お正月がきたと思ったら、あっという間にバレンタイン♡
1年って本当あっという間に過ぎますよね。
「今年は何を作ろうかな・・・・・・迷うなぁ~」なんて方も多いのではないでしょうか。
 
でも、レシピを考える時も意外と楽しいもの。ただ、それこそ仕事にプライベートにと忙しい毎日。
出来れば、簡単で見映えも良くて、味も間違いないものが・・・・・・最高ですよね(笑)
忙しいけど、家族や彼のために普段の感謝を込めて作りたい。
今日はそんなあなたの為、【インスタ映え・簡単・美味しい】三拍子そろったインスタグラマーさんレシピをご紹介致します!

●ヨーグルトとチョコレートで、レアチョコケーキ♡

なんと、調理時間は約5分!5分でこんなに本格的なケーキが・・・・・・出来ちゃうんですね。レンジでチンして、混ぜるだけ♡もちろんバレンタインにももってこいですが、普段のおうちカフェのレシピとしても、かなり魅力的です。こんな美味しそうなケーキが、おやつで出てきたら幸せ度120%間違いなし。
 

【材料4人分(12cm丸型)】
・板チョコ:4枚(200g)
・水切りヨーグルト:200g
・リッツ:50g
・溶かしバター:30g

【作り方】
下準備
※ヨーグルト(400g)は、キッチンペーパーをしいたザルに入れて、冷蔵庫に1晩置いて、水切りヨーグルト(200gになるまで)にします。
※型には、クッキングシートを敷いておきます。
※板チョコは手で小さく割っておきます。
 
1
リッツは、ビニール袋やジップロックに入れて、麺棒で細かく叩きます。 溶かしバターを加え、よく混ぜます。 これを、型の底に押しながら敷き詰めます。
 
2
耐熱容器に、板チョコを入れ500wで1分レンチンします。
取り出してよく混ぜます。
チョコの上に水切りヨーグルトをのせて、500wで30秒レンチンします。
取り出して、なめらかになるまで混ぜます。
 
3
1に2を流し入れ、冷蔵庫で冷やし固めます。
固まったら型から外し、お好みで上にココアを振るったら出来上がりです。

引用:ヨーグルト・レアチョコケーキ

板チョコは、ミルクやビター、ミックスなど、お好みでOk。 
 

●女性ウケもかなり良さそうなバレンタインレシピ♡

もうめちゃくちゃ、インスタ映えです♡なのに作り方はとてもシンプル!!1枚だけでも十分サマになっています。1枚ずつラッピングして、女子会や会社で配りたくなる可愛らしさ!!失敗はほぼしないであろうシンプルレシピなので、作る側も「失敗したらどうしよう・・・・・・。」というリスクと考えることなく、楽しく作れそうですね♪ 
 
【材料】 
・クッキー
・ホワイトチョコ
 
【作り方】
クッキー焼いて溶かしたホワイトチョコを挟むだけで簡単にかわいらしく♡
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
挟むのをミルクチョコとかいちごジャムとかキャラメルとかマシュマロとかいろいろアレンジしても👍
 
簡単にかわいらしく、バリエーション豊かに楽しめるレシピですね^^ 
 

●ザクザク感がたまらない!オートミールクッキー

f_a_1202さん(@12a02f)がシェアした投稿 -

バレンタイン=チョコという大前提はあるものの、現実問題「甘い物はあまり得意じゃないんだよね・・・・・・申し訳ない。」という男性も決して少なくありません。そんな時、こんなレシピはいかがでしょう。ザクザク感がたまらないオートミールクッキー!!これなら、「ちゃんと考えて作ってくれたんだ。」と、彼もますます彼女のことを大好きになるはず♪心がほっこり温まるバレンタインが待ってることでしょう^^

【材料(1鉄板12枚)】 
○オートミール 70g 
○薄力粉 30g 
○三温糖 20g 
●なたね油 大さじ2 
□水 大さじ2 
■くるみ 20g 
■デーツ 20g 
■バニラオイル 5〜6滴 
 
【作り方】
 
1、○をボールに合わせスプーンで混ぜる 
2、1に●を加えスプーンでサラサラになるまで混ぜる 
3、2に刻んだ■と□を加えさっくり混ぜる(ポロポロ) 
4、鉄板にスプーンで好みの大きさに落とし手のひらで平らにする 
5、200度余熱190度20分焼き、オーブンの中でそのまま冷ます 
サクサクカリカリです 
メープルシロップで作っても良さそう 
引用:https://www.instagram.com/p/BbYNXvjg72s/

→出来上がり!! 
 

●まるで売り物。こんなの貰ったら、惚れちゃいます。

まるで売り物。いや売り物以上に、美味しそう。「本当にこれ、自分で作ったの?」と思わず聞いてしまいそうなほど、本格的なお菓子の登場です。だいぶ可愛い、確実に可愛い。シンプルながらもじっくりと丁寧に作られたお菓子だということは、出来上がりから伝わるはず。こんな可愛らしいチョコを貰っちゃったら、思わず好きになっちゃいそうです。

【材料】
数量:丸6個 
ホワイト生チョコ ホワイトチョコレート … 100g  
キリクリームチーズ … 18g(小分けのものなら1つ)  
生クリーム(脂肪分36%) … 33g  
いちご:フリーズドライストロベリー … 6個  
デコレーション:フリーズドライいちごパウダー… 15g  
 
【作り方】
下準備
・キリのクリームチーズはしっかり室温に戻すか、10秒程度レンジにかけて、柔らかくしておく(冷たいとダマになりやすいです)

ホワイト生チョコ 
1:ボウルにホワイトチョコレートと室温に戻して柔らかくなったクリームチーズを入れて、50〜60度の湯煎にかけて溶かす。
2:生クリームは小鍋に入れて火をかけて、沸騰直前まで温める。鍋の周りに泡が立って、湯気がしっかり上がっている状態です。
使う生クリームは脂肪分が低めのものが良いので、35か36%。
3:溶けたチョコのボウルに生チョコを加え、空気を入れないように、中心をゴムベラでクルクル混ぜる。空気が入ると舌触りが滑らかではなくなるため。
4:生地が均一になったら、バットにラップを敷き、生チョコを広げ、冷蔵庫で1時間以上良く冷やし固める。

仕上げ
1:良く冷えた生チョコを計りにラップを敷いて、ひとつ22〜23g計量して、真ん中にフリーズドライストロベリーをひとつのせたら、ラップでまるく包む。
2:全部包んだら、再び今度は冷凍庫で30分冷やす。
3:よく冷えたチョコのラップをはがし(冷えていないとベタベタします)、フリーズドライいちごパウダーをまぶす。
4:お好みで可愛くラッピングして完成です!

引用:http://recipe.cotta.jp/recipe.php?recipeid=00012826

 

●わすれちゃならない、生チョコです。

_aka-raraさん(@rara_akn)がシェアした投稿 -

生チョコを美味しく作れるようになったら、バレンタインを制覇したといっても過言ではない!!(と、思ってます。)簡単だけど奥が深い。とても丁寧に作られる方のレシピをご紹介させていただきます。大切な人を想いながら作る生チョコは、世界で一番美味しい味がするはずです。個人的には、生チョコとブラックコーヒーの組み合わせでプレゼントされた日にはもう・・・・・・♡日本の男性をうらやむ一日になりそうです(笑)

材料
クーベルチュールチョコ 280g
生クリーム(脂肪分47%位)1パック
バター 有塩 40g
ココアパウダー 適量

1、バターを柔らかく練っておく
2、チョコを湯せんにかけて溶かしておく(チョコを熱くしすぎない)
3、生クリームを沸騰するまで煮る
4、溶かしたチョコに生クリームを入れてヘラでゆっくり混ぜる(強く混ぜるとダマが出来る)
5、4に練っておいたバターを入れて、バターが無くなるまで混ぜる
6、タッパー等型に少し水を付け、ラップを敷く(ズレにくくする為)
7、5を型に入れて、トントン下から叩き空気を抜く
後は涼しい場所で冷まし、冷蔵庫へ移して一晩寝かせる
⑧ラップを引き上げココアパウダーを掛けながら適当な大きさにカットして出来上がり♬.*゚
⚠️ココアパウダーを最後に刷毛で軽く落とす

引用:https://www.instagram.com/p/BQ5OIcBDWdP/

→出来上がり!! 
 

●フルーツサンドという選択♡

canacoooさん(@canacoberry)がシェアした投稿 -

季節のフルーツを生クリームで優しく包めば、素敵なバレンタインギフトとしても十分に成立♡好きなフルーツを自由に組み合わせる楽しさは、作る人の特権です。イチゴやバナナ、桃やみかん、キウイなど、考えるだけでわくわくします。生クリームを、バレンタインぽくチョコクリームにするのもおすすめ。 
 
【材料】 
・サンドイッチ用のパン(耳を切った食パンでもOK)
・生クリーム
・季節のフルーツ 
 
【作り方】 
好きなフルーツを好きなだけ、パンとクリームの間にはさめば、出来上がり!! 
 
 

今年のバレンタインは水曜日の平日。 
会社に持っていったり、おうちでゆっくりカフェしたり。
大切な人に、作ったものを食べてもらうって、とても幸せなこと。
そんなシンプルなことを思い出させてくれる、冬の一日になりますように☆彡

関連キーワード
  • うちカフェテラスで、ホムパはいかが?
  • コーヒーアレンジレシピ
    お店のメニューをお家で作れる!コーヒーを使ったおすすめアレンジレシピ5選
  • cafe
    うちカフェだから、出来ること。デザート特集。
  • ひなまつりを彩る!お家で簡単に作れるドルチェ系カフェ2選
  • 冬こそまったりおうちカフェ。~贅沢時間の始まりです~
  • おうちカフェの朝ごはんで、心地よい1日を始めよう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事