歯磨きを嫌がる、仕上げ磨きをさせてくれない……子どもの歯磨きにまつわる悩みに毎日頭が痛いママやパパは多いですよね。とはいえ、虫歯のつらさを知っているだけに、親としては子どもに歯磨きの習慣を身につけさせたいもの。

 

子どもが歯磨きを嫌がるのには当然理由があり、無理やり磨くと「歯磨きは嫌なもの」と認識するようになってしまい、習慣化は難しくなってしまいます。

 

まずは子どもが嫌がる理由をチェックし、楽しく歯磨きできる方法を知りましょう。あわせて子どもが自分から歯磨きしたくなるおすすめグッズもご紹介します。

 

関連記事:寒い日はココアであったまろう!健康や美容にもうれしいアレンジレシピの作り方

関連記事:野菜ジュースは野菜の代わりになる?子どもへの上手なジュースの飲ませ方

子どもが歯磨きを嫌がる理由とその対処法

まずは、歯磨きに対する子どもの不安材料を取り除いてあげることから始めたいですね。あわせて対処の仕方についても解説しているので、チェックしてみましょう。

歯磨きに慣れていないから

大人にとって歯磨きは当たり前の習慣でも、子どもにとっては初めてのこと。口の中にブラシが入るのに違和感を覚えたり、歯や歯茎に触れる感触が気持ち悪かったりする子どもは少なくないようです。

 

このような場合は、まず歯ブラシを口に入れることに慣れさせましょう。ガシガシ噛んでも構わない歯ブラシを用意し、自分で歯磨きにチャレンジさせます。また、ママやパパも一緒に歯磨きするのもおすすめです。

歯磨きが痛いから

仕上げ磨きの際、歯や歯茎に強く当たってしまい、痛くて歯磨きが嫌だというケースもあります。自分の歯磨きをするときよりも優しくブラッシングすることを心がけましょう。

 

とくに、上唇小帯とよばれる上の前歯部分に張り出す筋は歯ブラシが当たると痛みを感じやすい部分。仕上げ磨きするときは、歯ブラシを持っていない方の指でガードしながら前歯を磨きましょう。

仕上げ磨きするママやパパが怖いから

仕上げ磨きをしっかりしなければと真剣になるあまり、怖い顔になっていませんか? 「歯磨きになるとママやパパが怖い」と嫌がってしまう原因になりかねません。

 

もちろん仕上げ磨きは大切ですが、それだけで虫歯を完全に防げるというわけではなく、だらだら食べない・甘いものばかり食べないなど食生活に気を配ることも重要です。

 

そのため、まずは仕上げ磨きを嫌がらずにできるようになることを優先しましょう。仕上げ磨きする際はできるだけやわらかい表情を心がけたいですね。

子どもが嫌がらずに楽しく歯磨きするコツは?

つづいて、子どもが嫌がらずに楽しく歯磨きできるようになるコツをご紹介しましょう。少しのコツで子どもは歯磨きを楽しいものだと認識してくれるようになります。

機嫌のよいときにささっと終わらせる

できるだけ機嫌のよいときを見計らい、手短に終わらせましょう。

 

眠くてグズグズのときなど機嫌の悪いときは、歯磨きだけでなく何をするのも嫌がってしまいますよね。また、長々と仕上げ磨きをすると、開けたままの口が痛い・喉の奥に唾が溜まるなど不快な状態になり、歯磨きを嫌がる原因になってしまいます。

話しかけたり歌ったりしながら歯磨きする

仕上げ磨きの際に、話しかけたり歌ったりするのも効果的です。

 

「あ、奥に虫バイキンがいた!」「磨いたらいなくなったよ!」など、歯磨きの大切さを交えた話をするのもいいですね。また、歌いながら仕上げ磨きをすると、子どもは歌に気を取られて嫌がらずに終わらせられることも。

歯磨きの動画を活用する

最近は子どもが楽しく歯磨きできる動画もyoutubeなどにあり、それらを活用するのもおすすめです。

かわいい動物たちと楽しく歯磨き【歯磨きイヤイヤ克服!親子で一緒に歌って、上手に歯磨き!<ライオン公式チャンネル>】

優しいタッチで描かれたアニメの動物たちと一緒に歯磨きできる動画。「おくの歯、みぎうえ〜」など聞こえてくる柔らかい歌声とともに、子どもたちも歯ブラシを動かしたくなりそうですね。

 

歯磨きが好きになる子ども続出!?【はみがきのうた<東京ハイジ>】

歯磨きソングの定番で、幼稚園や保育園で聞いたことのあるお子さんも多いかもしれません。この動画で歯磨きできるようになったという子どもも多いんだとか。上手に歯磨きできたら、動画と同じように最後に「いいこいいこ」してあげてくださいね!

 

子どもが楽しく歯磨きできるおすすめグッズ

楽しく歯磨きできるようになるには、子どもが気に入るグッズを用意するのもひとつの手段です。おすすめアイテムをご紹介しましょう。

歯磨きを頑張ったごほうびに【ハキラ】

虫歯菌のひとつであるミュータンス菌が繁殖するのを防ぐ「ミュータンスコントロール素材」を配合したタブレットです。食後や歯磨き後に1〜3粒食べることで、虫歯予防対策につながります。

 

このタブレットはリンゴやオレンジ、バナナ、ブルーベリーのフレーバーが揃い、いずれも子どもの好きな味ばかり。歯磨きを頑張ったらもらえるごほうびとして設定してもよいですね。

created by Rinker
ビーンスターク
¥357 (2020/01/24 08:35:05時点 Amazon調べ-詳細)

どの味にするか選ぶのも楽しい【ライオンDent チェックアップ kodomo】

とくにイヤイヤ期の子どもに歯磨きさせるのはひと苦労ですよね。そんなとき効果的なのが、いくつか選択肢を提示して選ばせる方法。歯磨き粉をフレーバー別にいくつか用意しておき、「今日はどれにする?」と聞くと、子どもは自然と選びたくなります。

 

この「チェックアップ kodomo」は泡立ちも少なく、小さな子どもでも使いやすい歯磨き粉。フッ素も配合されており、虫歯対策にもぴったりです。

最後にシュッ! を習慣に【にこピカ お口ケアスプレー】

シュッとスプレーして口の中をきれいに保つ、子ども用マウスウォッシュ。歯磨き後の仕上げケアとしておすすめです。

 

奥歯が生え始める1歳6ヵ月ごろから使え、歯磨きあとの習慣にぴったり。りんごと白ぶどうの甘いフレーバーで、歯磨き後が楽しみになりそうですね。

created by Rinker
和光堂
¥552 (2020/01/24 08:35:07時点 Amazon調べ-詳細)

苦手な歯磨きは慣れることから始めよう

子どもが歯磨きを嫌がる理由はさまざまです。無理に押さえつけて歯磨きさせても、余計に苦手になってしまい悪循環に陥ってしまうことも。まずは、嫌な理由を知り、少しずつ歯磨きに慣れさせることから始めましょう。

 

パパやママ自身も歯磨きを楽しむ姿を見せることも効果的。お互いに磨きあいっこするのもおすすめです。

 

歯磨きタイムを親子のスキンシップタイムとして楽しく過ごせるといいですね。

関連キーワード
ライフスタイルの関連記事
  • 寒い日はココアであったまろう!健康や美容にもうれしいアレンジレシピの作り方
  • 路地裏、魅惑の喫茶店を巡る旅―渋谷区 幡ヶ谷編―
  • お手軽&簡単!お家のカフェインテリアコーディネイト3つのポイント
  • 人気7店舗のデカフェ(ディカフェ)コーヒーのおすすめ商品を比較してみました。
  • 【都内で行ける】ホテルのアフタヌーンティーで、甘美な時間に酔いしれよう

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう