もうなんか。暑い。

 

昼間は暑すぎて家からでれなくて、16時すぎにやっと外でてみたけど。

 

やっぱり暑い。

 

こんな時はアイスコーヒーテイクアウトして、ぶらぶらするに限るわよね。

そう思いついて行きつけのカフェに行ったらなんと満席。

急ぐ用もないし、落ち着くまで待ってたの。その間に、前に並んでた子達の会話。

 

ふと後ろを振り向いたその子の顔に少し驚く。

こぶしくらいの小さな顔にベリーショート、目はとても大きくて、ぽってりとした唇。

同じ女性でも見惚れるほどの美しさだったの。

 

でも、その大きな瞳は大きく腫れ上がって、誰がみても「昨日の夜、泣いたんだな」って分かるほど。

 

どうしても、聞こえてくる彼女の言葉。

 

「昨日ね、4年付き合った彼とさよならしたんだ。4年も不倫してたなんてね。どうにもならないってわかってたのに、気づいたら4年もたっちゃってた。あーあー、私ももう28かぁ」

 

切り捨てられたり、愛されたり。
2018.3.20
この前ね、ある女性とふかーい話をしてきたの。 お互いコーヒーが好きだから、ランチタイムだけこだわりのコーヒーが飲み放題というお店で待ち合わせをして。 ランチタイム、2時間ずーっとしっとり話をしてたんだけど。 まぁもう、目から鱗が出まくりの2時間だったわ。 その女性はね、今は60代後半。 彼女の話は...…

よく聞くことだけど、可愛い子(それもずば抜けて)に限って、不倫にはまる。

 

みんな、なんで?

って言うけどそれはちゃんとした理由があるのよね。

 

可愛すぎると、大体の独身男はひよる。高嶺の花だからこそ、誘いづらい。

断られるのが目に見えてるから、わざわざ声をかけないの。

 

でも、これが既婚者になると状況が変わってくる。

 

「結婚してる」

 

っていう事実が、男に余裕をもたらす。

 

だって、もし断られても

自分は結婚してるんですもの。余裕よね。

 

その気持ちの余裕が、女子には少し周りの男に比べて「大人に見える」時がある。

で、不倫は始まると結構長い。

互いに、会う時間が限られてるからこそ、いい時間を過ごそうとするし、それこそなんだか燃え上がる。

 

彼女は家に帰って1人。

でも彼の方は家庭があるってことをうっかり忘れて、ね。

 

花盛りの24〜28の4年間を、彼女はそんなやつのために費やした。

 

でも、冷たいようだけど、別に彼だけが悪いわけじゃない。

全て彼女が決めたこと。4年付き合ったこととも、今回別れを決めたことも。

 

いろんな後悔が押し寄せるかもしれないけど、過ちも決断も、忘れなければ糧になる。

 

そしてそのためには

1人きりで枯れるほど泣く夜が必要なの。

 

1日や2日じゃ全然足りない。彼女はこれから、そんな夜をたくさん過ごすはず。

 

でもね、私思うのよね。

 

それは、あなたが前を向いてもう一度生きてくために、必要なこと。

泣きたきゃ泣けばいいし、我慢する必要なんてない。

 

でもあまり、自分がかわいそうとは思わないことね。

 

だって、一番気の毒なのは誰だと思う?

 

あなたじゃなくて、奥さんだから。

 

そういう視野を、あなたがどうか、もっていますように。

 

そしてもしこのコラムを見ている独身男性がいるのなら、既婚男性に高嶺の花が持っていかれる前に

一刻も早く、そんな奴から奪い取ってあげてちょうだいね。

出会いと別れは表裏一体~別れから自分らしさを取り戻す3つのメソッド~
2018.3.22
出会いと別れは表裏一体。 出会いの方法ばかりがネットに溢れている昨今。それに比べて、失恋から立ち直るリアルな具体例を提示するページは想像以上に少ないような気がします。悲しい時こそ、藁をもすがる思いなのに。 今回は、今まさに恋が終了しましたという鮮やかな血をお流しの方々へ向けた、リアルな失恋の克服法...…

 

高嶺の花は意外と、自分がそうだとは思わず、ただただ純粋に生きているはずだから。

 

悲しみはいつか絶対、糧になるから。
2018.10.24
休日の天気の良い昼下がり。表参道では割とよく行くカフェ。 そのお店、選曲がなかなか良くて、久しぶりに聞くDesree(デズリー)の声に耳を傾けながら、ブラックコーヒー片手に流れる景色をぼーっと見ていた。 何気なく見たメッセージボードには、「おかげさまで10周年」て書いてある。そっかこのお店、も...…
関連キーワード
  • 悲しみはいつか絶対、糧になるから。
  • もし今あなたが、浮気をされたら。~サレラリ時々クソオトコ~
  • 尽くし尽くされ、愛され女?
  • セフレと言っておきながら。
  • 「どうせ最後はお金でしょ?」その言いぐさには異論あり。
  • 重い女は自己中女

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事