今日は久しぶりに高円寺へ行ってきたの。

 

高円寺ってあれね。もうなんだか、飲食店もカフェも商店街もなにもかも!
本当に多い街なのね。しかもなんだかディープな香り。

 

中央線沿いってなかなか来たことなかったけど、いい感じのカフェ、多いのね~。

 

今日は、そんな高円寺に住む友人に連れてきてもらったカフェでランチをしてたの。

 

いつもと違うお店に行くのって、やっぱり楽しい♡

 

そんないい気分で、女子トークをしていたら・・・・・・。

 

「あぁもう、また既読スルー!」

 

と、背後から女子のヒステリックな声が飛び込んできたの。

何事? と思い、私達、うっかり後ろを振り向いちゃったんだけど。

 

そこには、携帯とにらめっこしてる、とても顔がちっちゃい、猫目、ベリーショートの女の子がいたの。

 

 

出で立ち的に、聞こえてくる会話の内容的に・・・・・・うん、確実に。バンドのボーカル間違いなし。

さすがはサブカル高円寺。こんなに可愛い女の子のバンドマンにも会える街。とか思っていたら、会話がどんどんなんだか怪しい感じに。

 

 

↓以下全てボーカル女子

「今ね、ちょっといい感じの男の人がいてさ。たぶんなんだけど、私に気がある感じなんだよね。毎日連絡してて、付き合うのも時間の問題かな~って感じなの。」

「でもなんだか最近冷たくて。ってか、あれかなって思ってるんだけどね、私は。押したら引く!の、今は引く時!みたいな?」

「だから、その手にはのらないぞ~♪ってことで、私には気があるぞ~♪って伝えてあげたくて、連絡してあげてるんだ。」

「でも既読スルーは、いくら今は引くタイミングっていっても失礼だよね~。ほら、こんなに既読スルー! こんな、返信ないまま私ばっかりライン送ってたら、私が彼のこと、好きみたいじゃんね、失礼しちゃう」

 

 

ホラーよりもこわい。

 

 

私、思うのよね。

 

勘違い女子ほど、きついものはない。

その彼、あなたのこと、たぶんいや、ほぼほぼ絶対?

 

好きじゃないわよ?

 

むしろ、「興味ないですごめんなさい」っていうのを、全面的に行動で示してるじゃない。

既読スルーも、したくなるってものよね。

 

もちろん既読スルーって、基本的には私、人としてどうなのかしら。って思うタチなんだけど。

もし、私が彼の立場だとしたら・・・・・・。

 

たまにはそれも、したくなる(苦笑)

 

 

それをそんなポジティブに捉えられるって、ある意味天才なのかもしれないけど。
どれだけ可愛くても、バンドのファンにちやほやされても。

今この状況がどんな状況かを、冷静に判断できる余裕は持ち合わせておかないと。

もしそれが、自分にとって都合が悪いものだったとしても、ね?

 

 

今の彼女が、天然でなのか、それとも現実を受け入れたくないから、なのかは分からないけど。

連投既読スルーの時点で気づきましょうよ?

 

そして、その上に連投を重ねるのはね、

相手にとって、ただの恐怖です。

 

彼としては、もしかしたら最初はタイプの子だったかもしれない。
でもそんな、しつこい連投ラインを見ちゃったら。

「付き合うとか全然なる前にこうなのに、これもし付き合っちゃったら、どうなるんだろう。」

って、ぞっとするしかないわけ。

 

もう一回言うわよ?

 

どれだけ自分に都合が悪くても、一回それを、しっかり受け止めること。
その上で、今後どんな行動をするか、考えてみる方が、あなたにとって、彼にとって。
きっといい未来が待っているんじゃないのかしら。

 

 

でもごめん。

 

今回は、そのぞっとする連投ラインのあとの修復は・・・・・・。

 

神のみぞ知る。ね。

 

とか思いながら、ふと友人の方を見たら、

ぞっとしすぎたのか、身震いしてた(苦笑)

 

 

そんな私達をそっと温めてくれたのは、カフェのオーナー特製オリジナル珈琲。
あぁ、珈琲が美味しいお店で、ほんとに良かった。

関連キーワード
  • 知るも地獄、知らぬも地獄。
  • 鈍感女の成せる技
  • ハムより薄いか?女の友情
  • 元カレあり?なし?苦い味。
  • 女が歳を、隠す時。
  • 男と女
    セックスレスの正しいカタチ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
カフェっ子リカちゃん
「私、彼氏のこと本当に好きだし、別れたくないからちゃんと言う。浮気したこと。」 思わず珈琲吹き出しそうになっちゃった。 えーもう、なんな...