味にこだわり抜いたサステナブルなオーツミルク「OATSIDE(オーツサイド)」が日本でも販売を開始した。シンガポール発のOATSIDEは、厳選されたオーストラリア産のオーツ麦を使用し、独自の酵素加工・処理製法で本来のオーツ麦の自然な甘さと香ばしさを最大限に生かしたオーツミルクが人気を博し、2022年1月に発売が開始されて以来、既に10カ国以上に展開している。

 

OATSIDEの特徴

■こだわりの素材

厳選されたナッツ感のあるオーストラリア産のオーツ麦を使用。

バリスタブレンドは砂糖不使用でオーツ麦の自然な甘さのみで作られている。

また、保存料・香料・乳化剤・増粘剤・人工甘味料等の食品添加物も使用していない。

 

■独自の製造方法

オーツ麦を自社加工し、香ばしさを引き出すため焙煎加工をしたオーツ麦を使用し、オーツ麦のモルト感とナッツ感を最大限に引き出している。

 

■環境・地域への配慮

100%レインフォレスト・アライアンス承認のカカオとヘーゼルナッツを使用。

また、リサイクル可能なパッケージを使用。

インドネシアの自社工場で安全な湧水を引き、近隣嘉定へ新鮮な水を提供することで地域貢献にも取り組んでいる。

 

 

 

商品ラインナップ

■バリスタブレンド

スタンダードなオーツミルク。そのまま飲んでも美味しく、コーヒーや抹茶、ほうじ茶とも相性が抜群。ラテアートに適したきめ細やかでクリーミーな泡が作れる。濃厚でまろやかなオーツミルク。

 

■チョコレート

インドネシア産のカカオブレンドを使用。カカオたっぷり、砂糖控えめ、子供も喜ぶチョコレート味のオーツミルク。

 

■チョコレートヘーゼルナッツ

トルコ産ダークローストヘーゼルナットを使用。ヘーゼルナッツの豊かな香ばしさが感じられる、オトナ向けの贅沢なチョコレートヘーゼルナッツ味のオートミルク。

 

 

編集部テイスティングレポート

■バリスタブレンド

OATSIDE以外にも2社のオーツミルクをテイスティング。

3つの中で一番とろみがあり濃厚な重厚感あるミルク。香りをかぐとほのかに香ばしい香りが広がる。一口飲んだ感想は「甘い!」砂糖不使用とは思えないほど甘みがあり、オーツミルクによくある"豆くささ"は全く感じず、香ばしい香りと優しい甘さが口の中に広がる。

第15代ワールドバリスタチャンピオンの井崎英典さんがオーツサイドを使用し、作ってくれたラテを頂いたが、クリーミーな舌触りで、牛乳で作っているかと思うほどの濃厚さに、香ばしい香りが鼻に抜ける。今まで植物性ミルクのラテに感じていた「物足りなさ」が全くない。

 

■チョコレート

一言で表すならば、「ほぼココア」と言ってもいいくらいに濃厚なチョコレート感を感じる。バリスタブレンドよりもよりとろみがあり、濃厚なテクスチャー。一口飲むとカカオが口中に広がり、濃厚だけど甘さは控えめで後味はすっきり。スイーツに使用するのもお勧めで、チョコレートプリンや、チョコレートカスタード、ケーキなど様々な使い方ができる。

お子様にも喜んでもらえる美味しさ。

 

■チョコレートヘーゼルナッツ

3種類の中で1番さらっとしたテクスチャー。香りは、ローストナッツの香ばしい香りが感じられる。飲んだ瞬間にヘーゼルナッツの独特の香ばしい香りと自然な甘さが口の中で爆発し、ナッツ系のドリンクが好きな人にはたまらない味わい。軽い口当たりだが、後味にはキャラメルのような風味も感じられる。チョコレートに比べるとややオトナな味わい。

 

■総評

3種類テイスティングしてみて、今まで植物性ミルクに若干の抵抗があった私でも、「このオーツミルクラテならカフェで注文したい!」と思えるほど美味しく飲めました。

濃厚な口当たりで満足感も高いので、是非一度お試しください!

 

商品概要

商品名:OATSIDE(オーツサイド)

種類:バリスタブレンド/チョコレート/チョコレートヘーゼルナッツ

容量:1L

販売店舗:Amazon

HP:https://oatside.com/ja/

Instagram:https://www.instagram.com/oatside_jp/

 

販売・お取り扱いについての問合せ

六甲バター株式会社

電話番号:078-231-4681

 

関連キーワード
  • サンマルクカフェのホリデーメニュー第2弾が期間限定で発売決定!
  • カフェインをコントロールする新感覚のコーヒーがMakuakeにて先行販売開始!
  • 年中食べたい!芋栗かぼちゃのスイーツおすすめカフェ【全国版】
  • FENDIカフェが原宿に期間限定で復活!
  • シンガポール発!絶品オーツミルクが日本上陸!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう