本来ならば、今年で5回目を迎えたはずの冬恒例のコーヒーイベント「川越コーヒーフェスティバル」。

 

しかし今年はコロナ禍での開催を見送りました。その代わり、“集まれないなら広がりましょう” をコンセプトに2ヶ月間にわたって開催中の、密にならない街巡りキャンペーン「川越コーヒーデイズ」と並行して、1129日に1日限りの縮小版フェス「川越コーヒーフェスティバル・ミニ」を開催しました。

 

 

今年の縮小版は、コーヒーブース3つ、その他フードブースが5つのみと、30店舗以上が集う例年に比べて、かなりこじんまりしたものになりましたが、毎年楽しみにしてくれている地元の人やコーヒーファンで、ほどよい賑わいをみせました。

 

また、シンガーソングライターのおおはた雄一さん、リ・ファンデさんのライブも開催し、素敵な生演奏により特別なコーヒータイムを演出しました。

 

ライブの様子。入場には検温・消毒が必要で、会場内も十分なソーシャルディスタンスを徹底した。

 

フェスの主催者であり、Cafend でも執筆するライターの高綱草子さんは、「参加店は少なくとも、ここにしかないコーヒー体験を作ることはできるはず」との想いから、「ビューティフルコーヒー」をテーマにした企画を新たにプロデュース。

 

第一弾として、今のコーヒーシーンを牽引すると言っても過言ではない人気コーヒーショップのオーナー、「COFFEE COUNTY」(福岡)の森崇顕さん、「 LEAVES COFFEE ROASTERS」(東京)の石井康雄さん、「豆ポレポレ」(沖縄)の仲村良行さんに協力していただき、3人が同じロットのエチオピア・ナチュラルを同じ日に焙煎。焙煎士の違いによってコーヒーの味がどう変化するのかを楽しんでいただきました。

 

加えて、ホンデュラスの老舗農園エル・プエンテが作った希少なアナエロビックプロセスのゲイシャ種のウォッシュトとナチュラルの2種類も仲村良行さんが焙煎し、これらの豆は、フェスに来場できない方に向けて、オンライン販売もおこないました。

 

焙煎士の企画に協力してくださった、「COFFEE COUNTY」の森崇顕さん(左上)「 LEAVES COFFEE ROASTERS」の石井康雄さん(右上)、「豆ポレポレ」の仲村良行さん(左下)、3人の焙煎士比べセット(右下)

 

そして、イベント当日は、これらの豆をコーヒーの競技会で優勝を争うほどのトップブリュワー、「KONDO COFFEE STAND」の近藤寛之さん、「The Rising Sun Coffee」の成澤啓介さん、「Woodberry Coffee Roasters」の佐藤優貴さんの3人が抽出して、イベントを盛り上げました。

 

ブリュワーの近藤寛之さん(左)、成澤啓介さん(左奥)、サポートの尾崎友子さん(左奥)、ブリュワーの佐藤優貴さん(右)

 

他にも、浅めのローストで知られる人気ロースター「ETHICUS Coffee Roasters」(静岡)の山崎嘉也さんが特別に配合して焙煎した深煎りブレンドを販売。イベントでは、「Life Size Cribe」(東京・国分寺)の吉田一毅さんがETHICUSの豆を使用したエスプレッソドリンクを提供したり、フェスで毎年人気の「HANDS COFFEE」(福井)の伊藤雅幸さんによるネルドリップコーヒーの提供など、コアなファンにとっては堪らない貴重な時間になりました。

 

 

さらに、焙煎士の森崇顕さんがトークイベントを開催。福岡でしか飲めない限定の浅煎り焙煎の焙じ茶や、森さんお気に入りの白ワインに漬けてから焙煎したコーヒーを振舞いながら、貴重なトークを90分にわたって繰り広げ、最後は石井康雄さんもスペシャルゲストとして急遽参加し、2人による焙煎トークが炸裂しました。

 

トークイベントの石井康雄さん(左)と森崇顕さん(右)

 

「最初は全く予想していなかったのですが、素晴らしい方々が次々と力を貸してくださり、気がつけばとても豪華で濃厚なイベントになりました。大変な状況下での開催でしたが、心から待ち望んでいてくださっていた方に届けることができていたら嬉しいです。まだどうなるか不安な時期ですが、この先もワクワクすることを見つけていきたいです」と高綱さん。

 

今回、企画として始まった「ビューティフルコーヒー」は、今後も様々なプロジェクトを続けていく予定です。

 

「既存の概念にとらわれない視点から、コーヒーのある日常がさらに豊かになるようなものを作り出せたら」と意欲的。また、3人の焙煎士によるエチオピア・ナチュラルはオンラインショップで数量限定販売して大変好評だったので、近々第2弾を予定しているそうです。

 

■詳細は随時インスタグラムで更新しているので、チェックしてみてください。

 

飲み比べセット【レビュー】

Beautiful Coffeeの企画で販売したコーヒー豆と焙煎士紹介カード。ブラインドでも楽しめるよう、希望者にはマスキングテープでロースターがわからないようにして発送した。

 

焙煎士3人によるエチオピア・ナチュラル飲み比べセットでは、同じ豆を同じ日に焙煎するという新しい試みに挑戦。デイリーユースに楽しみやすいエチオピアのナチュラルをチョイスしているため、より焙煎士のそれぞれの個性が際立ちます。

 

全く同じ豆でも、こんなにも違いがあるのかと正直、驚きを隠せません。どれもフレーバー豊かなのですが、重厚な味わいだったり、どこかほんのり甘かったり、さらにはフルーティーなコーヒーだったりと、焼く人によって表現するものが異なり美味しさのレパートリーに感動してしまう飲み比べセットとなっています。

 

また現在のコーヒーシーンを牽引する豪華で贅沢な焙煎士の共演は、この機会にしか楽しむことができないかもしれないと思うと、より感慨深くもあります。

 

この貴重な飲み比べセットは、第一弾はすでに販売を終了していますが、まもなく第2弾の先行予約が始まるとのこと。最新情報はインスタグラムに随時アップされるので興味のある方はチェックしてみてください。

INFORMATION

川越の美味しいものを巡るイベント「川越コーヒーデイズ」は12月30日まで開催中。

 

■詳細は川越コーヒーフェスティバル公式サイト(https://kawagoecoffee.com/)。

 ■川越コーヒーフェスティバル公式サイトhttps://kawagoecoffee.com/

■インスタグラム https://www.instagram.com/kawagoecoffee/

■Beautiful Coffee オンラインショップ https://beautifulcoffee.jp/

 

 

 

関連キーワード
  • ニューヨークコーヒーフェスティバル
    コーヒー好きなら一度は行ってみたい!The New York Coffee Festivalの魅力に迫る
  • まだ間に合う! 年末年始に手に入れたい絶対オトクなコーヒー福袋12選!(前編)
  • 伊藤祐奈
    【アイドルプロデュース】超絶カワイイビーチカフェ『SUMMER&IDOL』由比ヶ浜に7月2日オープン!
  • まだ間に合う! 年末年始に手に入れたい絶対オトクなコーヒー福袋12選!(後編)
  • コーヒーが偶然の出会いをつなぐ“ジャパンコーヒーフェスティバル”に行ってきましたin奈良・興福寺

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう