしらその態度。

人が頑張って働いて稼いだお金を、自分に使ってくれるって。

働いてるなら分かるでしょう、そのありがたさ。感謝とかないのかしら、謎。

 

しかも。

夜景の見える素敵なレストラン、2人でお祝いで行ってるんでしょう?

なにが不満なのかしらね。

 

感謝の気持ちも持てないんだから、そりゃぁ会話も弾まないわよね。

 

私は他人だから、ここまでぶったぎってしまうけど。

婚約確定の彼女も、ここまでじゃなくとも、うすうす感じてはいるはず。

だから、あなたを紹介しないのよ?

 

悲しいけれど、こればっかりは、あなた自身が気づくしかないのよね。

 

あーもう、と思っていたところに出てきたのは、食後の珈琲と別腹のケーキ。

どちらもサイズ感がたっぷりなんだけど、珈琲も美味しければ、ケーキも味が絶妙で。

ペロッと頂いちゃったわ。

気分もすっかりご機嫌に(苦笑)

珈琲と美味しい物は、世界を救うわね、きっと。

関連キーワード
  • モテると女子力は比例しない。
  • マウントなんて、どこ吹く風。
  • 知るも地獄、知らぬも地獄。
  • ハムより薄いか?女の友情
  • 尽くし尽くされ、愛され女?
  • 昔の男に会わない方がいい理由

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
カフェっ子リカちゃん
ねぇそこの彼女。 男が女に求めるものって、なんだと思う? この前ね、めちゃくちゃ気の合う男友達と会った時のこと。 お酒とコーヒーが有名...
カフェっ子リカちゃん
冷たい飲み物を頼む比率が、どんどんどんどん高くなってきた。 あ、そろそろ夏だ。 そんな瞬間に気づくのよね。 暑いのがひどく苦手だったこと...