花粉症が辛すぎてほんとうに外に出たくない。せっかく東京は桜の開花が宣言されたというのに、まったくテンションが上がらない日々を過ごしています。
桜の季節というのは、別れと出会いの季節というイメージですが、ここ最近、愛犬で繋がったお友達のわんちゃんたちが次々と空へ旅立ってしまい、さらに気分は落ち込み気味。

春というのは、寒かった冬から心地よい季節に切り替わるので、気分も上がるといいたいところですが、実際は秋冬で溜め込んだものを、体は吐き出そうとしているので、病気がちになったり、お肌も荒れたりするもの。
春の食べ物といえば、ふきのとうなどに代表される山菜類。山菜は解毒の薬草のようなものなので、春にたくさんたべると体にも心にもよいですよね。

そして春といえば桜餅、と言いたいところですが、春と言えばわたしの愛する草餅の季節。
とにかく草餅が好きすぎて、冷凍の草餅を取り寄せして冷凍庫に常備していたこともあるくらい好き。
出会った和菓子屋さんが自分の好みにあうかどうかは、草餅でわかる。という持論を展開しているくらいです。

そんなわたしがこよなく愛する草餅があるのですが、普通コンビニなどに売っているまんまるで少し平べったいあれとは見た目も異なり、小ぶりな小判形でぷっくりと膨らんだかわいらしい形。
餡はこしあんなのですが、微妙に粒がのこっている感じが絶妙で、砂糖の味がざらついておらず、その滑らかな餡にきれいに合っているのです。

あまりに好みすぎて、あんこが食べられないという友達にまで無理やり食べさせる始末、苦笑。そのうち一人は「これは、いわゆるあんことは別のものだ!」と言ってくれ、その場で二つも食べてくれたという実績もあり。

お店が引っ越してしまったので、その草餅をいただく機会が激減してしまったのですが、このコラムのネタがないーとうんうん唸っていたら思い出したので、週末にすこし足を延ばして買いに行こうと思う。

ちなみに、草餅の草は基本よもぎなので、よもぎ餅とも呼ばれることがありますが、わたしは草餅という呼び名が好き。呼び名はともかく、よもぎは例の花粉症に効くと言われるタンニンが豊富なんだそう。もうこれは縁としか言いようがないので、大量にたべるしかないな。

関連キーワード
  • 夢にまで見るパンケーキ
  • 【講座体験・感想】UCCコーヒーアカデミーで勉強してみよう!
  • クロワッサンへの葛藤と矛盾
  • 日曜の朝はもっちりふんわりパンケーキを
  • 【体験・挑戦】UCCプロフェッショナル認定試験にチャレンジ!するハナシ。
  • 正解ってあるの!? コーヒーマスターへの道 その5

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
カフェっ子リカちゃん
会社の近くにできたカフェ。 朝、コーヒー片手に出勤すると同僚たちがやけに増えたと思っていたら なるほど。このお店の影響ね。? 私も早速行...
エディターズブログ
デザートっていいですよね。 先日、ランチを食べようと思い、土地勘のあまりない場所だったので、百貨店の中で適当に〜と思っていたんですけど、なに...
カフェっ子リカちゃん
入稿迫った原稿があるのに、うちじゃどうも進まない... そんな時によく行く、珈琲の香りが、まるでアロマみたいに包み込んでくれるお気に入りのカ...