お昼のカフェも大好きだけど、夜のカフェもなかなか嫌いじゃない。

 

素敵なお店って、昼と夜の表情がそれぞれ魅力的なのよね。

この前行ったお店も、ちょうどそんな感じで。

 

 

以前初めて行ったのはお昼だったんだけど、その時は、どちらかというと健康的な雰囲気。陰か陽なら、確実に陽。

 

夜に行ったときは、いい意味で裏切られたわね。昼間の健康的な雰囲気とはうってかわって、落ち着いた色気のあるお店になっていたわ。


夜はちょっと欲張って、一杯目は泡にしちゃった。
もちろん、大事な珈琲の味は変わらず最高に美味。

 

不思議なもので、味わっている珈琲は同じ味なのに、お店の雰囲気によって味に対する感じ方まで変わってくるのよね。一つのお店で、何倍も楽しめちゃうの。

 

そのお店、「他にもなにか、驚かせてくれるんじゃないかしら」って期待して、ますます足繁く通うようになっちゃったわ。

 

 

でも、やっぱりさすがよね。全部は見せないの(笑)

絶対、引き出しは多いはずなの。

でも、全てをひけらかさない。カードはいつまでも、持ったまま。

 

もしも。引き出しが実際は多くなかったとしても、多く見せる技術があるってこと。

 

 

まぁ言っちゃえば、魅せ方がもう最高なの。

 

それも分かってるんだけど、それすら楽しいからまた珈琲を飲みに行って、満足するという。
そうこれは、悪循環じゃなくて、互いにウィンウィンの関係なの。

 

 

私、思うのよね。
これって、恋愛にもきっと同じことが言えるの。

 

このお店を、ある一人の女性だと思って読んでみていただけたら分かるはず。

昼は明るくて健康的な女性。

そして夜は、妖麗でどこか憂いのある色っぽさを秘めた女性。

 

昼と夜の魅せ方を、分かってる。

あれ、なんでしたっけ、SMAPの曲の中の歌詞にこんなのあったわよね。そう、「青いイナズマ」の歌詞にあった、あった。

 

聴いてた時は幼い子供ながら、「そんな女性、最高♡」とか思っていたのを思い出しちゃった。

 

いけない、ちょっと脱線しちゃったわね。

 

男はそんな女に弱いもの。
「自分にはまだ見せてない。どんな部分があるんだろう?」と、その店同様、その女性のことを気になり始めるわ。

でも、それこそ全部は見せないの。

 

少しずつ少しずつ、小出しにしていって、彼を虜にさせていって・・・・・・。
上手いわよね~(笑)

 

 

男も頭が良い男なら、気づくはず。でも、それ自体を楽しめるのよね。

だって、「私のカードはこれとこれ!」って最初から見せられたら、始まるものも始まらないでしょう?
そこは、トランプゲームとも似ているのかもしれないわね。

引き出しは、もちろん多い方がいい。

 

 

でも、多ければいいってもんでも、ないのよね。
要は、魅せ方。

 

お店も、女もね。

 

関連キーワード
  • 女の武器は、涙じゃない
  • セカンド女で、いいわけない。
  • 思い出なんて、そのうちきれいになってくわよ。
  • 鳥肌ものの、別れの理由
  • 男の条件、女の条件。
  • ねぇもうやめなよ、その男。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事