結構いるのよね。セカンド女。

 

しかも、そんな女性に限って、パッと見いい子が多い(気がする)

 

会社の近くに新しくオープンした、こじんまりとしたカフェが割と最近お気に入り。
会社が終わった後、そこで作業したりしてるんだけど。
今日も大学生の軽めの会話に混ざりながら、おもぉぉぉぉい会話が聞こえてきたわ。

 

セカンド女「でもいいの。私、二番目でも。」

 

なんだか、ちょっと前になるけど東京タラレバ娘に出てきそうなこのセリフ。

 

友人「いやでもさぁ、あんたもうアラサーだよ?このままセカンドで、結婚とかもしなくていいの?望んでないの?」

 

セカンド女「うん・・・・・・。それで悩むこともあるけど、セカンドでもサードでも、彼とそれで別れることになることの方か辛い。」

 

友人「そ。そうかなぁ?あんた可愛いし、需要あると思うんだけどねぇ・・・・・・。」

 

セカンド女「・・・・・・・・・。」←泣いてたわよ。

 

友人:「・・・・・・・・・・・・。」←苦笑い

 

 

セカンド女友人が言うとおり、その子はとっても可愛らしい。アラサー特有の「私、~~で生きてきましたから!」っていうプライドを匂わすこともなければ、マウントするそぶりすらない。純真無垢で、あぁぁぁもううらやましい限り。

でも私。思うのよね。

 

セカンド女で、いいわけなんて、ないじゃない。

 

この子もこの子よ。セカンドでもサードでもいいなんてそんな事。きっと本当の本当は思ってないでしょう?

確かに、何かを言うことで、行動することで、彼が自分から離れていくのなら、今の方がマシ。
その位は思っているかもしれない。

でも、ってことは?

 

その位、彼のことが好きだって、言ってるようなものじゃないのかしら。

 

 

その位彼のことが好きなら、本命彼女に嫉妬しないわけがない。

きっとおなかの中では、本命彼女に対しての嫉妬がぐつぐつと煮えたぎっているはずよ。

その気持ちは、どれだけ言葉で取り繕おうとしたってね、にじみ出てきちゃうものなの。

 

そして、そのにじみ出た嫉妬は、必ず彼にも伝わっているはずよ。どれだけ可愛らしくしても、ね。

 

だからもう、セカンド女なんていいなんて、自分に言い訳しないで。
彼に思いっきりぶつかっちゃえばいいのよ。
それでも本命になれなかったら、悲しいけど、そこで終わり。

 

でも、このままアラフォーアラフィフになるまで、あなたセカンドでいるつもり?

 

大丈夫。今までめちゃくちゃ辛い悲しいことって、沢山あったはずよ?

 

【あの時に比べれば、大したことない。そして私は、強い。】

 

そんな風に思える。絶対思えるはずよ?
てか嘘でもいいから思ってしまいなさい♡
それがアラサー女の強みなの。

 

もし振られても大丈夫。それが出来れば、あなたはいつか、その彼以外の本命女になれるから。

 

・・・・・・て、いうか。

 

セカンドとか作る彼氏の本命になっても、ね・・・・・・。って思うのは、私だけ?(苦笑)

 

 

関連キーワード
  • 1人の時間って、恥ずかしいの?
  • 重い女は自己中女
  • 一つの恋の、終わらせ方
  • 女が歳を、隠す時。
  • きっと全てはタイミング
  • 鈍感女の成せる技

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
カフェっ子リカちゃん
先週今週と、2週続けて、友達の結婚式だったの。 参加する側も、準備とか色々大変だけど、やっぱり結婚式って、行くと本当に感動する。 披露宴...
カフェっ子リカちゃん
久しぶりのオール。 オール明け、あぁ、頭ががんがんする・・・・・・。ブラックコーヒー飲んで、頭スッキリさせなくちゃ。 オールなんて、普段...