ロスチャイルド

特別な食器をお探しなら、ヘレンド(Herend)の食器がおすすめです。ハンガリーが誇る名窯「ヘレンド」は、19世紀のヨーロッパの王侯貴族はもとより、現在に至るまで世界中の人々に愛されてきました。

 

本記事では、ヘレンドの歴史と代表的な食器シリーズをご紹介します。

 

関連記事:スウェーデン発【ロールストランド】温もりと気品をにじませる北欧食器をご紹介

関連記事:イギリスの食器ブランド「ミントン」の器で心弾むひと時を

ハンガリーの高級磁器「ヘレンド」の歴史

ハンガリー

陶磁器界の中でもハイブランドに位置づけされるヘレンド。しかし、ヘレンドの歴史は、ハンガリー郊外の小さな村からはじまりました。

ヘレンドのはじまり

1826年、ヘレンドはハンガリーの首都ブタペストから離れたところにあるヘレンド村に開窯されました。この村では、16世紀頃から陶器の製造が行われていたといいます。しかし、ヘレンドの経営者となったモリッツ・フィッシャーは、陶器に代わって磁器の製造を行うようになりました。イタリア・トリノの王に作品を献上した後には、ヘレンド特有の芸術性が認められるようになり、皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の庇護を受けるようになります。

ヴィクトリア女王のお眼鏡に適う

1851年に開催されたイギリス・ロンドン万博博覧会への出展により、ヘレンドは大きな転換期を迎えることになります。ヴィクトリア女王のお気に入りとなったヘレンドは、ウィンザー城専用の食器を作ることになりました。それ以降、世界中に熱烈なコレクターを持つようになったヘレンドは、アメリカの大富豪ロスチャイルド家御用達の食器ブランドに認定され、さらにその名声を高めました。

ヘレンドのおすすめシリーズ5選

アポニーグリーン

世界的な食器ブランドに成長したヘレンドは、創業から現在まで、手作業による作品作りを行ってきました。ここでは、気品溢れるだけでなく、クラフトマンシップがほとばしるヘレンドの食器たちの中でも、とくにおすすめのシリーズをご紹介します。

ヘレンドの出世作「ヴィクトリア」

created by Rinker
HEREND(ヘレンド)
¥39,710 (2021/04/14 00:46:17時点 Amazon調べ-詳細)

 

ヘレンドを代表するシリーズであるヴィクトリア。イギリスのヴィクトリア女王の目に留まり、世界の王侯貴族の間にヘレンドの名を広めることにひと役買ったのが、このヴィクトリアのシリーズです。ヘレンドはイギリス王室と縁深く、ダイアナ妃も大のヘレンドファンだったといいます。また、ウィリアム皇太子とキャサリン妃のご結婚の際に、ハンガリー共和国が贈り物として贈ったのもヴィクトリアでした。

ハプスブルク家伝統の「ウィーンのバラ」

 

白地に一輪のバラが描かれたウィーンのバラは、本来ハプスブルク家で使用されていた食器シリーズです。ところが、1864年にウィーンのバラを製造した磁器製造所が閉鎖してしまい、ハプスブルク家門外不出だったウィーンのバラが、ヘレンドに受け継がれることになりました。しばしばハンガリーに滞在し、後にオーストリアとハンガリー王国の皇妃となった絶世の美女エリザベートも、お気に入りのシリーズだったといわれています。

グリーンが映える「アポニーグリーン」

created by Rinker
HEREND(ヘレンド)
¥11,550 (2021/04/13 09:48:39時点 Amazon調べ-詳細)

 

ヘレンドの名作「インドの華」に似たアポニーグリーン。それもそのはず、アポニーグリーンはインドの華のパターンの簡略版だからです。1860年代後半のこと、ヘレンドにハンガリーのアポニー伯爵から、特別なパーティーのために食器を作って欲しいとの依頼が舞い込みました。あまりにも急な依頼だったため、ヘレンドはインドの華を模したパターンの食器を作ったそうです。その作品がアポニーグリーンと呼ばれるようになり、いまやヘレンドの人気定番シリーズとなっています。同モチーフのブルーバージョンは、アポニーブルーと呼ばれており、こちらも人気シリーズです。

清楚で可憐な「ミルフルール」

ヘレンド(Herend) 兼用カップ(コーヒー・ティー)&ソーサー(00730) ミルフルール(MF) 手描き 磁器 食器 [並行輸入品]
HEREND(ヘレンド)

 

ミルフルールとは、千の花という意味があります。その名の通り、ヘレンドのミルフルールは、白い磁器にピンクやブルーの小花が散らされた可憐なシリーズです。ヘレンドのペインターたちが、手作業で小花をひとつひとつ丁寧に描いていくため、同じアイテムはひとつとしてありません。ウィーンのバラ同様、ヨーロッパらしいデザインの食器は、ヘレンドの定番アイテムとして広く愛されています。

まるで美術品のような「シノワズリ」

 

東洋と西洋の融合から生まれたシノワズリは、繊細な絵付けと鮮やかな色彩が特徴です。ヘレンドのシノワズリは、中国磁器のパターンを真似たものではなく、独自に編み出した図案が用いられています。ヘレンドのシノワズリには、マンダリンと呼ばれる、中国・清朝の宦史を模した人形が付いていて遊び心いっぱいです。ヘレンドのシノワズリは、「中国の鳥」や「上海」、「西安の黒」や「西安の黄」などの有名シリーズがあります。

おわりに

すみれの花

ハンガリーを代表するヘレンドの食器は、上質でエレガントなものばかりです。大切な人への贈り物としてはもちろん、自分へのご褒美にもぴったりなアイテムが見つかるでしょう。優雅なティータイムやコーヒーブレイクを演出するにふさわしいヘレンドの食器で、素敵なおうち時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

関連記事:北欧食器「グスタフスベリ」のベストアイテムをご紹介【スウェーデン発】

関連記事:『リチャード・ジノリ』白さ輝くイタリアの食器ブランド【日常を素敵に彩る器たち】

 

参照サイトURL:herend公式サイト

関連キーワード
  • 【実験感覚で作れる?】インスタ映えするドリンクの作り方とポイント
  • コーヒーブレイク
    スウェーデン発【ロールストランド】温もりと気品をにじませる北欧食器をご紹介
  • 花モチーフ
    イギリスの食器ブランド「ミントン」の器で心弾むひと時を
  • ダブルトールと珈琲特急便1
    焙煎したて!豆のまま届く珈琲特急便『ダブルトールコラボ スペシャルブレンド』は、青空のように爽やかな一杯
  • おうちでのんびり。うちカフェランチ♡

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう