ニュージーランドと聞くと「羊の国」のイメージが強いですが、じつはカフェカルチャーがとても盛んな国だということをご存じでしたか?

 

人口一人当たりのコーヒー焙煎業者数が世界一とされるニュージーランドでは、コーヒーの味には一家言あるコーヒーラバーが多いそうです。

 

本記事では、ニュージーランドだけではなく、世界中にいるこだわり派のコーヒー好きを魅了してやまないスペシャルティコーヒー専門ロースタリー『Ozone Coffee Roasters(オゾン・コーヒーロースターズ)』をご紹介します。

 

ニュージーランド発の老舗コーヒーロースター『Ozone Coffee Roasters(オゾン・コーヒーロースターズ)』

いまでこそ世界的に有名なロースタリーに成長した『Ozone Coffee Roasters(オゾン・コーヒーロースターズ)』ですが、その歴史はニュージーランドの小さな町からはじまりました。

 

『Ozone Coffee Roasters(オゾン・コーヒーロースターズ)』のはじまり

オゾン・コーヒーロースターズの歴史は、1998年にまでさかのぼります。その年、創始者のジェイミー・ホドソンさんは、妻のカレンさんと共に6週間かけて中米にあるいくつかのコーヒー農園を視察しました。帰国後まもなく、彼らはニュージーランド北島西海岸にある都市ニュープリマスのフィッツロイに、小さなコーヒー焙煎所をオープンさせます。

 

しかし、この意欲に燃えた年若い夫婦がはじめたコーヒービジネスは、最初からうまく行った訳ではありませんでした。病院のコールセンターで働いていたジェイミーさんは、新しいビジネスが軌道に乗るまでの間、二足の草鞋を履いて奮闘します。

 

そんな彼らには、もうひとり仲間がいました。1999年、宝石店で働いていた友人のポール・ニューボールドさんを事業に誘うに当たって、形だけの面接が行われます。ジェイミーさんは面接でひと言、「コーヒーは好きかい?」とポールさんに尋ねました。

 

こうしてコーヒー業界に足を踏み入れることになったポールさんでしたが、当時の彼は新婚で住宅ローンを抱える暮らしに四苦八苦していたのだそう。そんな彼が世界でもっとも尊敬されるコーヒー焙煎士として、世界的なコーヒー豆の品評会であるカップ・オブ・エクセレンス(Cup of Excellence)の国際審査員を5回も経験するようになるなど、誰が想像できたでしょうか。

 

『Ozone Coffee Roasters(オゾン・コーヒーロースターズ)』の再出発

ソーシャルメディアがまだ登場していない時代に開店したオゾン・コーヒーロースターズでしたが、コーヒーが大好きなキウイ(ニュージーランドの人たち)の口コミのおかげで徐々に人気を集めるようになりました。

 

2000年にロースタリーはデボン・ストリート・イーストに移転して、カフェを併設するほどに成長します。フィッツロイの店舗では1日に60杯のコーヒーを提供していましたが、デボン・ストリート・イーストに移転した途端、1日に200杯以上ものコーヒーを提供するようになったのだとか。

 

ところが翌年、ジェイミーさんは紅茶専門店を開店するために会社をマクファーレン夫妻に売却します。新たにオゾン・コーヒーロースターズの所有者となったクレイグ・マクファーレンさんは、1995年にマクファーレンズという名前のカフェですでに大成功を収めていました。

 

 

開店当初から、オゾン・コーヒーロースターズはコーヒー生豆の仕入れをブローカーに頼っていたといいます。しかし、ジェイミーさんは常々コーヒー農園で働く人々にとって最善の方法で取引をしたいと考えていたそうです。彼の目標を実現するために、新しくオーナーとなったクレイグさんは奔走します。その努力の甲斐もあり、オゾン・コーヒーロースターズは中南米とエチオピアにあるコーヒー農家と直接取引を行うようになりました。

 

新オーナーのもと、オゾン・コーヒーロースターズを支えてきたコーヒー焙煎士のポールさんは、コーヒー農園を訪ねて世界中を旅するようになります。焙煎技術を向上させるだけではなく、コーヒーの生産地を訪れてコーヒー生豆の調達と生産者との関係作りを行うようになったポールさんは、やがてロースターリーにとってなくてはならない存在となり、現在オゾン・コーヒーロースターズの生産責任者を務めています。

 

さらなる飛躍を見せたイギリス進出

2012年、オゾン・コーヒーロースターズに次なる転機が訪れます。ニュージーランドを飛び出して、今度は海を越えたイギリス・ロンドン東部にある、IT系企業が集中しているレナード・ストリートにレストランを併設したロースタリーをオープンさせました。

 

イギリスのスペシャルティコーヒー業界に飛び込んだオゾン・コーヒーロースターズは、シリコン・ラウンドアバウト(Silicon Roundabout)と呼ばれるこの地域で、瞬く間に人気を得ます。その証拠に、2017年にはイギリスの由緒あるレストランガイド「Hardens」のトップコーヒーショップに選ばれます。

 

オゾン・コーヒーロースターズのロンドン店の運営を任されたニュージーランド出身のリジーさんとイギリス人のジェームズさんご夫婦によると、「毎日行列ができていますが、特に週末は長蛇の列です! 」とのこと。

 

2019年には、エマ・ストリートに2店舗目をオープンさせたオゾン・コーヒーロースターズ。飛ぶ鳥を落とす勢いで成長したイギリスのオゾン・コーヒーロースターズは、コーヒーレジェンドとも呼ばれるスティーブ・レイントンさんが創業したロースタリー『Hasbean(ハズビーン)』を買収します。

 

8カ月に渡り話し合いが行われた末に、オゾン・コーヒーロースターズの傘下に入ったハズビーンですが、それぞれが独立したブランドとしてコーヒーを提供し続けることになりました。ハズビーンといえば、希少なコーヒー生豆を数多く取り揃えていること、そしてオンライン販売が強みの会社です。オゾン・コーヒーロースターズは、ハズビーンが築き上げてきたスペシャルティコーヒーに関するノウハウとコネクションを糧とし、次の目標であるアメリカ進出に向けて意欲を燃やしています。

 

関連記事:

イギリス・スタッフォード発の老舗ロースタリー『Hasbean(ハズビーン)』

 

『Ozone Coffee Roasters(オゾン・コーヒーロースターズ)』のコーヒー

スペシャルティコーヒー専門のロースタリーであるオゾン・コーヒーロースターズでは、季節ごとに最高品質のコーヒー生豆のみを厳選して調達。

イギリスのオゾン・コーヒーロースターズのウェブサイトでは、販売中のコーヒー豆の情報のほか、最適な抽出法と抽出レシピが載せられています。

 

ここでは、オゾン・コーヒーロースターズで販売中のコーヒーをピックアップしてみたので、ご紹介します。

 

インド産コーヒーを試したいなら『INDIA BALMAADI NATURAL(インディア・バルマアディ・ナチュラル)』

インド・タミルナドゥ州西部にある、バルマアディ農園で生産された『INDIA BALMAADI NATURAL』。タミル語で「牛の乳房」を意味するこちらの農園は、19世紀にスコットランド人ジョン・オクタロニー氏によって設立された農園のひとつです。

 

バルマアディ農園はウーティーと呼ばれる町から一番近いものの、人里離れたアクセスしにくい場所にあります。農園主のウンナマーライ・ティアガラジャンさんは、広大なこの農園で有機農法であるバイオダイナミック農法を試し、自然本来のポテンシャルを引き出してすばらしいコーヒーを栽培することに成功しました。

 

バルマアディ農園で生産されたコーヒー生豆をオゾン・コーヒーロースターズで焙煎したインディア・バルマアディ・ナチュラルはナチュラル(乾燥式)精製されたコーヒーで、ダークチョコレートとダークチェリー、そして香ばしいトフィーの風味が特徴です。こちらのコーヒーはペーパードリップで抽出するのに向いています。

 

エスプレッソにおすすめの『ORGANIC BLEND(オーガニック・ブレンド)』

メキシコ南東に位置するチアパス州は、メキシコ最大のコーヒー生産地です。オゾン・コーヒーロースターズでは、チアパス州ハルテナンゴ(現在はアンヘル・アルビノ・コルソ市)で生産されたアラビカ種ブルボンと、グアテマラでも有数のコーヒー名産地として知られているウエウエテナンゴのブルボン、カトゥーラ、カトゥアイ、パチェ種をブレンドしました。

 

このパチェ種は1949年に、グアテマラのサンタロサにあるコーヒー農園で発見された、アラビカ種ティピカの突然変異種です。ウエウエテナンゴではこのパチェ種が全体の生産量の10%程度生産されているといいます。メキシコとグアテマラで有機栽培され、オゾン・コーヒーロースターズで焙煎されたこちらのコーヒーは、ミルクチョコレート、ビスケット、レッドアップルの風味を持ち、エスプレッソにおすすめです。

 

人気のコーヒーサブスクリプション

豊富なコーヒーサブスクリプションを取り揃えているオゾン・コーヒーロースターズ。パンデミックの影響で大打撃を受けたコーヒー業界でしたが、オゾン・コーヒーロースターズのようにコーヒーサブスクリプションなどのオンライン販売を強化して、売上を伸ばしたロースタリーも多かったようです。

 

例えば、スペシャルティコーヒー生産地への旅をテーマにした「パッセンジャー定期便(PASSENGER SUBSCRIPTION)」に申し込めば、毎週水曜日にケニヤやボリビアといった15のコーヒー生産国から選りすぐった250g入りのコーヒーが届きます。1年間で受け取れるコーヒーバッグは全部で52袋です。

 

パンデミックで世界旅行をあきらめた人たちも、このコーヒーサブスクリプションを通して、最高のスペシャルティコーヒーを味わう世界一周旅行を体験できたのではないでしょうか。こちらはイギリスのオゾン・コーヒーロースターズのサイトからお申し込みいただけますが、イギリス国内だけではなく世界中にお届けが可能とのことです。気になる方はオゾン・コーヒーロースターズのイギリス版公式サイトを訪れてみてくださいね。

 

参照サイトURL:

https://ozonecoffee.co.uk/

 

 

厳選された珈琲豆を丹念に熟練焙煎士が丁寧に焼き上げた、美味しいブレンドコーヒーはいかがでしょうか?

注文してから焼くので、いつでも焙煎したての新鮮なコーヒーが届きます。

そして今なら電動ミルが無料でプレゼント! 定期縛りなど、煩わしい規約もなく気軽にお試しできます♪

関連キーワード
コーヒーの関連記事
  • 大人の飲み物「カフェ・ロワイヤル」の上手な淹れ方【コツとレシピをご紹介】
  • 首都ベルリンをデザインした「リカップ」
    テイクアウト用コーヒーカップも再利用の時代!【リカップ(RECUP)】
  • コーヒーは鮮度が命!酸化したコーヒーの見分け方と身体への影響とは?
  • ドリップ
    コーヒーが寿命を延ばす?! ドリップコーヒーが健康に良い理由とその歴史とは?
  • イタリア_エスプレッソ
    【イタリアンの夫が愛用】直火式エスプレッソマシンが便利でおしゃれ!
焙煎後、翌日配送!新鮮なコーヒーをご自宅へ!今なら電動ミルをプレゼント『Beans Express』
お得だからといって、まとめて大量のコーヒーを販売しては、お客様が飲みきる前にコーヒーは酸化し味も風味も劣化してしまいます。焙煎したてのコーヒー豆をいつでも楽しんでいただけるようなサービスをどんなものだろうと考えスタートさせたのがコーヒーブランド「BeansExpress」です。
そして、ご自宅に電動ミルをお持ちで無い方にも気軽に楽しんでいただけるよう、初回電動ミルを無料でプレゼントしています。コーヒー初心者の方からコーヒーマニアという方まで、『-Beans Express-』の焙煎したてのコーヒーの味を是非一度お試しください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう