これまで『コーヒーを飲んで体調を崩してしまう』という記事をいくつか書いてきました。

大半の病因の1つとして考えられるのは『コーヒーの飲みすぎ』です。

 

これはコーヒーに含まれる成分が胃や腸、神経などを刺激してしまうことが発端となっています。

では、コーヒーの飲みすぎとは一体どのくらいの量を指すのでしょうか?

 

また、コーヒーの飲みすぎによって発症する症状とはどのようなものなのでしょうか。

ここでは、コーヒーの飲みすぎによる健康被害について詳しく調べてみましたので解説していきます。

コーヒーの飲みすぎによって発症する可能性のある症状とは?

【胃痛】

コーヒーの飲みすぎによってよく見られる症状の1つに『胃痛』があります。

 

これはコーヒーに含まれる成分、カフェインやクロロゲン酸が胃酸の分泌を活発にしてしまうことが原因として考えられます。対処法としては、“コーヒーに多めのミルクを入れる”“水を飲んで胃酸を中和する”“空腹時にはコーヒーを飲まない”などが挙げられます。

 

胃もたれのときにコーヒーは控えるというのは本当?その解消法とは?

【吐き気】

コーヒーの飲みすぎは時として吐き気を引き起こす場合もあります。原因の1つとして考えられるのはやはり『カフェイン』。カフェインの作用として“覚醒作用”というものがあります。これは睡眠抑制の効果として有名ですよね。

 

この効果はカフェインが交感神経を刺激することによって起きると言われています。ただし、カフェインの過剰摂取により交感神経への刺激が強くなり過ぎると吐き気や頭痛といった症状を引き起こす恐れが出てくるのです。

 

コーヒーを飲んで吐き気がしたときの原因と対処法は?

【ニキビ・肌荒れ】

治りづらいニキビや肌荒れはコーヒーの飲みすぎが原因かもしれません。これはコーヒーに含まれるカフェインの『利尿作用』によるものかもしれません。利尿作用が強く働き、頻尿気味になるということは、肌の形成に必要なビタミンCやミネラルを過剰に排出してしまうということです。つまり、肌の形成に必要な栄養が不足してしまい、結果的に肌荒れやニキビの原因になってしまうのです。

 

また、カフェインは利尿作用とは別に『覚醒作用』が災いして肌荒れを起こしてしまう場合もあります。これは覚醒作用による睡眠不足で肌の新陳代謝を阻害してしまうことが原因だと考えられています。

 

コーヒーはニキビの原因になる?肌荒れしないコーヒーの飲み方とは

【動悸】

コーヒーの飲みすぎは動悸を引き起こす恐れがあります。これはカフェインの『強心作用』が関係していると考えられます。

 

人の体内にはアデノシンという物質があり、これは『心拍数を穏やかにする』という働きを持っています。しかし、大量のカフェインを摂取するとアデノシンの働きを抑制し『心拍数を早めてしまう(動悸)』ことがあります。

 

コーヒーを飲んだあとに動悸を感じたら要注意!その原因や対処方を解説します

【コーヒー中毒】

コーヒーに含まれるカフェインには中毒性があります。少量であれば様々な健康効果を得ることができますが、やはり飲みすぎは中毒症状を引き起こしてしまう恐れがあります。中毒症状は主に頭痛やイライラ、動悸、吐き気などが挙げられます。

 

ここまで『コーヒーの飲みすぎによる健康被害』を紹介してきましたが、この『飲みすぎ』というのはどこからが飲みすぎなのでしょうか?

 

コーヒーに含まれる成分は体にどんな影響を与えるのか?その効果について解説します!

1日のカフェイン摂取上限を体重によって変わるらしい

日本ではカフェインの1日当たりの摂取許容量を発表していません。

ですが、欧州食品安全機関(EFSA)が発表したデータを見てみると、人によってコーヒーは1日約3、4杯を目安にしなければならないことが分かります。

EFSAのデータを参考にすると【成人女性 体重50kg】が1日に摂取しても問題ないカフェイン量は285mgになります。

ドリップコーヒー1杯分(180ml)のカフェイン量は約80~100mgなので、1日のコーヒー摂取上限は3杯、4杯程度になります。図を見ても分かる通り、カフェインの摂取上限は体重によって変動します。自分の体重と照らし合わせコーヒーを飲む量を調節しましょう。

 

また、コーヒーの飲みすぎを防止できても、身近な飲み物にカフェインは含まれています。カフェインと言えばコーヒーを連想する人も多いかもしれませんが、コーヒーのカフェイン量を遥かに凌駕する飲み物があるので注意が必要です。次項ではカフェインを含有している飲み物を紹介していきます。

コーヒーのカフェイン量より多い身近な飲み物とは?

コンビニ、自動販売機などでも見掛けるエナジードリンクですが、そのカフェイン量はかなりのものです。

 

上記の図のエナジードリンクは日本国内でもかなりメジャーな商品ですが、一本(335ml)当たり142mgものカフェインを含んでいます。この量ですと1日2本が上限でしょう(成人 体重50~60kgを仮定)。

 

この他にも若芽を茶葉として使用した玉露は150ml当たりカフェインを180mgも含有しています。

 

コーヒーの飲みすぎ、カフェインの取りすぎに思い当たる人は上限以降、ノンカフェインコーヒーなどに切り替えたほうがいいかもしれません。

 

コーヒーを飲むとお腹が緩くなる!?下痢との関係性を調べてみました。

それでも僕がコーヒーを飲む理由

「絶対にコーヒーじゃなきゃいけないのか?」

ここ数日、コーヒーの飲みすぎによる症状についての記事を書きながら考えた。

 

僕はコーヒーを日に7、8杯飲む。

 

EFSAのデータに照らし合わせると明らかに飲みすぎだ。

もし、僕が健康を意識してコーヒーではなく違う飲み物を飲むとするのなら、なにを選ぶのであろうか。まったく思いつかない。

甘い飲み物は飽きてしまうし、水や炭酸水は味気ない。

改めてコーヒーは唯一無二の飲み物だということを思い知った。

 

だけど僕は「コーヒーを飲まなきゃ仕事ができない」というわけじゃない。なにも飲まなくても仕事をすることができる。コーヒーは口寂しさや筆が止まったときの間を埋めるためのアイテムとして考えている。

 

だからこそ重要なのだ。『飲まなくても平気』はイコール『いらない』とはならない。僕がコーヒーを飲むという行為はある種、道草のようなものでコーヒー通やコーヒーを飲まない人から見ればじつに不可解に映るかもしれない。

 

ただ、僕は道草をするくらいの余裕がほしい。その余裕はなぜだか無駄には思えないのだ。

 

【コーヒー効果は絶大!】飲むことで得られるメリット・デメリットとは?

関連キーワード
コーヒー, 知識の関連記事
  • コーヒー豆は生鮮食品!? 意外と知らないベストな飲み頃と保存方法とは
  • 酸味?コク?香り?コーヒー豆の種類について知る
  • コーヒーで動悸がおこる?その原因と対処法とは
  • 【はちみつコーヒーの作り方】はちみつコーヒーがもたらす効果や効能とは?
  • コーヒーはニキビの原因になる?肌荒れしないコーヒーの飲み方とは
  • 【アメリカンとの違い】コーヒーってなんでブレンドする必要があるの?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
カフェっ子リカちゃん
冷たい飲み物を頼む比率が、どんどんどんどん高くなってきた。 あ、そろそろ夏だ。 そんな瞬間に気づくのよね。 暑いのがひどく苦手だったこと...