バリスタの女性

人気のあるカフェでのバイト。しかし働いてみると意外と大変なことも多く、おしゃれそう・憧れだからなどの理由で働き始めると、こんなはずではなかった……と思うことも少なくありません。

 

しかし、カフェでのバイトは学べることも多く、自分のモチベーション次第では大きく成長できるチャンスでもあります。

 

今回は某大手コーヒーチェーンでバリスタとして働いていた経験のある筆者が、カフェでバイトすることの大変さ、自分自身のステップアップにつながるメリットについて解説しましょう。

 

カフェで働いてみたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

関連記事:スタバカードを使う5つのメリット!作り方から限定デザインまで徹底紹介

関連記事:【経験者が語る】カフェのバイトって実際どう?主な仕事内容とメリット・デメリットを紹介!

関連記事 : 【日本のカフェとは違う?】ドイツのカフェでの働き方!スタッフ・雇用・給与・チップ事情について

辞めてしまう人も多い?カフェでのバイトは意外と大変!

エスプレッソマシン

お客さんとして来店すると、カフェ スタッフはにこやかに談笑していたり難なく仕事をこなしていたりするようにみえますよね。

 

しかし実際にはスタッフの多くが、見えないところで沢山の努力を重ねています。筆者が働いていたカフェでも、働く前のイメージと働いてみて感じたギャップから、辞めてしまうスタッフも少なくはありませんでした。

 

それでは具体的に筆者が大変だと感じていた3つのポイントを紹介しますね。

1.接客からドリンク提供まで、とにかく覚えることが多い

カフェはとにかく覚えることが非常に多い職場です。

 

  • オペレーション(業務の手順)
  • コーヒーなどのドリンクについての知識や作り方
  • マシンの使い方
  • メニューの種類
  • ……etc

 

オペレーションひとつとっても、レジやドリンク作り、バックヤードでの裏方業務、フロアの整理など、かなり多岐にわたります。

 

さらに一度覚えればよいわけではなく、新しいメニューの発売などに合わせて常に知識や業務内容をアップデートしなければなりません。また常連のお客さんの注文するメニューや、場合によってはお名前も。

 

きちんと覚えるまでは店の戦力になれないため、筆者も働きはじめたばかりの頃は本当に大変でした。もちろん事前に研修はありますが、メモをこまめにとり、先輩たちの動く様子をしっかり観察するなど、はじめのうちは努力が必要です。

2.商品として提供できるレベルの技術が必要

ドリンクやフードはお金をいただいて提供するものなので、金額に見合うだけのクオリティのものを出さなければなりません。もちろん作り方はマニュアル化されていますが、やはり技術は必要です。

 

筆者の働いていたカフェでは、おもにエスプレッソマシンを使ってドリンクを作っていました。じゃあマシンが作ってくれるからラクなんじゃない? というとそうでもないんです。

 

エスプレッソを淹れる際にもタンピングといわれる技術が必要で、うまくいかないと適切に抽出されません。またラテやカプチーノに必須のスチームミルクも、何十回もの練習でようやくどうにかお客さんに提供できるレベルになります。空き時間を使って必死に練習したのも今ではいい思い出ですね。

3.意外と重労働!時間との作業量との勝負や、立ち仕事で体に負担も

カフェでの仕事はレジや接客、ドリンク作り、フード調理はもちろん、食器を洗ったりテーブルを拭いたり、さらにPOPやチョークボードの作成、備品の発注などかなり多岐にわたります。

 

また牛乳やコーヒー豆なども毎日大量に納品されるため、バックヤードにしまうだけでもひと苦労です。とくに朝の作業は時間との勝負なので、重いからといってちょこちょこと運ぶ余裕はありません。さらに立ち仕事のため、腰をいためてしまうスタッフも少なくありませんでした。

 

カフェの持つ優雅なイメージとは裏腹に、体育会系な労働も多い点も特徴ですね。

カフェでのバイトはメリットも多く、自分を成長させてくれる!

コーヒーを飲む女性

大変な点ばかりを挙げましたが、カフェのバイトはそれらを差し引いてもメリットは多く、自分の成長にもつながる仕事です。

 

筆者が働いていて、とくに感じたメリットを上げてみましょう。

うれしい従業員割引がある

多くのカフェでは、メニューの従業員割引があります。安い金額でドリンクやフードが購入できるのはうれしいですよね。筆者の働いていたカフェでは、従業員割引に加えて休憩中にはホットコーヒーかアイスコーヒーを無料で飲めました。

 

従業員割引があると、普段はあまり頼まないメニューでも買いやすくなりますよね。いろんなメニューを気軽に試せることから、カフェスタッフとしてもコーヒー好きとしても、レベルアップできるきっかけにもなるでしょう。

コーヒーについての知識が深まる

研修はもちろん、日々の仕事でも常にコーヒーに触れているため、知識はどんどん増えていきます。さまざまな種類の豆をテイスティングするのも日常茶飯事。

 

また自分では買うことが難しい高価なマシンを使えたり、コーヒーについての勉強会に参加できたりと、実践を通した生きた知識を深められます。コーヒー好きや将来カフェを開きたいと考えている人にとっては、これ以上ないほどの環境です。

向上心の高い仲間が多い

カフェで働くスタッフは、将来独立を目指していたり、とにかくコーヒーが好きで好きでたまらなかったりなど、仕事に対する向上心が高い仲間が多かったように思います。実際に自分のお店を持ったスタッフも少なくありません。

 

そういったスタッフは、どうやったら売り上げが伸びるか、技術向上できるかなどを真剣に考えているため、一緒に働いていて大きく影響を受けました。

カフェでのバイトは大変だけれど大きく成長できるチャンス

ドリップする男性

カフェでのバイトは大変なことも多く、正直なところ、誰でも簡単にできるというわけではありません。しかしコーヒーやカフェ好きにとってはメリットも多く、スキルアップにはもってこいの環境です。

 

カフェのバイトで行なうさまざまな業務の経験は、これからの人生やキャリアにプラスになることは間違いありません。

 

あなたを大きく成長させてくれるカフェでのバイト、始めてみませんか?

 

関連記事:人気カフェのバイト面接・実践法! カフェのアルバイトに採用されるには?

関連記事:カフェでバイトしたい人に読んでほしい!受かる志望動機とは?

関連キーワード
ライフスタイルの関連記事
  • ひなまつりを彩る!お家で簡単に作れるドルチェ系カフェ2選
  • 【ラグビーW杯日本大会開催!】強豪5ヶ国の現地カフェのおすすめの楽しみ方を紹介!
  • 読書
    カフェで読書。渋谷で「ゆっくり訪れてみたい」ブックカフェ7選
  • 紅茶
    【イギリス在住者が選ぶ】スーパーで買えるおすすめのティーバッグ3選
  • オレンジティー
    自宅でフルーツティーはもはや定番!?紅茶とフルーツのおいしいお手軽レシピ
カフェ・レストランで働くなら『CAFEND JOB』

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう