アラビア

北欧食器の魅力は、なんといってもそのデザインの秀逸さにあります。1873年にフィンランドで創業した「Arabia(アラビア)」は、まさに北欧食器を代表するテーブルウェアのブランドです。

 

本記事では、アラビアのシリーズをいくつか取り上げ、世界中にファンを持つアラビアの魅力に迫ります。

 

関連記事:日本で楽しめるフィンランドのカフェスポット3選【豊かな自然と森の国】

関連記事:【世界有数のコーヒー大国】フィンランド発・おすすめコーヒー5選

使うもよし、飾るもよし! 秀逸なアラビアの食器【ベーシック編】

実用的であるのはもちろん、目にも麗しいアラビアの器たち。アラビアには使えば使うほど馴染む良さがあり、北欧食器ならではのすばらしいデザインのシリーズがたくさんあります。

 

その中から代表的なシリーズをご紹介します。

食卓を素敵に彩る「パラティッシ」

パラティッシ

アラビアを代表するシリーズのパラティッシ。パラティッシとは、フィンランド語で楽園のことです。果物と植物モチーフが深みのある黄色や緑色、紫色や青色で描かれており、食卓の上に置くだけでその場がパッと明るく華やかな雰囲気になります。

 

また、シックなモノトーンのパラティッシも、お料理をさらにおいしく見せてくれます。アラビアの中でも非常に人気のあるこの傑作シリーズは、陶芸界の有名デザイナーのビルイエル・カイピアイネンによって誕生しました。

 

全キャラクター集めてしまいたくなる「ムーミン」

ムーミン

アラビアには、フィンランドの有名キャラクター「ムーミン」とコラボレーションしたシリーズも。1990年にはじまったこちらのシリーズは、ひとつ購入したらどんどん集めてしまいたくなる誘惑に駆られること必至です。

 

限定アイテムも多いので、コレクター魂に火がついてしまうかもしれませんね。

 

created by Rinker
ARABIA
¥6,900 (2019/11/14 09:09:52時点 Amazon調べ-詳細)

シンプルだからこそ汎用性が高い「24Hトゥオキオ」

トゥオキオ

どんなに素敵な食器でも、個性が強すぎると使用シーンを選ばざるを得ないことも。ですが、「24Hトゥオキオ」は、どんなシーンにも使える使い勝手の良いシリーズです。

 

ヘイッキ・オルボラのデザインには、シンプルなのに温かみを感じさせる不思議さがあります。

 

コレクター垂涎のアラビカの【ヴィンテージ・シリーズ】

アラビカのヴィンテージ

アラビアの初期の作品は、伝統的な手法による古き良きフィンランドを彷彿させるシリーズが多く、世界中にコレクターたちが存在するほど人気となっています。

 

代表的なアラビアのヴィンテージ・シリーズをご紹介します。

真っ赤なさくらんぼ模様が可愛い「キルシッカ」

キルシッカ

キルシッカとは、フィンランド語でさくらんぼのこと。70年代のレトロなデザインと赤と緑のはっきりした色調のコントラストが、なんとも愛らしい雰囲気を醸し出しています。アラビアでは、デコレートデザインとフォルムデザインを別々のデザイナーが手掛けることがめずらしくありません。

 

このキルシッカのシリーズも、ペテル・ウィンクヴィストによるデザイン、インケリ・レイヴォがフォルムを担当して誕生しました。

 

ほっこりした温かみが持ち味の「オッソ」

オッソ

フォルムからデザインに至るまで、ほっこりと温かみを感じさせるオッソ。オッソは、1948年から20年間アラビアのデザイナーとして活躍した、ウラ・プロコッペの手掛けたシリーズです。2002年にアラビアは絵付け部門を廃止しており、手彩色によるオッソシリーズなどはアラビアの中でも貴重な存在だといえるでしょう。

 

コーヒーカップやティーカップは厚みのある作りとなっているため、コーヒーや紅茶が冷めにくいというメリットも。耐熱性はもちろん、耐久性にも優れているので、ヴィンテージシリーズの中でも比較的状態の良いアイテムが見つかりやすいかもしれませんね。

手描きならではの味わいが魅力「アネモネ」

アネモネ

アネモネは、アラビアを代表するデザイナーのウラ・プロコッペの作品です。アネモネのシリーズは1962年から生産され、1976年に廃盤になりました。短い期間ではあるものの、80年代には復刻版が生産されます。

 

さわやかな藍色と白色が特徴的な美しい器は、日本の和食器にも通じるものが。アネモネは手彩色ならではの味わいがあり、同じシリーズでもアイテムごとに雰囲気が異なるのが魅力です。

 

繊細なフェミニンさが光る「ファエンツァ」

ファエンツァ

ファエンツァはキルシッカと同じデザイナー、ペテル・ウィンクヴィストによるシリーズです。落ち着いた色合いの小花柄模様が施された器たちは、シックな中にフェミニンさが見え隠れします。ファエンツァのシリーズは、ブラウンとブルーの小花柄、そしてブラックリムとイエローリムの4種類。1973年から1979年の間に生産されたファエンツァは、現在も高い人気を誇っているシリーズです。

 

特に、ブルーの小花柄のファエンツァは生産数そのものが少なかったため、入手困難なアイテムが多いといわれています。

 

フィンランドで長く愛され続けるアラビアの食器たち

マグカップ

アラビアの食器は、ぬくもりを感じさせるデザインとフォルムが魅力です。現在アラビアは、同じフィンランド発の「イッタラ」と同じグループに属する陶器ブランドとして生産を行っています。2016年にフィンランドにあった工場は閉鎖され、いまではルーマニアとタイに主な製造工場を置いているアラビア。生産される場所は変わってしまいましたが、これからも素敵なシリーズを生み出してくれることでしょう。

 

参照サイト:https://www.arabia.fi/

関連キーワード
  • 【ベトナム発】意外な組み合わせで注目?新感覚ドリンク・ヨーグルトコーヒーとは?
  • まるでお店?うちカフェで叶える最高のひと時。
  • うちカフェドリンク簡単レシピ!「~するだけ。」激ウマ映えです♡
  • 令和は「おうちかき氷」を楽しもう!簡単シロップレシピと氷をふわふわにするコツ
  • 【カフェモカがお家で味わえる!】簡単に美味しく作れる方法とは?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう