ベトナムコーヒー

僕の常識の範疇を超えた変わったコーヒーがあることを知ったのだがなんと世の中には卵を使ったコーヒーや透明のコーヒーが実在するのだ。

あるとき車の運転中、クラクションを鳴らすのは“バカヤロウ”と意思表示したいときだけであって、けっして“ありがとう”のときには鳴らさないと知人に指摘された。

 

少し前なら頭ごなしに否定していたのだが、最近、世界のコーヒーの種類や飲み方を知ったことで、自分の常識や想像力に自信を失くしていた僕は、無言でアクセルを踏みベトナムのエッグ・コーヒーのことを思い出したのを、きっかけに世界の珍しいコーヒーをご紹介したいと思う。

 

運転

ベトナムのエッグコーヒーは歴史が深い

“コーヒーの飲み方”は人によって様々だと思う。

 

何も入れないという人もいれば、ミルク、砂糖を入れる人もいる。クリームやキャラメルソースをトッピングする人も珍しくない。

 

では、“コーヒーに卵を入れる”人を見たことはあるだろうか。少なくとも僕の周りにそんな人はいないし、そもそも、「コーヒー+卵」なんて想定外の話だ。しかし、このエッグコーヒーが当然のように飲まれている国があるという。それがベトナムだ。

ベトナムではエッグコーヒーが1950年頃からカフェの定番メニューになっており、多くの国民が愛飲している。エッグコーヒーが誕生したのは、ベトナムに乳製品が不足した時代、代用品として卵黄が使用されたことが始まりだという。濃厚な甘さと苦味を同時に味わえると評判だが、そのレシピはどのようなものなのだろうか。

ベトナムコーヒー

エッグコーヒーは簡単に作れます

本場ベトナムのエッグコーヒーを味わうならベトナム産のコーヒー豆は欠かせない。ベトナム産のコーヒー豆は小粒で酸味が少なく、苦味が強いという特徴を持っている。この強い苦味も美味しいエッグコーヒーには必要不可欠なのだ。

 

~ベトナム・エッグ・コーヒー~

  1. 少し濃い目にコーヒーを抽出する。
  2. コーヒーを抽出中に別容器に卵黄1個、練乳、少量のバニラエッセンスを入れカスタード状になるまでかき混ぜる。
  3. 抽出したコーヒーの上に、2を乗せて完成

 

意外と簡単なので試してみてみるのもオススメだ。感想を聞かせて欲しい。

 

関連記事:【カフェの注文で困らない】世界のコーヒーアレンジを知ろう!

イギリス発「CLEAR COFFEE」とは?

イタリアではエスプレッソが定番だし、アメリカでは浅煎りのコーヒー豆を使ったさっぱり系のコーヒーが広く飲まれている。イギリスでもアメリカと同様にさっぱり系が人気なのだとか。

しかし、2017年イギリスでコーヒー業界を驚かす無色透明のコーヒー「CLEAR COFFEE」が発売されたのである。

 

製造方法は企業秘密となっているが、主にコーヒー豆と水、カフェインで作られており、人工的な添加物は一切使用していないとのこと。

 

飲んだ人によると、濃い水出しコーヒーに似た味わいがあるという。この商品はインパクトだけではなく、コーヒーによる歯の着色も防げると話題になっている。

 

現在、イギリス、アメリカのみでの販売となっているが、ぜひ一度飲んでみたいものである。

常識というモノに疲れた帰り道

まだまだ、変わったコーヒーは世界中に溢れている。しかし、この“変わっている”というのはあくまで僕の常識であって、その国の人にとっては普通の飲み方にすぎない。
僕の友人が唱える『クラクションは“バカヤロウ”という意味しか持たない』というのも、一つの常識なのかもしれない。

 

そう考えると、僕はこれまで幾たび、道を譲ってくれた善良な歩行者や対向車に“バカヤロウ”と笑顔で鳴らしていたのであろうか。やるせない気持ちを抱えたまま僕は友人を家まで送り、去り際にクラクションを鳴らしたのであった。

 

関連記事:夏にぴったりのど越しさわやか!コールドブリューの魅力とアレンジレシピ5選

関連キーワード
コーヒー, 知識の関連記事
  • コーヒードリッパーの選び方 ~ドリッパーの形と味の関係性とは~
  • ママライターが選ぶコーヒーカップ、オススメしたい5ブランドとは?
  • 【メニュー大全】あのコーヒーは、どんな種類? レシピも知りたい!
  • お菓子とコーヒー
    コーヒーとタンパク質の関係とは。ビーンズチョコが摂取のコツ!?
  • デカフェで注目!チコリコーヒーとは? 効能や作り方と飲み方
  • 【コーヒードリップの入れ方】ヒントは器具を変えること?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
カフェっ子リカちゃん
私の周りには結婚して、とても 「キレイになる人」と「超絶ブスになる人」の2パターンがいる。 この前、とても久しぶりに大学時代の友人たちと...