2013年12月、僕は恋人と別れた原因を友人たちに「すれ違い」と話していた。
しかし実情はとても情けないもので、僕がクリスマスに彼女を餃子のチェーン店に連れて行ったことが別れの原因だったのだ。

1840年6月、「アヘン戦争」が勃発した。この名称から“アヘン(麻薬)”が原因の戦争のように思われるが、実情は「紅茶が原因」での戦争だった。「それなら紅茶戦争でいいじゃん!」と思うのだが、20000人以上戦死者を出した戦争名にしては可愛すぎると感じた戦勝国イギリスが「アヘン戦争」だなんてスカした名前を付けたのだ、と思う。

これは、恋人と別れた原因をはっきり言うのが恥ずかしかった僕の心境に似ている。そもそもアヘン戦争はどのようにして起こったのであろうか?

アヘン戦争と紅茶


「茶」という名称が付く飲み物のほとんどが、中国原産のチャノキという植物を加工して作られています。つまり「紅茶」もチャノキを加工(発酵)させたものです。

今では世界各地で栽培されているチャノキですが、1800年代は中国がほぼ独占しており、「お茶が欲しいなら中国と貿易するしかない」という状態でした。当時、イギリスでは紅茶が大流行しており中国からたくさん茶葉を輸入していましたが、イギリスには輸出するものがありません。つまり、国のお金を消費し続けるしか茶葉を手に入れる方法がなかったのです。そんなことをずっと続けている内にイギリスは貧乏になっていきます。

そこでイギリスは「中国に強力な麻薬(アヘン)を売って、その金で茶葉を買おう! 」と思いつきました。なかなかぶっ飛んだ発想ですが、これが大成功。イギリスは国のお金を消費することなくお茶を手に入れられるようになりました。

しかし、中国政府がこれをよしとするわけもなく、イギリスとの貿易を停止します。逆切れをしたイギリスは1840年、戦争を起こします。これがアヘン戦争の始まりです。
アヘン戦争はイギリス軍の圧勝という結果で1842年に終戦を迎えます。中国はイギリスに賠償金を支払ったり、不平等条約を締結させられたり、香港を取り上げられたりと散々な目にあったのです。

海が紅茶味?ボストン茶会事件


アヘン戦争から少し遡る1773年。「ボストン茶会事件」が起きます。

当時アメリカはイギリスの植民地だったので、イギリスが決めたことに従う他ありませでした。イギリスは日用品(紅茶を含む)に課税してアメリカから利益を得ていましたが、アメリカはこれに反発しました。そしてイギリスが出資していた「東インド会社」の商品の不買運動が本格化されたのです。当時、アメリカでは紅茶が流行しており、東インド会社経由で紅茶を手に入れていましたが、不買運動によりオランダ商人から紅茶を密輸するようになったのです。

このため、東インド会社は紅茶の在庫を抱えてしまいます。そこで、イギリスはオランダ商人より安く茶を売ることにしました。このように書くと「イギリス良い奴やん」と思われるかもしれませんが、当時のアメリカ人は「貿易を独占するための罠なのでは?」や「安くなったとはいえ、販売される紅茶は課税されている。つまり、東インド会社から紅茶を買うことは、イギリスの課税政策を許すことになる」と考えました。

そんなピリピリとしたムードの中、イギリスは大量の紅茶を載せた船でアメリカ(ボストン港)にやってきました。イギリスのやり方に嫌気がさしていたアメリカは船を入港させず、イギリスに帰港するように促したのですが、イギリスはこれを拒否します。

イギリスの対応を口火に指導者サミュエル・アダムズは仲間を引き連れ、停泊していたイギリスの船を襲いました。この時、サミュエル達は船の積荷である紅茶の入った箱を324箱海に放り投げたと記録されています。様子を見ていたボストン市民は「ボストン港で茶会が始まった」と冗談を言い合いました。「ボストン茶会事件」はこの冗談が由来とされています。

歴史に「もしも」はないけれど


もしも、世界に紅茶が存在しなくてもアヘン戦争、ボストン茶会事件に似た事件は起きていたと思う。これらの出来事は紅茶が原因と言うより、紅茶を口実にして起きたものだからだ。つまりクリスマスのあの日、僕が彼女をどこに連れて行こうとふられていた可能性が高い。それでも時々思う。あの時、ローストチキンを食べに行っていたらどうなったのだろうと……。

関連キーワード
ハーブ・紅茶の関連記事
  • 紅茶を豆乳で美味しく?超濃厚・ミルクティーを作ってみた【レシピ紹介】
  • エスニックスープ材料
    芳醇な香りのセラピー!あったか「エスニックスープ」
  • ペパーミントティー
    胃腸もスッキリ!ハーブティー「ペパーミント」目的別ブレンド3選
  • 夏までにスリムなボディ!ダイエットサポートハーブ ~デトックス編~
  • ハーブティー 入れ方
    初心者にもオススメ!癒しのハーブティーの淹れ方と楽しみ方
  • 重曹+アロマのお掃除術
    重曹+アロマの抗菌&消臭お掃除術 二選!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
カフェっ子リカちゃん
ずっと気になってるんだけど、なかなか行く機会がないお店って案外あるものよね。 私にとっては、家と駅のちょうど真ん中にあるカフェがまさにそれ。...
カフェっ子リカちゃん
この前、知り合いの方にお招きいただいて、ブランドのアフターパティに友人と行ってきたの。 明治神宮前で待ち合わせて、「あ、ここ、たらればで撮...
ラテアート
豆・淹れ方
今時のカフェでは、ラテを頼むと綺麗な模様が描かれていることは珍しくありません。写真をとってSNSにアップした経験がある人も多いのでは? 最近...