「むずかしいコーヒーをみんなのものに」をビジョンに掲げる KOANDRO(コアンドロ)株式会社から販売されている『ドリルドリッパー DRILL DRIPPER』

 

こちらのドリッパーの特徴は「コーヒーの濃さを安定して変えられるドリッパー」ということ!

 

今回は、ドリルドリッパー独自の性能や使い心地、抽出されるコーヒーの味わいについてレビューします。

ドリルドリッパーの特徴

コーヒーはお湯とコーヒー豆の接触時間が長いほど、出来上がりのコーヒーは濃くなります。同じコーヒー豆でも、濃さを変えることで違った印象の味になります。

 

しかし、ペーパードリップでコーヒーの濃度を調節するのは難しく、美味しいコーヒーにするには技術が必要です。

 

この難しいコーヒーの濃度調節をドリッパーが簡単、安定的に調節してくれるのが「ドリルドリッパー」なんです。

 

ドリルドリッパーの最大の特徴は、ドリッパー内のお湯の通過スピードを専用のアタッチメントで調節できる点。

 

専用アタッチメントは「アタッチメントM」「アタッチメントS」があるので、アタッチメントを使用しない場合を含めて3段階に抽出を変化することが可能なんです。

 

アタッチメントを付け替えることでコーヒーの濃度を自由に変えることができるなんて、画期的なドリッパーですよね。

【レビュー】コーヒーの味のバリエーションが広がった!

それでは、ドリッパーが手に入ったので、さっそくレビューしていきましょう。

 

今回は、5月にリニューアルされたばかりの話題のコーヒーサービス『BeansExpress』を使用。

 

※現在、電動ミルが無料で付いてくるキャンペーンを実施しているので、気になるかたは要チェックです!

 

送料無料で月2回お届け!

\今なら電動ミルも無料で付いてくる/

 

 

さて、ドリッパーのレビューに戻りましょう。

 

今回は比較するために、ハリオのV60のドリッパーと比べてみました。

 

ドリッパーの大きさはハリオのドリッパーと同じくらいですが、下部にアタッチメントを取り付けられるようになっています。

 

また、リブ(ドリッパー内側の溝)の部分が独特の形状をしています。

 

上記の画像のものが専用アタッチメント部分。中央に抽出される穴が空いているのですが、よく見ると微妙に穴の大きさが違うのがわかりますね。

 

では、実際にコーヒーを抽出します。

 

① 準備

まずはドリルドリッパーにアタッチメントを取り付けます。

 

アタッチメントの取り付けは「ペットボトルキャップ」をモチーフにしているそうで、回すだけで簡単に着脱できます。

今回のコーヒーは以下の分量で抽出しました。

 

コーヒー(中挽き)  18g

お湯(90℃)     250ml

 

また今回は、アタッチメントMを使用。

 

② コーヒーの抽出

最初にドリッパーにペーパーをセットして湯通します。湯通しは、しなくても抽出できますが、そうすることで、よりコーヒーがお湯に浸透しやすく上手に淹れることができます。

コーヒー豆を入れて抽出開始。

 

まずは「蒸らし」。お湯を少量(コーヒー豆全体に染み渡る程度)注いで30秒ほど待ちます。

蒸らしが終わったらコーヒーの中心から、お湯をクルクルと円を広げるように注ぎます。ペーパーにお湯をかけないように注意しましょう。

 

ある程度円が広がったら中心に戻り、またクルクルと円を広げるように注ぐのがポイントです。

たったこれだけで美味しいコーヒーが出来上がり。

 

 

付属の取扱説明書はわかりやすいイラスト付きなので、初めてドリップに挑戦する人も簡単にコーヒーを淹れることができると思います。

実際に淹れてみましたが、執筆者の手持ちのドリッパーと比べても簡単に美味しく淹れることができました。

 

ハリオのドリッパーで淹れるよりも抽出部分の穴が小さいのでコクが増している気がします。

アタッチメントの種類で味は、どう変わる?

コーヒーの抽出操作は変えずに、アタッチメントの違いでどのようにコーヒーが変わるか試してみました。

 

わかりやすいように『1』〜『5』で評価。

【アタッチメントなし】飲みやすく、たくさん飲みたい人向け

評価

  • 苦味  『2』
  • 酸味  『4』
  • 甘み  『2』
  • コク  『2』
  • 余韻  『3』
  • 抽出時間 2分

 

まずはアタッチメントなしです。

 

味わいは例えるならば「アメリカンコーヒー」。

 

酸味も感じやすく、さらりとした口当たり。苦味はそれほど主張しませんでした。後味もさわやかです。

【アタッチメントM】味のバランス◎ ブラックで一息つきたい時に

評価

  • 苦味  『4』
  • 酸味  『3』
  • 甘み  『5』
  • コク  『3』
  • 余韻  『4』
  • 抽出時間 2分30秒

 

酸味、苦味のバランスが良く、甘みも感じられます。

 

苦味がさっと引いてくれて、香りの余韻が口に残る心地よい味わいのコーヒーになってくれました。

【アタッチメントS】濃厚な苦味でパンチの効いた味わい ミルクとも相性バツグン

評価

  • 苦味  『5』
  • 酸味  『2』
  • 甘み  『4』
  • コク  『5』
  • 余韻  『5』
  • 抽出時間 3分

 

抽出時間は「アタッチメントなし」の1.5倍になりました。コーヒーの成分がしっかり溶け出し、味も濃厚で苦味と旨味を強く感じます。

 

しっかり長く感じられる苦味と旨味は、食事や濃厚なデザートと好相性。

 

深煎り好きな人はもちろん、カフェオレやアイスコーヒーにしても美味しくなりそうです。

総評|どんな味の好みにも対応する万能ドリッパー

このドリッパーを利用して感じたことは、

 

  • 簡単操作で自由に味を変化させられる
  • ドリルドリッパーひとつでドリッパー3種類あるのと同じ! 1種類のコーヒー豆で3パターンの味が楽しめる
  • アタッチメントSを使えば「カフェオレ」や「アイスコーヒー」もできる

 

ということでした。

 

食器洗い乾燥機にも対応しているのも嬉しいポイントです。

ドリルドリッパーの購入はAmazonで!

現在、ドリルドリッパーの購入ができるのはAmazonのみとなっています。

 

価格は2500円。プライム会員ならば500円の割引になります。(2021年5月現在)

 

ドリッパーはたくさんの種類が販売されていますが、コーヒーの濃さをドリッパーが調節してくれるのは「ドリルドリッパー」だけ。

 

抽出方法もお手軽で、ドリッパーが味のバリエーションを広げてくれるのでコーヒー初心者に特にオススメです。

購入はAmazonで! 今なら500円引きのセール中!!

created by Rinker
KOANDRO
¥1,800 (2021/09/17 16:36:18時点 Amazon調べ-詳細)

 

これからおうちでコーヒーを始める人にプレゼントすれば、かなり重宝されるでしょう。

 

ぜひ便利なドリッパー手に入れて、素敵なコーヒーライフを楽しんでください。

 

\今なら電動ミルも無料で付いてくる/

送料無料で月2回お届け!

 

関連キーワード
  • コーヒー豆の挽き方の種類とミル(器具)について
  • マシュマロ入りドリンク
    夏の肌ダメージにはマシュマロ?! その理由と美容に良い『マシュマロコーヒー』の作り方をご紹介
  • コーヒーコレクティブ
    「ヒュッゲ」の国のサードウェーブコーヒー The Coffee Collective (コーヒー・コレクティブ)
  • 東ティモールコーヒーの味と特徴【爽やかな酸味と力強い苦味】
  • コーヒートレンド
    2021年のコーヒートレンドを大予想! 新しいトレンドが定着するかも?!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう