風邪をひいたけど病院や薬局に行く時間もない……。

そんな状況のときには、コーヒーを飲むのがおすすめです。

 

コーヒーに含まれたカフェインが頭痛をおさえる・熱を下げる・代謝をあげるなどの作用があるため、風邪の症状をおさえてくれます。

 

コーヒーならすぐ手に入るため、急な風邪のときでもすぐに対処ができて安心ですよね。

今回はつらい風邪のときでも、役に立つコーヒーの効果についてご説明します。

 

cafe
これホント?コーヒーのカフェインが日本人には効かないはなし
2017.12.12
コーヒーを飲むとき、眠気覚ましの目的で飲む方もいるでしょう。 しかし、一説によると「日本人にはカフェインが効かない」というはなしを聞くこともちらほら。 覚醒効果を求めて飲んでも、カフェインが効かなかったら困りものですよね。 そこで今回は、この説が本当なのかおはなししていきます。 日本人はカフェインの...…
コーヒーカップとノート
コーヒーの効果を最大限に活かせる時間は?科学的な根拠から解説!
2018.11.7
朝、ベッドから起き上がったら、真っ先にコーヒーを淹れて飲む人もいらっしゃるのでは? 起き抜けのコーヒーは頭をスッキリさせるのに効果がある、と考えている人も少なくありません。 しかし、朝一番に飲むコーヒーは、実はカフェインの効果をもっとも得にくいことが科学的に証明されています。 パフォーマンスを...…

風邪になるとどんな症状が出るのか。

風邪は正式には「風邪症候群」とよばれる病気で、主に空気の通り道になる上気道の急性炎症を指しています。

風邪の原因のほとんどはウイルスの感染で、寒さやアレルギー・細菌が原因になる場合も。

 

季節によって症状に違いがあり、夏の風邪は高熱が出て脱水症状を起こしやすいので、こまめな水分補給が必要になります。

 

冬の風邪は鼻水、鼻づまりや咳が出る場合が多く、ウイルスも低温や乾燥を好むのです。

ウイルスが増えるのを防ぐために室温を20℃前後にし、湿度を60~70%に保つのがおすすめといえます。

コーヒーのカフェインが風邪に効く

コーヒーが風邪に効くといわれるのは、カフェインが体内に働きかけることにあります。

カフェインは頭痛をおさえる・利尿作用を促しウイルスを外に出す・熱を下げるなどの

効果をもたらします。

頭痛をおさえる

風邪の頭痛は、血管が広がり筋肉を圧迫するために起きるのです。

カフェインは解熱や、頭の痛みをおさえ血管を収縮する作用があるので、風邪で頭痛になりそうだと感じたときにコーヒーを飲むと、痛みをおさえてくれます。

利尿作用でウイルスを外に出す

風邪をひいているときは、体内にウイルスが増え続けています。

ウイルスの繁殖をおさえるには体の中にあるウイルスを外に出す必要がありますが、カフェインは利尿作用があるため、コーヒーを飲むことでウイルスを外に出してくれるのです。

発熱をおさえる

風邪のウイルスが体内で増え続けると、体はウイルスをやっつける準備をします。

この準備が、高熱を出す原因になっているのです。

 

カフェインの利尿作用でウイルスを外に出せば、体がウイルスの撃退行動をする必要がなくなり、発熱をおさえることができます。

代謝を上げて風邪の症状を軽くする

カフェインに覚醒作用があるのはよく知られていますが、この覚醒作用が交感神経を活発にさせるので、それによって血圧も上がり代謝も良くなるのです。
代謝があがると風邪の症状も和らぐので、治りも早くなるといわれています。

カフェインと薬を一緒に飲んではいけない。その理由は?

風邪薬とコーヒーを同時に飲むのはNGです。

風邪薬である総合感冒薬にはカフェインが含まれているため、コーヒーと風邪の薬をいっしょに飲むとカフェインが効き過ぎて体に負担がかかります。

 

コーヒーのカフェインと薬がお互いに働きかけて影響を与えるために、心臓がドキドキし、興奮して眠りを妨げる作用を引き起こすのです。

したがって、コーヒーと風邪薬をいっしょに飲むのは避けた方がいいでしょう。

 

すでにコーヒーを飲んでいたら4、5時間をおいて風邪薬を飲む

もし、風邪の薬の前にコーヒーを飲んでいたのなら、時間をあけてから風邪の薬を飲んだほうがよいでしょう。

カフェインは摂取した後、4~5時間は体の中に残ります。

 

個人差がありますが、コーヒーと風邪薬を飲むときは最低でも5~6時間経ってからコーヒーを飲んだ方が体に負担をかけないですみます。

 

コーヒーのカフェインと薬をうまく使い分ける

コーヒーのカフェインは風邪の症状をおさえてくれますが、コーヒーはあくまで飲み物で薬ではないので、風邪をひいたときは風邪薬を飲むのが一番。

 

風邪のひき始めや病院に行く時間がないときは、とりあえずの処置としてコーヒーを飲めば風邪の悪化を防げるのではないでしょうか。

 

コーヒーに含まれる成分は体にどんな影響を与えるのか?その効果について解説します!
2018.4.23
コーヒーが好きな方なら、コーヒー に含まれている成分について一度は考えたことがあるのではないでしょうか。 コーヒーに含まれている成分はおよそ10種類。 その中でもカフェイン・ポリフェノールなどの成分は、脳の活性化や肥満防止などに役立つと言われています。コーヒーに含まれているこれらの成分のおかげで...…
こんな症状に見舞われたら要注意!?コーヒーの飲みすぎによる症例一覧
2018.5.7
これまで『コーヒーを飲んで体調を崩してしまう』という記事をいくつか書いてきました。 大半の病因の1つとして考えられるのは『コーヒーの飲みすぎ』です。 これはコーヒーに含まれる成分が胃や腸、神経などを刺激してしまうことが発端となっています。 では、コーヒーの飲みすぎとは一体どのくらいの量を指すのでし...…

 

参照

大正製薬 パブロン

NEW ポストセブン

関連キーワード
  • ティーバッグ不要のゴールデンルール?美味しい紅茶を入れる方法とは
  • ワーキングママが目指す管理職~キャリアと夢~【占いライター執筆】
  • 【韓国のカフェ事情】ママライターがリサーチした日韓の共通点と相違点とは?
  • 優雅なティータイムを演出する紅茶
    12月15日【国際紅茶の日(International Tea Day)】は、紅茶生産者の現状を考える日。
  • 新生活って何が必要?家電必需品とプラスαで新たな日々を。
  • おうちカフェの朝ごはんで、心地よい1日を始めよう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事