北風に吹かれ、体が芯から冷える日は、あったかいドリンクがうれしいですよね。コーヒーや紅茶もおすすめですが、香りがよく甘くて濃厚なココアは寒い日にぴったり。アメリカではホットチョコレート、フランスではショコラショーと呼ばれ、世界各地で親しまれています。

 

ココアはおいしいだけでなく、美容や健康にうれしい効果がたっぷり含まれているので、毎日飲みたいドリンクなんです。また、さまざまなアレンジも楽しめて、おうちでのリラックスタイムをより充実させてくれますよ。

 

今回は、知っておくと得をする? ココアについての知識や、ココアのおいしい作り方、アレンジレシピのアイディアについてご紹介しましょう。

 

関連記事:【こんなアレンジも美味しいの!?】コーヒーにちょい足ししたいおすすめ食材10選

関連記事:身体も心もほっこり。肌寒い季節に飲みたいコーヒーアレンジ5選

知ってる?ピュアココアとミルクココアの違い

カカオ豆

店頭に並ぶココアには、大きく分けてピュアココア(純ココア)とミルクココア(調整ココア)の2種類があります。

 

カカオ豆を砕き、分離したカカオマスから脂肪分(ココアバター)を除いたものがピュアココア。ピュアココアに、糖類や乳製品、ナッツなどを加え、飲みやすくしたものがミルクココアです。

 

牛乳を注ぐだけで手軽に飲めるミルクココアですが、あらかじめ甘さなどが加えられているため、ピュアココアに比べてカロリーが高い点などが特徴。ココアそのものの持つ健康や美容効果を期待するなら、ミルクココアよりピュアココアがおすすめです。

知れば毎日飲みたくなる!ココアの持つ効果や効能

笑っている女性

それでは、ココアにはどんなうれしい効果や効能があるのでしょうか?

抗酸化作用を持つポリフェノールが主成分

ココアに含まれる主成分は、カカオポリフェノール。老化の原因となる活性酸素を抑制する、抗酸化作用を持ちます。ポリフェノールは、赤ワインや緑茶に含まれることでも有名ですよね。

血糖値を抑えたり血流を改善したりといった効果の他にも、肌ダメージの改善など女性にうれしい効果が期待できます。

野菜やフルーツにも負けない!たっぷりの食物繊維

ココアは食物繊維を約30%も含んでおり、これは生の野菜やフルーツに比べても驚くべき量です。

腸の中をきれいにする便通改善効果や、コレステロール値を改善し、メタボの解消にも一役買ってくれます。

 

関連記事:【カフェインに弱い方必見!】 今話題の国産紅茶の魅力とは?

いつものココアがレベルアップ!おいしい作り方

ココアを水でのばして練る

正しい作り方を知っていると、いつものココアが格段においしくなります。さっそく作り方をみていきましょう。

 

【材料(二人分)】

  • ピュアココア:小さじ4〜5
  • きび砂糖:小さじ2〜お好みで
  • 牛乳:300ml

 

上白糖よりきび砂糖を使う方が、コクが出て味に深みが生まれます。はちみつなら優しい甘さに。
あまり多く入れすぎるとココアの風味が感じられなくなってしまうので、少しずつ加えてお好みの量を見つけましょう。

 

【作り方】

 

  1. 小鍋にココアパウダーを入れ、ヘラや泡立て器でかき混ぜながら弱火で煎る
  2. 少量の水(分量外)を加え、色が濃くなるまで練る
  3. 砂糖を加え、牛乳を少しずつ加えながら、やさしく混ぜる
  4. 沸騰しないように気をつけ、鍋肌がふつふつとしてきたら火を止める

 

はじめにココアパウダーを煎ることでダマになりにくく、豊かな香りが楽しめます。また、しっかりと水で練ると牛乳に溶けやすく、クリーミーな舌触りに。砂糖の代わりにはちみつを入れるなら、一番最後に加えましょう。

 

ほんのひと手間で、グッとおいしいココアになりますよ。

ココアにプラスα!おいしくて元気が出るアレンジレシピ

ココアは、さまざまな食材と相性抜群です。

 

いつものココアに加えるだけで、栄養だけでなくおいしさもパワーアップするアレンジレシピをご紹介しましょう。

【バナナココア】食物繊維倍増でお通じ改善!

バナナココア

いつものココアに、小さく角切りにしたバナナを半分〜1本分加えるだけ。濃厚なバナナの甘さがココアにぴったりですよ。ボリュームもあるので、満腹感も得られて朝食にもおすすめ。

 

バナナにも食物繊維がたっぷり含まれているので、お通じ改善効果が期待できます。

【チャイ風ココア】スパイスで冷えた体をあたためる

チャイ風ココア

ココアにお好みのスパイスを加えて、甘さ引き立つチャイ風ココアはいかがでしょうか? シナモンやカルダモン、クローブ、ジンジャーなどが相性抜群です。

 

スパイスには体をあたためるだけでなく、消化を助けたり、冷え性やむくみを防止したりと、さまざまな効果が期待できます。効果や効能にあわせてスパイスを選ぶのも楽しいかもしれませんね。

【ソイココア】美肌へと導く

ココアと豆乳

ココアに入れる牛乳を豆乳に変えるだけでソイココアの出来上がりです。あっさりしているのにコクがあり、いつもよりもさっぱり飲みたいときにぴったりです。

 

豆乳には豊富なイソフラボンが含まれていて、美肌や美容効果に優れています。抗酸化作用もあり、ココアと一緒に飲めばさらに効果アップするかもしれませんね。

普段は豆乳が苦手な方も、ココアにすれば飲みやすくなっておすすめですよ。

アレンジココアで寒い冬を乗りきろう!

マシュマロココア

ココアはおいしいだけでなく、美容や健康にうれしい効果が期待できるので、積極的に飲みたいですね。コーヒーや紅茶のようにカフェインを多く含まないため、子どもと一緒に、またはおやすみ前に、とさまざまなシーンで飲めるのもうれしいポイントです。

 

ご紹介したアレンジ以外にも、アイディア次第でまだまだ楽しめます。この冬はココアで、おいしく、そして健康に美しく過ごしませんか?

 

関連記事:お店のメニューをお家で作れる!コーヒーを使ったおすすめアレンジレシピ5選

関連記事:【モカコーヒーとカフェモカ】の違いや特徴!これから役に立つ豆知識をご紹介

関連キーワード
  • はちみつ
    血糖値が上がらない!コーヒーと相性の良いシロップ【自然甘味料5選】
  • ママ目線でリサーチ!コーヒー味(風味)のお菓子6選【メーカー編】
  • おしゃれなラテアートは最適なミルクを選んでこそ!
    好みのコンビネーションを見つけよう! コーヒーに合うミルクのバリエーション
  • cafe
    うちカフェだから出来ること。ケーキ・スイーツ特集。
  • マスカルポーネパスタ
    【マスカルポーネのお料理アイデア】ティラミス以外にも使えるってホント?
  • 主婦目線でリサーチ!コーヒー味(風味)のお菓子5選【老舗の名店編】

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
カフェっ子リカちゃん
私の住む街には、昔ながらの銭湯がたくさんある。 そんな昔ながらの銭湯の中に、カフェが併設されている銭湯が出来たと聞いて、この前初めて行って...