今日行ったカフェは、家の近くにあるちょくちょく利用するお店。

 

古民家をリノベーションしたそのお店は、入口には大きな木のテーブルと植物があって、もうかなり良い雰囲気。

 

店長こだわりの珈琲はいつも良い香りがして、この珈琲のために通ってくるお客さんも多いみたい。

 

今日私が通されたのは、「天気も良くて暖かいのでこちらへどうぞ」と、先ほどの外にある木のテーブル。
もちろんブランケットと外専用のストーブもあるから寒くても大丈夫。

 

基本相席のそのテーブル、向かい側には私と同じかちょっと年下の女性2人組が。

そして気持ちの良い天気の昼下がりには、どうも似つかわしくない会話(笑)

 

「いや…あっちの奥さんにばれそうでさ。会った時余裕だと思ったのに。あ、こっち?こっちは大丈夫。なーんも疑ってない!」

 

え、これってあれじゃないの?

もうまさに、会話からして、ダブル不倫確定な気がするんだけど。

 

同じテーブルだから、指輪はめてるかなんて余裕でチェック出来ちゃいます私。

 

 

パソコン越しに見えるその彼女は、まぁなんとも、驚くほどフッツーの女。不倫なんてしそうにもない、どこにでもいる普通の女。

 

あ、でもそんな風にわざと演出してるのかしら。普通に見えるその女、よく見ると髪の毛はまったくプリンになってない、髪の毛うるつや。爪も色なしだけど、しっかり手入れされてる。そして指輪は……?

 

やっぱりはめてる。

この女。すごいかも。

 

 

普通に見せるって、実は結構難しい。

おしゃれな服を着て都会的に見せたいっていう誘惑をはねのけての、敢えての【普通に見せる】を選んだ女。

 

だって、【普通の女】を装っておけば、今回のダブル不倫に関してはいいことだらけ。

 

 

不倫相手の男性にとっては、

「こんな普通の子が、不倫するなんてよっぽどのこと。その位、俺のことが好きになったんだな。

不倫だって今回が初めてだって言ってるし(←たぶん嘘w)そっか、こんなことは俺が初めてか。やばい、大事にしなくちゃ、この子のこと。」

ってなるし、旦那にしてみたら

「こんな普通の子が、不倫なんてするわけないない!」

って安心しまくり。

 

だからさっきの会話のとおり、

「うちは全然大丈夫!」

ってことになるわけよね。

 

普通って、こわいわよね。

 

おしゃれに気をつかって垢抜けてる女性を「遊んでそう、慣れてそう」って思って警戒するよりも、実際警戒すべきなのは「普通(に見せてる)女」の方。

 

今向かいに座っている、普通に見せているこの女性も、完全に男性陣を上手にだまくらかしてる。

 

でも私、思うのよね。

 

 

この戦法がうまくいくのは、

男性に対してだけ。
対同性にはまったく効かないの、この戦法。私も一瞬だまされかけたけど、そこはやっぱり私も女。彼女から出ている雰囲気というか、匂いというか。それですぐ分かっちゃった。

 

【正真正銘普通の女】と【普通に見せてる女】の違いは、女性同士ならすぐ分かる。

 

そして案の定、不倫相手の奥さんも女。一瞬で分かったんでしょうよ、あなたのそのにじみ出ているいやらしさに。

余裕だと思ったのは、あなただけ。

 

 

そもそも、こんな誰が聞いてるか分からないオープンスペースでその話題って随分、あさはか~(苦笑)

きっと近い将来、不倫相手の奥様によって、天罰がくだることでしょう。

その時になって初めて、完璧だと思っていたその勘違いに気づけるのでしょうね。
天罰、思う存分下るがいいわ。

 

そしてもう、普通に見せるなんてやめて、ちゃんとした恋愛をして欲しいものね。

 

男性たちもおばかちゃんだけど、この女性が一番、おばかちゃんね。

で、聞こえてきた一言。

「ほんとはブラックコーヒーがいんだけどな~、なんかココアにしちゃった♡」

だからなんなの、その演出(笑)

関連キーワード
  • マウントなんて、どこ吹く風。
  • 尽くし尽くされ、愛され女?
  • 浮気な男が本気になる時
  • 忘れたくない女
  • 魅せ方の上手な女。引き出しは、多けりゃいいってもんじゃない。
  • 外見スペック?話にならない。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
カフェっ子リカちゃん
嘘の味は、苦い。珈琲みたいって言う人もいるけど、そんなことない。 珈琲はもっとコクのある苦味で、深みもある。そんな嘘だとしたら、珈琲に例えて...
カフェっ子リカちゃん
表参道、土曜日のお昼時。 せっかく晴れた休日だから、テラスでゆっくりランチしようと選んだお店。 以前に来たのは、たしか5か月前くらい前? ...