この前の続き。

 

私の仲良しの女友達の話なんだけど。この前までのをざっくり話すと長年(8年も)付き合った彼を振って、職場の後輩と結婚した彼女。

 

お金はあるけど時間がなかった元カレ。

 

お金もまぁないことはない、共有できる時間も与えてくれる職場の後輩。

 

彼女が理想とする結婚生活は、後者の方だったの。だから、しっかり別れを告げて幸せになったの。

でも・・・・・・その元カレが最近結婚をしたという噂が・・・・・・。

 

 

別れてからも、長年の付き合いだからこそ互いに理解者だった2人。

気まずくないからこそ、彼女は身勝手この上なく、こんなことを考え始めた。

 

あのまま、この人と結婚してたら、どーだったんだろう。
それはもう夢にでてくるほど、切実な想いとなっていったの。

そんな彼女に、チャンスが訪れた。

 

それはちょうど私とその子が飲んでる時。旦那が実家に泊まるから、その日、家には帰ってこないことに。

 

時間気にしないで飲める! やったね! となり、お互いにほろ酔いになってきた頃、その子がポツリと言ったの。

 

「ねぇ、りか、あいつに連絡してくれない?今から飲もうって。」

あんたって子は、もうほんとに勝手なんだから。

 

でも、断ることができなかった。そのくらい、切羽詰まってる感じだった。

勝手なことはわかるんだけど、なんだかこっちまで、切なくなるくらいだったの。

 

まぁ誘ったところで来るかどうかはあっちが決めることだし、とりあえず誘ってみようということに。

意外とすぐに返信はきて。

 

【急な誘いだったし、仕事がまだ終わらないからまた今度!】

そうきたから、【おけ、またね!】って返信したのよ?私はね?
そこから、その子の猛烈アピール!

 

【今日しかないの!!みんなで会えるのは!!飲みたい、会いたい!!!】と。

 

これは、8年付き合ってきたからできる技よね。ここまでわがままになっても大丈夫、という信頼があるからこそできる、わがまま。

 

で、結局どうなったと思う?
来たのよ、その元カレ。

 

でもって、なんかやっぱり2人はすごく、お似合いなわけ。

2人とも結婚してるのに、相手を見つめる眼差しが、あったかいのよね。

なんなのよ、もう(苦笑)

 

でもね。その子がトイレに行った時に、そいつが言ったの。

「もうほんと、あいつから振ったのになんなんだよねーほんと(苦笑)なんかでも、忘れたくないんだよね。」って。

 

忘れられない男。

忘れたくない女。

 

長いこと付き合ってきて、それぞれ他の人を結婚相手にしたこの2人は、この先どうなっていくんだろうね。

 

 

その日は朝まで年甲斐もなくカラオケでオール。たぶん、思い出の曲なんでしょう、元カレが歌う歌を聴いて、泣いてたその子(苦笑)

 

そして、ある意味とても健康的に一同解散したあと、その日1番ぞっとすることが。

 

 

帰りの電車で、彼女からのLINE。

【りか、今日はほんとにありがとう!!! 今FB開いたらさ〇〇←(元カレ)の奥さん、タグ付けして2人の結婚式の写真アップしてる。しかもその投稿時間、午前4時・・・・・・。】

 

酔いが一気に冷めて代わりに寒気がどっと押し寄せた瞬間だった。

 

 

元カレは、1度家に帰って荷物置いてからこっちに来たの。奥さんにはもちろん、ただ飲んでくるとしか言ってないって言ってた。

 

でも。きっと。なにかを感じたのよね、奥さん。

 

家にいながらもできる、彼は私のものになったのよアピール。SNSって、そんな使い方もできるのよね。

女の勘の怖さを、改めて思い知らされたオール明けの早朝だったわ。

 

ぞっとしながら、早朝珈琲をいただきながら考えていた。

 

この先2人はどうなっていくんだろう。

どうにもならないで欲しいけど。。
でも、それはもう、

神様のみぞ、知ることね。

関連キーワード
  • 一周まわって重たい女
  • きっと全てはタイミング
  • 見つめ合う彼女と彼氏
    なにがどーしてそーなった?
  • 幸せに浸る勇気をもう一度
  • 恩着せがましさ、要注意
  • 男の条件、女の条件。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事