使えばわかる「ちょうどよさ」が魅力の電気ケトル『プライムアクアミニ』

火を使わず、スイッチひとつですぐにお湯が沸かせる、便利な卓上サイズの電気ケトル『プライム アクア ミニ』が、このほどメリタジャパンより発売されました。

 

コーヒー器具の老舗が手がけた電気ケトル

使えばわかる「ちょうどよさ」が魅力の電気ケトル『プライムアクアミニ』

そろそろ温かい飲み物が恋しくなる季節。でも、コーヒーやお茶を淹れるたびにキッチンへお湯を沸かしに行くのはちょっと面倒ですよね。

 

とくに忙しい朝は、お湯を沸かす5分の時間も惜しいもの。そんなとき、1台あると重宝するのが電気ケトルです。

 

今回ご紹介する『プライム アクア ミニ』は、コーヒー器具の老舗メーカー・メリタジャパンが初めて手がけた電気ケトル。

 

100年以上の歴史を持つコーヒーのエキスパートブランドが満を持して送り出す新製品だけあって、電気ケトルに求められる基本機能と安全性、デザイン性をキッチリ押さえた、使い勝手のよいアイテムに仕上がっています。

 

以下では、その特長をご紹介していきましょう。

2~3人で使ってもちょうどいいサイズ感

使えばわかる「ちょうどよさ」が魅力の電気ケトル『プライムアクアミニ』

『プライム アクア ミニ』は高さ205ミリ、ハンドルを含めた横幅が220ミリと一般的な電気ポットに比べると、かなり小ぶりな卓上サイズ。

 

満水容量は1リットルで、ケトル本体が重くなり過ぎず、かといって量が少なすぎることもない、ちょうどいいサイズ感が魅力です。

 

コーヒーの場合、標準的なコーヒーカップ1杯で140160cc、マグカップでも250300ccほどなので、23人で使っても十分な容量。

 

沸騰までの時間は満水状態で約6分。ガスコンロで沸かすのとほぼ同じです。その間にコーヒー豆を挽いたり、ドリッパーやカップの準備をしたりするのにちょうどいい時間ですね。

 

本体下部の黒いライン部分は、電源供給のためのクレードルになっていて、ケトルを軽く持ち上げるだけで着脱が可能。ケトル本体に電源コードがないため、お湯を注ぐ際にコードが邪魔をすることもありません。

 

また、ハンドル内側の本体側面には目盛りのついた水面窓があり、ケトル内のお湯の残量がひと目でわかります。

お子様、お年寄りにも安心の安全設計

使えばわかる「ちょうどよさ」が魅力の電気ケトル『プライムアクアミニ』

使いやすさだけでなく、安全面もしっかりと配慮されています。

 

空焚き防止機能を搭載しているため、うっかり水を入れ忘れたままスイッチを入れても、ケトルの発熱・発火の心配はなし。自動でスイッチが切れるので安心です。

 

フタの部分はハンドルと一体になっていて、ハンドル上部のロックボタンを押すとワンタッチで開閉が可能。フタに手を添えて支える必要もなく、片手で安全に操作ができます。

 

カラーは、美しいヘアライン加工を施したステンレスの他、スモーキーブラック、メタリックブルーの3色を用意。

 

プライム アクア ミニ/MEK18-1B(ステンレス)・MEK18-3S(スモーキーブラック)・MEK18-5B(メタリックブルー)

■サイズ:W220×D160×H205mm

■重量:0.9kg

■容量:1.0リットル(満水)

■価格:8,000円(税別)

 

 

使えばわかる「ちょうどよさ」が魅力の電気ケトル『プライムアクアミニ』

メリタジャパン - プライム アクア ミニ

 

関連キーワード
ニュース, 商品紹介の関連記事
  • パリの天才パティシエが手がける海外初店舗『MICHALAK OMOTESANDO』が2018年10月5日にオープン
  • リッチな水出しコーヒーをご自宅で!簡単・便利なOXOの『濃縮コーヒーメーカー』
  • 【吉祥寺・Sunmoon Flower Essence Cafe】4月の新テーマを発表しました。
  • HARIOスロードリップブリューワー雫
    「滴下式」の本格水出しコーヒーが楽しめる『スロードリップブリューワーハリオ 雫』
  • 業務用ショップグラインダーEK43S
    世界のバリスタに愛されるグラインダーの名機を小型化。『EK43S』の受注受付を開始
  • 「ものづくりの町」で生まれたアウトドア感一杯のカフェアイテム3種

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
おうちカフェ
いつの間にか、夏から秋に変わったことを、ふとした瞬間吹く風が教えてくれる。 あーなんだか一気にセンチメンタル。 一気に夜が、長くなる。 そん...