あらゆる種類のレストランやカフェがひしめき合う東京には、海外にいるかのような錯覚に陥りそうなほど素敵なカフェがたくさんあります。海外気分が味わえるカフェは、ちょっと気分転換したいときに立ち寄るのに最適です。そこで本記事では、東京にあるのにまるで海外にいるかのような体験ができるカフェをご紹介します。 

海外にいるような気分になれるカフェ5選 

日本で一番カフェの数が多い東京ですが、お気に入りのカフェを見つけるのは容易いことではありません。ここでは、海外旅行や海外の雰囲気が大好きな人にとくにおすすめのカフェをピックアップしてみました。

SNS CAFÉ TOKYO 

<公式HP>https://www.sneakersnstuff.com/

東京・代官山に位置する「SNS CAFÉ TOKYO」は、1999年にスウェーデンの首都ストックホルムに創業した「Sneakersnstuff(スニーカーズエンスタッフ)」の東京店の併設カフェとして、2020年にオープンしました。「Sneakersnstuff」はストックホルム以外にも、ニューヨーク、ロンドン、ベルリンなどで展開しており、「SNS CAFÉ TOKYO」ではそれらの国々の食文化を反映したカフェメニューが提供されています 

<公式HP>https://www.sneakersnstuff.com/

建築家のJenny Askenfors(ジェニー・アスケンフォース)が手掛けた店舗はスウェーデンをイメージしてデザインされているため、日本に居ながらにして海外に滞在しているような雰囲気を味わえます。  カフェ店内にはSNSの世界観を映した「The SNS Book Club」と呼ばれる本棚が設置されており、カフェ利用者は自由に閲覧可能。そのほか、アート作品展示スペースやギフトコーナーもあり、何通りもの楽しみ方ができるカフェとなっています。 

 

住所:東京都渋谷区代官山町13-1 

営業時間:08:00 ~18:00(月曜~木曜)、08:00~21:00(金曜、土曜、日曜)

 

KOPI KALYAN Tokyo 

<公式HP>https://www.kopikalyan.com/

インドネシアの首都ジャカルタ発祥のカフェ初の海外店舗となる、「KOPI KALYAN Tokyo(コピ・カリアン・トウキョウ)」は、コーヒー大国インドネシア自慢のコーヒー農家から厳選して仕入れたスペシャルティコーヒーを味わえる貴重なカフェです。 

広くて明るい雰囲気の店内では、ジャカルタ本店と同じドリンクメニューが提供されます。インドネシア人のバリスタたちと会話を交わせば、まるで海外にいるような気分になれるはず。軽食メニューもインドネシア風で、ベジタリアンに人気のテンペ(大豆発酵食品)のフライやエスプレッソから作ったコーヒーゼリー、アップルパイやトーストメニューなどが用意されています。 

<公式インスタグラム>https://www.instagram.com/

カフェではコーヒー以外にも、インドネシアの伝統的なハーブドリンクであるジャムウがメニューに載せられています。ジャムウといえば、インドネシアでは健康増進や病気の治療と予防、そして美容目的で飲まれている生薬です。ウコンやタマリンドをはじめ、シナモンやジャスミン、ローヤルゼリーなどなど、体に良いとされるあらゆる薬草が使用されており、風邪や筋肉痛、消化不良などに効くジャムウもあるのだとか。東京店では、日本人にも飲みやすいジャムウが置かれているとのことですから、ぜひ試してみたいですね。

 

住所:東京都渋谷区神宮前6-15-14 

営業時間:11:00~20:00 

 

 

FUGLEN TOKYO(フグレン トウキョウ) 

<公式HP>https://fuglen.no/

1963年にノルウェーの首都オスロに創業した「Fuglen(フグレン)」の海外進出第一号店である、「FUGLEN TOKYO(フグレン トウキョウ)」。 Fuglen(フグレン)とはノルウェー語で「鳥」を意味しますが、カモメ科の海鳥である「アジサシ」が、カフェのロゴとなっています。カフェ店内のインテリアは、家具から食器に至るまでノルウェーのヴィンテージ品で統一されており、日本に居ながらして海外の雰囲気を堪能できます。 

<公式HP>https://fuglencoffee.jp/

フグレン トウキョウでは、コーヒーが持つすばらしい酸味を大切にした焙煎方法であるノルディックローストで焙煎した浅煎りコーヒーを提供。その時々で提供する豆の種類が変わるため、いつ行っても新しい発見があるでしょう。中には「酸味が苦手…」と感じる人もいるかもしれませんが、良質な酸味と酸化した酸っぱさとでは、天と地ほどの違いがあります。もちろん、こちらのカフェで味わえるのは良質な酸味のみ。フルーティーな酸味を持つコーヒーを飲めば、目から鱗が落ちる体験ができるはずですよ。 

 

住所:東京都渋谷区富ケ谷1-16-11 

営業時間:07:00~24:00(水曜~日曜)、07:00~22:00(月曜・火曜) 

 

 

Buvette Tokyo 

<公式HP>https://buvettetokyo.com/

ニューヨークに本店を構えるレストランの日本店である「Buvette Tokyo(ブヴェット トウキョウ)」。フランスの伝統料理を提供するこちらのお店では、料理も店内インテリアも日本風にローカライズされていないため、海外そのままの雰囲気を楽しめます。フランス料理といっても、提供されているのは家庭料理のような肩ひじ張らずに食べられるものが多く、おしゃれなレストランなのに気軽に利用できると人気です。 

<公式HP>https://buvettetokyo.com/

カフェやバーとしても利用でき、十人十色の楽しみ方ができるお店となっています。ブランチメニューはクロワッサンやスコーンをはじめ、トーストやワッフル、卵料理や野菜料理、肉料理や魚料理まで豊富なバリエーションが魅力。朝は軽めに食べたい人だけでなく、しっかり食べたい人も大満足のメニューが揃っています。 

 

住所:東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷1F 

営業時間:08:00~23:30(月曜~金曜)、09:00~23:30(土曜、日曜) 

営業時間は予告なく変更される場合がございます

 

 

WORLD BREAKFAST ALLDAY 吉祥寺店 

<公式HP>https://www.world-breakfast-allday.com/

2020年にオープンした、世界の朝ごはんが食べられるお店として有名な「WORLD BREAKFAST ALLDAY(ワールド ブレックファスト オールデイ)」の吉祥寺店は、海外にいるような感覚を味わいたい人におすすめのお店です。店内では定番(レギュラー)モーニングメニューと定期的に変わるモーニングメニューがあって、店名の通り、世界各国の朝ごはんを味わうことができます 

<公式HP>https://www.world-breakfast-allday.com/

世界の朝ごはんを提供しているお店ですが、営業しているのは午前中だけではないのでご安心を。また、朝ごはんだけではなく、サイドディッシュやデザート、ドリンク類も特集されている国のものが揃っているため、まるでその国に旅行した気分が味わえます。 

 

住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町2-4-2-102 

営業時間:07:00~20:00(月曜~日曜) 

 

 

憧れの海外を身近に感じて 

海外旅行好きにとって、思うように海外に飛び出せない状況はストレスのもと。そんなときこそ、日本に居ながらにして海外気分が味わえるカフェを利用してみてはいかがでしょうか? 異国情緒を感じられる店内で海外旅行の計画を練るもよし、外国語の勉強をするもよし。たくさんお気に入りのカフェを見つけて、気分転換にちょうど良いサードプレイスを見つけてくださいね。 

関連キーワード
  • 中国のコーヒー文化が変わる? コーヒー市場の現状と見通し
  • チョコレート以外にも色々ある!ユニークなバレンタインギフト5選
  • コーヒーに関するアンケートに答えてプレゼントをもらおう!
  • FENDIカフェが原宿に期間限定で復活!
  • 世界各国のちょっとめずらしいコーヒーの飲み方をご紹介

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう