私たちが普段の買い物で買い物をするとき、デパートやスーパーといった『小売店』が多いと思います。

なぜ、私たちは小売店から商品を購入するのでしょうか。

 

答えは簡単で【生産者から直接購入する手間が省ける】から……。コーヒーも同じことが言えるでしょう。

 

これを『取引数極小の原理』と言います。

つまり、コーヒー農園から直接コーヒー豆を購入してもいいのですが、近所にコーヒー農園がある人は、ほとんどいません。

 

だから私たちはカフェでコーヒーを飲んだり、コーヒーショップでコーヒー豆を購入しているのです。

 

ここでは、カフェやコーヒーショップが【小売店】ということになります。

 

では、小売店であるカフェなどはどこからコーヒー豆を購入しているのでしょうか?

コーヒーの流通経路は他の食品に比べると複雑に業者が関与しています。

ここではコーヒーの流通経路について解説していきます。

本当にややこしい! コーヒーの流通経路

 

一般的な食品の流通経路を図で表すと...

このような経路を辿ります。しかしコーヒーの流通経路を図で表すと...

このように数多くの業者が絡んでいることがほとんどです。

 

なぜ、コーヒーはこのような複雑な流通経路を辿るのでしょうか?

関連キーワード
コーヒー, 知識の関連記事
  • 世界1位のコーヒーを決める祭典『カップ・オブ・エクセレンス』その厳しい審査基準とは?
  • ホント?コーヒーのカフェインが炎症になるリスクを低くする。
  • coffee
    初心者でも簡単!おうちで美味しいコーヒーを淹れる秘密のコツ
  • 【コーヒーが広まった理由】コーヒーの深い歴史を掘り起こせるのか(2)
  • コーヒーを女性に例えると…? コーヒーメニューに想像力を働かせてみた件

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう