大自然に囲まれて、おいしい空気を堪能しながら食べる朝ごはんの味は格別なのではないでしょうか。

 

限られた調理器具しかない屋外環境でも、ホットサンドなら手軽に作れてコーヒーとの相性も抜群です。本記事では、キャンプの朝ごはんにぴったりなホットサンドのおすすめ具材をご紹介します。

キャンプの朝ごはんにおすすめのホットサンドの具材は?

新鮮な屋外の空気を胸いっぱいに吸い込めば、食欲だってムクムクと湧いてくるはずです。いつもは朝ごはんにコーヒーだけという人も、キャンプに来たなら栄養バランスの取れたホットサンドで元気に1日をはじめてみませんか?

 

食べ応え満点「ハンバーグとチェダーチーズ」

朝からガッツリ食べたい人におすすめなのが、ハンバーグとチェダーチーズを入れたホットサンドです。

 

「ハンバーグをキャンプで作るなんて面倒だ…」と思うかもしれませんが、わざわざ作らなくても、レトルトの冷凍ハンバーグをクーラーボックスかポータブル冷蔵庫に入れて持っていくことができるでしょう。

 

使用する前にレトルトのパックを湯せんで温めてから、チェダーチーズと一緒にパンに挟んで焦げ目がつくまで焼くだけで、ちょっぴり豪華な朝ごはんの完成です。

 

栄養たっぷり「ゆで卵と千切りキャベツ」

たまごは良質なタンパク質源であると同時に、消化と吸収に優れているため胃に優しく、朝ごはんに最適な食材です。

 

半熟にすれば生の状態よりも栄養が効率よく摂れるため、朝ごはん用ホットサンドの具材には半熟ゆで卵がおすすめ。千切りにしたキャベツは軽く塩でもみ、軽くしぼって水気を切ってから、ブラックペッパーを振りかけた後にパンに挟みましょう。

 

カリッと香ばしい「ベーコンとプロセスチーズ」

ベーコンはキャンプ用のフライパンで一度軽く焼いてからパンに挟むと、香ばしさがアップします。

 

ベーコンと一緒にパンに挟むチーズは、お好みでスライスチーズでもピザ用チーズでも構いませんが、溶けにくいプロセスチーズを挟めば食べ応えのあるホットサンドになりますよ。

 

朝ごはん定番の「スクランブルエッグとハム」

たまごを炒めて作るスクランブルエッグはフワフワとした食感で食べやすく、野菜や肉など、どんな食材とも相性が良いのが特徴です。

 

喉に詰まりそうになるゆで卵は苦手だという人なら、ホットサンドの具材にスクランブルエッグを選んでみては? ハム(もしくはソーセージ)と合わせれば、子どもたちも喜んで食べてくれるかもしれませんね。

 

おつまみにも「餃子とピザ用チーズ」

意外ですが、餃子もホットサンドにぴったりな具材です。チルド餃子(冷凍餃子なら事前に要解凍)を使う前にフライパンでよく焼いてから、ピザ用チーズと一緒にパンに挟みこみましょう。

 

お好みで付属のタレに餃子をくぐらせてからパンに挟むこともできますし、焼き肉のタレを餃子とチーズの上にかけてから焼くこともできます。

 

温サラダ風に「ブロッコリーとモッツァレラチーズ」

もちもちした食感のモッツァレラチーズを挟んでホットサンドメーカーで焼けば、ほどよく溶けてさらに食べやすくなります。

 

モッツァレラチーズと茹でたブロッコリーだけだとあっさりし過ぎてしまうので、市販のタルタルソースを少し加えて焼くと良いかもしれません。

 

パン以外にも茹でたじゃがいもに挟んでも美味しいですよ。

 

ヘルシーに「トマトとアボカドとツナ」

生のトマトは青臭くて苦手だという人でも、温めたトマトなら食べられる場合もあるでしょう。

 

温まって柔らかくなったトマトとなめらかな口当たりのアボカドは食べやすく、朝はあまり食欲がない人におすすめです。塩と胡椒で味付けしたツナを合わせれば、ヘルシーなのに栄養バランスもバッチリな朝ごはんになりますよ。

 

やみつきになる「ツナマヨネーズと玉ねぎスライス」

おにぎりやサンドイッチの具材としても人気のツナマヨネーズは、ホットサンドの具材にもぴったりです。

 

水にさらしておいた玉ねぎスライスの水気を切ってから、バターを塗ったパンの上に乗せます。その上に、マヨネーズであえて塩と胡椒で味を調えたツナを乗せてからパンで挟み、焼き色がつくまで焼きましょう。

 

デザートにも「カマンベールチーズとハチミツ」

カマンベールチーズにハチミツを合わせて、デザートのようなホットサンドを作ってみましょう。

 

外側を白カビに覆われたカマンベールチーズですが、そのまま食べも問題はありません。どうしてもカビが気になる人は、外側を削ってから使っても良いでしょう。ハチミツと一緒に、砕いたアーモンドやクルミなどのナッツ類を挟んでもおいしいですよ。

 

スモア風に「マシュマロと板チョコ」

アメリカやカナダでは、焼いたマシュマロと板チョコをグラハムクラッカーで挟んだスモアがキャンプの定番おやつです。

 

スモアを作るにはマシュマロを串に刺して火で焼く必要がありますが、マシュマロをそのままチョコレートと一緒にパンに挟めば、スモア風のホットサンドが完成します。

 

甘党の人ならペロリと食べられそうですが、案外ボリュームがあるのでカットしてみんなで分け合ってもいいですね。

 

ホットサンドを作るのに必要なアイテムは?

簡単に作れるのが魅力のホットサンド。もしキャンプで朝ごはん用にホットサンドを作る予定があるなら、具材のほかに下記のアイテムを揃えておくと良いでしょう。

 

直火式ホットサンドメーカー

 

屋外キャンプに持っていくなら、直火式ホットサンドメーカーがおすすめです。コンパクトでお手入れしやすく、熱伝導が高いため具材をたっぷり入れても中までしっかり火が通ります。直火式ホットサンドメーカーの中にもIH対応の種類がありますから、自宅でも使用するのであれば、直火とIHに対応しているタイプを選ぶようにしましょう。

 

ポータブル冷蔵庫

 

ポータブル冷蔵庫があれば、屋外でも食材が痛む心配をしなくて済みます。クーラーボックスでも事足りる場合もありますが、腐りやすい食材を持っていくのであれば、冷却性能も良くて温度調節が可能なポータブル冷蔵庫があると安心です。電源がない場所でも使用できるタイプを選べば、災害時や急に家庭用冷蔵庫が壊れてしまったときなどにも役立つかもしれませんね。

 

アウトドアクッカー

 

アウトドアクッカーとは、屋外で使用するために作られた調理器具のことです。車でキャンプに出かけるなら、コンパクトに収納可能なクッカーセットを持っていくと良いでしょう。クッカーセットにはフライパンやナベ、ザルなどが付いているので、ベーコンを焼いたりお湯を沸かしたり、野菜を洗ったりするのに便利です。

 

キャンプグリーブ

 

アウトドアクッカーとともに持っていくと便利なのがキャンプグリーブです。調理の際に必要な道具がセットになっているので、食材をカットしたいときの包丁やキッチンバサミ、卵を焼いたときに必要なフライパン返しなどがセットになっているので、あると便利です。まな板やおたまなども入っています。

 

おわりに

簡単なのにオシャレに見えてコーヒーにも合うホットサンドは、ソロキャンプやファミリーキャンプのときはもちろん、キャンプデートのときの朝ごはんメニューとして最適なのではないでしょうか。

 

好きな食材を組み合わせれば、おいしさ無限大。キャンプの朝ごはんタイムが、もっと特別なものになるはずですよ!

関連キーワード
ライフスタイルの関連記事
  • 人気7店舗のデカフェ(ディカフェ)コーヒーのおすすめ商品を比較してみました。
  • 【都内で行ける】ホテルのアフタヌーンティーで、甘美な時間に酔いしれよう
  • 食べられるコーヒーカップ
    食べられるコーヒーカップ?! ニュージーランド航空のエコな試みとは?
  • 【吉祥寺】モーニングのあるカフェで優雅な朝食を!おすすめ5店
  • cafepass
    「CAFE PASS」で探していたカフェを見つけよう!【Wi-Fi・電源の検索可】

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう