イタリアではミルキーなコーヒーは午前中にしか飲みません。

あなたのお気に入りのコーヒーは何でしょう? こだわりのブレンド、それともデザートのような甘いコーヒー?

 

コーヒーのバリエーションはどんどん広がっていますが、その基本は本場イタリアのコーヒーにあり! といえるでしょう。シンプルながらも奥深いイタリアンコーヒーの基本メニューについて、一緒に振り返ってみませんか。

イタリアンコーヒーの代表格、エスプレッソ

エスプレッソマシンで抽出中のワンショット

イタリアで「カッフェ(コーヒー)」といえばエスプレッソのこと。

 

深煎りの豆を粉状になるまで挽いた極細挽きのコーヒーパウダーを使い、短時間のうちに蒸気で圧力をかけて抽出します。圧力をかけることでコーヒーの成分が凝縮され、フィルターコーヒーよりも雑味が少なく、味わいも濃厚になります。

 

器にはエスプレッソカップやデミタスカップなど、ごく小さなカップを使い、数え方には「ショット」という単位を使います。分量としては、ワンショットあたり8g前後のコーヒーパウダーを使い、25cc程度のエスプレッソを抽出するのが標準的です。

 

上手に抽出できたエスプレッソの表面には、ヘーゼルナッツ色の泡の層が形成されます。これは「クレマ」と呼ばれ、エスプレッソの美味しさのサインです。

 

イタリアンコーヒーのベーシックなメニューは、エスプレッソの抽出方法を調整したり、ミルクを加えたりしたもの。美味しいエスプレッソこそ、世界に広がったコーヒー文化の原点と呼べるでしょう。

 

イタリア_エスプレッソ
【イタリアンの夫が愛用】直火式エスプレッソマシンが便利でおしゃれ!
2018.8.19
コーヒーに無知だった私が、興味本位でエスプレッソを注文して苦い思いをしたのは、ずいぶん昔の話です。コクの深過ぎるエスプレッソの良さがわからずに、もう飲むことはないだろう…と思っていたあの頃。ところが、私が結婚した相手は、エスプレッソをこよなく愛すイタリア人でした。   エスプレッソの香りはいつしか私...…

エスプレッソのバリエーション

表面にクレマが形成されたエスプレッソ基本のエスプレッソに加え、さらに3つのバリエーションをご紹介します。

 

コーヒーの成分は水に触れると同時に抽出が始まり、温度と時間によって成分内容や量が変化します。エスプレッソと同じ豆を使っても、抽出時間や水の量を変えることで、異なる味を楽しむことができますよ。

リストレット

エスプレッソを半分の量の水で抽出したのがリストレット。水の量が少ないので抽出時間もエスプレッソより短くなります。成分がエスプレッソよりさらに凝縮されているので、液体には粘度があり、味は苦みが少なめで力強く、濃厚です。

ルンゴ

リストレットとは反対に、エスプレッソを倍量程度の水で抽出したのがルンゴ。水の量が増えるのでエスプレッソよりマイルドになり、抽出時間も長くなります。

 

コーヒーは酸味成分がはじめに、苦み成分は後で出るため、抽出時間が長くなるルンゴは苦みをより楽しめます。カフェインも、水との接触時間が長くなると増えるので、シャキッとしたい時の一杯にいかがでしょう。

カフェ・アメリカーノ

アメリカーノとアメリカンコーヒーとは、名前は似ているものの、異なるコーヒーです。

 

アメリカンコーヒーは、浅煎りから中煎り程度の豆を、主にフィルターを使って淹れたコーヒーです。一方、カフェ・アメリカーノはエスプレッソにお湯を注いで作ります。フィルターコーヒー程度の濃さになりますが、エスプレッソの味を楽しめます。

 

【別名モーニングコーヒー】アメリカンコーヒーは本当に薄い?アメリカ―ノとの違いを知る
2018.2.27
カフェのメニューなどで、アメリカンコーヒーという名前を目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。 「名前は知っているけど似た名前のアメリカ―ノとの違いがよくわからない」とか、アメリカンコーヒーは単純に薄いコーヒーだと思っている方もいるはず。 はたして、ホントにアメリカンコーヒーは薄いコーヒ...…

ミルクベースのイタリアンコーヒー

ラテアートが施されたカプチーノミルクベースのイタリアンコーヒーは、エスプレッソとミルクを組み合わせたものが基本。ミルクを入れる順番や、スチームミルクやフォームミルクの割合によって違いが生まれます。エスプレッソの代わりにリストレットを使うと濃いめの味わいが楽しめます。

カプチーノ

エスプレッソに、よく泡立てたスチームミルクとフォームミルクを注いだのがカプチーノ。基本の割合はエスプレッソ、スチームミルク、フォームミルクが1:1:1。ラテアートを描いたり、ココアパウダーをふったりして、見た目も美味しくいただきましょう。

カフェ・ラッテ

ミルク(ラッテ)をエスプレッソに注いだものがカフェ・ラッテ。スチームミルクを使うのがイタリア流です。多めのミルクでよりマイルドにすれば、コーヒーが苦手な人にも飲みやすくなりますよ。

ラッテ・マキアート

カフェ・ラッテとは逆に、エスプレッソをミルクの後に加えるのがラッテ・マキアート。

 

マキアートという言葉のもとになっているイタリア語は「マッキア(macchia)」といい、「シミ」を意味します。ミルクにエスプレッソでシミをつけるイメージですね。ミルクは泡立てたものを使い、ふわふわのフォームミルクを上に乗せます。

 

ラッテ・マキアートはミルクとコーヒーの層が分かれているのが特徴です。この層は、比重のより大きなミルクを先に、比重の軽いエスプレッソを後から注ぐことでできるので、順番厳守です!

 

似た名前のコーヒーに「カフェ・マキアート」がありますが、これはエスプレッソに小さじ2杯くらいのフォームミルクでシミをつけたものなので、ミルクたっぷりのコーヒーをご希望の方はお間違えなきよう!

 

エスプレッソとドリップコーヒーの違いって?初心者向け徹底解説
2018.10.5
カフェでコーヒーを頼む際、皆さんは何を注文しますか? カフェラテをはじめとしたエスプレッソドリンクは、カフェの定番メニューとして認知されつつあります。また、コーヒーの風味をストレートに楽しめると再注目を集めるドリップコーヒーも大定番ですよね。 しかし、コーヒー初心者の中にはエスプレッソとドリップコー...…

パーフェクトなエスプレッソで美味しいアレンジを!

色んな種類のラテアート今回ご紹介したのはエスプレッソとミルクの基本的なメニューでしたが、お酒やスパイス、ホイップクリームなどを加える楽しみ方もあります。加えるものを工夫して、自分好みのアレンジメニューを作ることもできますね。

 

ストレートでもアレンジでも、美味しいエスプレッソがあってこそ。エスプレッソの淹れ方や風味にこだわって、イタリアンコーヒーをもっと豊かに味わいましょう!

 

【COFFEE 擬人化計画】あなたの好みのタイプは「どのコーヒー女子」ですか?
2018.6.27
今回は、コーヒーの種類を女性に例えると、だいたいこんなイメージになるのではないか? という面白ネタ。 さて、こんな内容の会話を耳にしたことはないだろうか。 ――彼女いるんですか? ――いや、いませんよ。 ――好みの女性のタイプは? ――そうですね……。 ……。 周期的にやってくるうんざりするこの質問...…
関連キーワード
コーヒーの関連記事
  • エスプレッソとドリップコーヒーの違いって?初心者向け徹底解説
  • 【コーヒーと精選方法】美味しさの密接な関係とは?
  • ベトナムの風景
    【あまーいコーヒー】ベトナム式コーヒーとは?おうちでおいしく淹れる方法
  • 【モカコーヒーとカフェモカ】の違いや特徴!これから役に立つ豆知識をご紹介
  • コーヒーの酸味ってなに? コーヒーに欠かせない味覚を感じよう!
  • 【コーヒーと僧侶の意外な歴史】コーヒーの深い歴史を掘り起こせるか(1)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事