1日4杯。

私がコーヒーを飲む杯数。

朝起き掛け。出勤前に会社近くのカフェでテイクアウト。ランチの後に。帰宅して、最後の一杯。

どんなタイミングでも、私の隣にはいつもブラックコーヒーが。

もともと好きだったけど、いつからこんなに飲むようになったのかしら。と思いながら今もコーヒーを飲んでるんだけどね。

 

そんな4杯中の3杯目。ランチの後に入ったカフェでゆっくりコーヒーを飲んでいたら、気落ちしたような女性の声が聞こえてきたの。

 

「あーぁ、うっかり会うんじゃなかったよ、前の人となんて。」

 

自然と聞こえてくるその会話。その内容は、こんな感じだった。

 

 

彼女のいう前の人とは、もうずいぶん前に付き合った彼みたい。4年ほど付き合ったから、そこそこ思い出はあったりして、たまに連絡は今でもあったみたいなの。別れ方までは言ってなかったけど、連絡ちょこちょこ取りあうってことはまぁ、最悪な別れ方ではなかったのかもね。

別れを切り出したのは、彼の方だったみたいだけど。

 

でも別れてからは、一度も会うことはなかったみたい。

そう、この前までは。

 

彼女が表参道で買い物をしていた時に、その彼から連絡が入ったそうなの。

 

「もしかして今、表参道いる?」

 

って。

 

うっかり「いるよ!なんで?」って返しちゃったがさぁ大変、彼がさっき彼女のことを見かけたらしいのよね。

 

そうなると、お互い1人だったから流れで、久しぶりに軽くお茶でもしようかということになったそうなの。

 

別れてから、その日会うまでほぼ5年。

 

彼女はね、なんだかんだでちょっとだけ、付き合っていた時のあの「ドキドキ」を楽しみにしていたの。

でも・・・・・・。

 

現実って本当に、たまに恐ろしいほどの牙をむくわよね。

 

久しぶりに会った彼は、ちょっと年を取ったくらいで、見た目的には何も変わってなかった。

でも、なんだろう・・・・・・。

大好きだった仕草や話し方、笑い方、その声。全く変わってないのに。

 

 

全然、きゅんと来ない。

 

 

その自分の冷静さに、まるで冷や水をかけられたみたいな気持ちになったんですって。

 

私、思うのよね。

 

昔の男となんか、会わない方がいいに決まってるじゃない。

 

というか、まぁだからこの彼女に激しく同意よ。

 

このパターンって、結構同じような経験した女性、多いと思うのよね。

その時大好きだったその彼を、そのまま記憶として残してるんだけど。

でもね、知らず知らずのうちに、私達女性は、さっぱりすっきり完全に。

 

過去の物

 

として、その思い出を扱うようになるのよね。

 

だからこそ。

 

久しぶりに会った、きっと何も変わってない彼に対しても、まったく彼女の心臓は反応を示さなかったんだと思うの。

悲しいけど、そういうものよね。

 

でも、この現実って、別に知らなくても良いものだったりもする。

少なくとも、この現実は会わなかったら知らずにいられたじゃない?

 

人生のうちの4年間。

大好きだった彼のことを一ミリも何も思わなくなってる自分って、結構むなしくなるのよね。

 

まぁそれは、人にもよるんでしょうけど。

 

たまには思い出も、美化してもいいのかもね。

 

大好きで大好きでたまらなくて幸せだった2人で終わらせておいた方がいいときだって、あるのかも。

 

自分の中で興味もそそらない男性になってしまったっていう現実。

それって実は、ふっきれてるってことだから、実はとてもいいことなんだけど。

 

でもそことは別の「気持ちの部分」

一番ナイーブな所が、ちょっとだけ傷つく時があるのよね。

 

そして最後の彼女の言葉

「うわぁ、今度はちゃんとゆっくりご飯行こうってラインきたぁ・・・・・・。」

 

 

 

だから、昔の男となんて、会わない方がいい。

 

関連キーワード
  • 彼女は今でも俺のこと?
  • 自分で言ったら、おしまいよ?
  • 男の条件、女の条件。
  • 切ないくらいが、ちょうどいい
  • 求めすぎは、身の破滅。
  • パーティーピーポーは意外と真面目

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
カフェっ子リカちゃん
この前、職場の先輩が習っているフラメンコの発表会を主人と見に行ってきたの。 もともと1人で観に行く予定だったんだけど、主人が「え、フラメン...
カフェっ子リカちゃん
男女問わず、皆様に伺いたいこの質問。 【ねぇ、口の悪い女って、どぉ?】 っていうのも、さっきいたのよね、すぐ隣の席に。 本当に本当に、口の...