緑茶とコーヒーを混ぜて飲むドリンクが、ダイエットに効果的だと話題となっています。興味はあるけど緑茶とコーヒーの比率・材料の選び方・飲むタイミング……など、細かい点がよくわからないという方もいるかもしれません。

 

この記事では、緑茶コーヒーを美味しく飲むポイントや、効果的な材料の比率と選び方、飲むタイミングを中心に紹介をしてきます!

 

おうちで簡単に作れるので、みなさんもぜひ作ってみてください!

緑茶×コーヒーがなぜダイエットに良いのか

ダイエットのために、緑茶とコーヒーを混ぜて飲む必要性があるのか……と思う方もいるかもしれませんが、この2つを混ぜて飲むには理由があります。

 

緑茶とコーヒーには含まれている成分に違いがあるものの、直茶とコーヒーともにダイエット効果が見込まれる成分が含まれているんです。

 

まず、コーヒーには、クロロゲン酸というポリフェノールの1種が含まれています。もともとクロロゲン酸は、アンチエイジング効果があると言われていますが、脂肪燃焼効果も兼ね備えています。加えてカフェインは、褐色脂肪細胞の働きを活発にさせ、カロリーの消費をサポートしてくれます。

 

関連記事:脅威の効果!コーヒーに含まれるクロロゲン酸を解説します

関連記事:コーヒーダイエットは「クロロゲン酸と適度な運動」がキモになる

 

一方、緑茶には、小腸から糖の吸収をセーブするカテキンが含まれています。ほかにも脂質の代謝を促し、脂肪を燃えやすくする効果も見込まれます。

 

つまり、緑茶とコーヒーを混ぜることで、脂肪をより燃えやすくする飲み物へと変化していきます。

緑茶コーヒーの作り方と材料の選び方について

緑茶コーヒーの作り方は、緑茶とコーヒーを1:1で割るだけなので、作るのがとても簡単なドリンクです。しかも材料に関しても、緑茶のティーバッグとインスタントコーヒーがあれば簡単にできます。

 

もちろん、緑茶とコーヒーのペットボトル(※あくまでも無糖)をそれぞれ用意しても効果が見込めるので、普段から忙しい方も気軽に緑茶コーヒーをスタートできるでしょう。

 

ただし、コーヒーに含まれているクロロゲン酸は、じっくり焙煎をすると減少するので、クロロゲン酸を多めに含んだ浅煎りのコーヒーを選ぶようにしましょうね。

 

関連記事:深煎りと浅煎りの違いとは?焙煎度合による味の違いを知る

緑茶コーヒーを飲むベストなタイミング

ダイエットとして緑茶コーヒーを飲む場合、どのようなタイミングで飲めば効果を得やすいか知りたい方もいるでしょう。

 

緑茶コーヒーを飲むベストなタイミングは、脂肪燃焼効果が上がりやすい食前や運動前です。1杯あたりの飲む量は200㏄~250㏄が基本1日あたり3杯が目安となります。

 

夏場は冷たくして緑茶コーヒーを飲むのもありですが、「脂肪を燃やす=代謝アップ、痩せやすくする」観点でも基本的にホットで飲むのが望ましいでしょう。

 

また、作り置きも可能であり、先述の作り方と分量に従えば、保温の水筒に入れて外出するときに持参も可能です。

緑茶コーヒーのアレンジレシピ

緑茶コーヒーを飲み続けると飽きてしまうかもしれません。そこでおすすめしたいのが、「+α」の食材でマンネリ化防止をしていきましょう。

 

この項では、緑茶コーヒーのアレンジレシピをピックアップします。

朝におすすめ、緑茶コーヒー×ショウガ

朝、生姜を含むドリンクを飲むと、身体がパッと目覚めます。生姜は、身体を温める食材ということもあり、緑茶コーヒーのチョイ足しとして活躍。生姜は、パウダーでもおろしを使ってもOK。身体の代謝をアップさせる見込みがあるので、特に寒いシーズンの代謝アップにオススメです。

身体の脂肪燃焼をもっとアップしたいなら、緑茶コーヒー×シナモン

シナモンには、血流を促し血糖値を下げる働きがあるとされています。ただし、パウダーの状シナモンは、お湯に溶けにくい性質です。ホットでシナモン×緑茶コーヒーを飲むときは、飲みやすさのことを考えてシナモンを少量のお湯で溶かしてから緑茶コーヒーに混ぜましょう。

緑茶コーヒーダイエット習慣で理想のボディを目指そう

緑茶コーヒーは、食前や運動前に飲むと脂肪燃焼効果も得られ、ダイエット効果が見込めます。そして、緑茶コーヒーの材料もスーパーやコンビニで揃えられるので、お手軽にスタートできる自宅ダイエットです。

 

緑茶コーヒーの飲み心地は、コーヒーの苦さや酸味が減りながらも緑茶の風味がキープされ、あっさりした味わいなので続けやすいのもポイント。

 

簡単にスタートでき、味わいも良い、緑茶コーヒー。食前に飲む習慣をつけて、理想のボディを目指してみてはいかがでしょうか。

 

参考サイト

コーヒーで痩せる? そのダイエット効果は?|日経ビジネス電子版

緑茶とコーヒーで、「デブ医者」が「イケメン医師」に変身できた理由|日本実業出版社

関連キーワード
コーヒーの関連記事
  • cafe
    【コーヒーの基本マナー!?】カップに注いで飲むだけがコーヒーじゃない!
  • ラテアート
    ラテアートの種類と3つのコツ
  • コーヒー通販_比較ランキング
    コーヒー豆通販のおすすめ比較人気ランキング!コーヒーメディアが口コミ・価格・品質を徹底調査!
  • 【コーヒーと紅茶】カフェインの含有量の違いとは?よく聞く噂の真実を検証!
  • コーヒースプリームのコーヒー
    Coffee Supremeってどんなコーヒー?ニュージーランド生まれのコーヒーロースター!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう