カフェ男10人目

カフェンド編集部の独断と偏見で選んだ、カフェで働くイケメンを取材する企画【カフェ男】の第10弾です!

 

 

記念すべき10人目は、千駄ヶ谷の人気カフェ『THE DECK COFFEE & PIE』の店長、秋山さん♡

 

 

突然ですがみなさん、「ダガヤサンドウ」という言葉を聞いたことがありますか? 千駄ヶ谷と北参道を結ぶ通りを指す新しい造語で、おしゃれなカフェやショップが続々とオープンしている注目のスポットのことなんです。

 

 

『THE DECK COFFEE & PIE』は、ダガヤサンドウのメインストリートを歩いて、ちょうど終点くらいの原宿と北参道のあいだにあります。

 

 

ヴィンテージ風のインテリアで統一された店内と、太陽の光と風を感じる清々しいテラスが最高に気持ちよく、そして美味しいパイと自家焙煎コーヒーが楽しめます。心地よい音楽が流れる、緑に囲まれたテラスには小鳥たちのさえずりも聴こえてくる……。

 

 

そんな温かみのあるカフェの空間を、一から作り上げたイケメン店長、秋山さんにインタビューしました。

秋山卓徳さんのプロフィール

イケメン店員

名前:秋山卓徳(あきやま たかのり)
年齢:38歳
出身:静岡県(高校卒業後ダンスで上京)
職業:THE DECK COFFEE & PIE 統括責任者/店長・ロースター
趣味:飲食・ファッション・音楽・カルチャー
出勤日(会える日):不定期 大体お店にいるとのこと
彼女:いる
好きなタイプ:自然体でナチュラルな女性

高校を卒業後、ダンスのプロを目指して上京。なかなかダンスだけでは食べていけず、カフェでバイトしたのがきっかけで飲食業界へ。

 

 

有名なアーティストのバックダンサーを務めたこともある秋山さん。ダンスで踊るための音楽レコードを集めていくうちに、自然と音楽にも興味を持ちました。やがてDJとして活動の幅を広げていったといいます。

 

 

そのため、このお店で流れている音楽の大半も、秋山さん自身が選曲・DJミックスをしているそう。

 

 

有線で流れてくる音楽も悪くないけど、僕自身が提供できるエッセンスのひとつとして、このお店にあった音楽を流せれたらいいかなって……と語ってくれました。

お客様の喜びの探求。正解がわからないからこそ楽しい!

店の外観秋山さんは、大手フランチャイズのカフェで16年ものキャリアを積んだのち、今のお店を運営する元の会社から『THE DECK COFFEE & PIE』の立ち上げの話をいただいて、このお店を始めました。

 

 

立ち上げから今年で丸5年が過ぎ、今では活気溢れる人気店。様々な媒体の撮影に使用されるまでに成長しました。

 

 

しかし、今の経営形態に落ち着くまでには、紆余曲折もあり何かと苦労も多かったそう。オープン当時は、店内は雑貨屋でテラス部分がカフェとしてスタート。

 

 

しかし2年目で当時のオーナー会社が経営を辞めてしまい最初の困難に直面しました。

 

 

西海岸やメキシコをイメージした雑貨を販売するライフスタイルショップも併設したコンセプトカフェでしたが、なかなか収益化するのが難しく、参考になるお店が周りになかったため、毎日が試行錯誤の連続で苦労したそうです。

 

 

そこで諦めなかった秋山さんは、なんとか良い店にしようと奮闘します。

カフェで過ごす時間を心地よく感じてもらえるように

アイスコーヒー

実際にお店に立ちながら経営していく傍ら、店舗全てをカフェにしてみる方向で考え始めました。

 

 

それを具現化するために、オーナー会社の方々と交渉したり、周りのスタッフと相談しながら、少しずつ店内のプロデュースも手がけるようになります。

 

 

そして徐々に今のようなカタチ(お客様が気軽に楽しめて居心地の良いカフェ)に辿り着いたそう。

 

 

提供する食事はもちろん、椅子ひとつの配置から全て、ひとつひとつ何が正解なのか、日々研究し続けたんだんだとか。何がお客様に「しっくりくる」のか、お店のコンセプトを大切にしつつ考えながら、徐々に正解が生まれていきました。

 

 

自分の頭で考えたことがやがてカタチになり、結果的にお客様に喜ばれることが、何よりもうれしかったんだとか。

 

 

また、自分のやりたいことを実現するためには、しっかりと収益のことも考えなければならないし、それが全体の継続的な幸せに繋がるんだと、まるで太陽のようなキラキラした目で語ってくれました。

 

 

秋山さんが手がけるお店全体の空間プロデュースは、開放的なロケーションとリラックスできる空間が魅力と言えるでしょう。

 

 

週末は、行列ができるほどの人気店。赤字経営から黒字経営に至るまでの苦労は並大抵ではなかったと思います。

 

 

しかし、苦労や大変さを「楽しみ」ながら、「やりがい」に変えていけたからこそ今に繋がっているんですね。

秋山さんに会えるのは、『THE DECK COFFEE & PIE』

イケメンがいるカフェお客様に心地よい時間を提供するための工夫はパイやコーヒーにも表現されています。

 

 

お店をオープンするときに自家焙煎コーヒーを提供したかったため、いちから焙煎を勉強したとのこと。コーヒーは秋山さんが季節に合わせたブレンドを自家焙煎でご提供。いつも新鮮で美味しいコーヒーが飲むことができます。

 

 

日本人に合う味を考えて、コーヒーが苦手な人でも癖が少なく飲みやすいのが特徴です。

 

 

もちろんパイだって手作り。具材を調理しオーブンで焼きたてをご提供しています。新作のレシピの考案も秋山さんが考えているらしく、イケメンで料理もできるなんてカッコよすぎますよね♡

 

 

今後もお客様が気兼ねなく楽しめるように、「お客様が今なにを求め、自分たちが何を提供できるかを考えて、想いをひとつに繋ぐようなカフェづくりを続けたい」と最後に輝く笑顔で語ってくれました。

【店舗情報】THE DECK COFFEE & PIE

店名:THE DECK COFFEE & PIE

住所:150-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-53-17原宿グリーンハイツ1F

最寄駅: 原宿駅から徒歩7分 北参道駅から徒歩8分 千駄ヶ谷駅から徒歩10分 

電話番号:03-3478-6855
営業時間:(平日) 10:00〜22:00 (土日)10:00〜19:00

定休日:不定休

URL: http://thedeckcoffeeandpie.com/

 

お店のInstagramもチェック→ https://www.instagram.com/thedeck_coffeeandpie_official/

 

 

緑の息吹と太陽の日差しを感じながら、そっと耳に馴染む心地よいサウンドのBGM、そしてパイとコーヒーを目当てに『THE DECK COFFEE & PIE』に足を運んでみましょう。

 

 

太陽みたいにきらきらした笑顔で、秋山さんが温かく迎えてくれます。

関連キーワード
  • 「つねに新しいチャレンジを!」名古屋の地に新風を吹き込む気鋭のバリスタ Vol.2
  • cafe-bluegarden
    【カフェ男】第1回:原宿BlueGarden(ブルーガーデン)でイケメン店員発見!
  • リーズナブルでオシャレな“カフェ婚”をプロデュース! 『CAFE WEDDING』
  • 「バリスタの価値を高めたい」WBC認定審査員が求める“バリスタの資質”とは? Vol.2
  • カフェ男10人目
    【カフェ男】第10回:千駄ヶ谷 THE DECK COFFEE & PIE (ザ デックコーヒー & パイ)元DJのカルチャー系イケメン店員を発見!
  • ユニゾンテイラー
    【カフェ男】第3回:UNISONTAILOR(ユニゾンテイラー)で爽やかイケメン発見!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事