カフェでコーヒーを頼む際、皆さんは何を注文しますか?

カフェラテをはじめとしたエスプレッソドリンクは、カフェの定番メニューとして認知されつつあります。また、コーヒーの風味をストレートに楽しめると再注目を集めるドリップコーヒーも大定番ですよね。

しかし、コーヒー初心者の中にはエスプレッソとドリップコーヒーの違いを知らない方も大勢いるのではないでしょうか?

今回はそんな人の為に、エスプレッソとドリップコーヒー、それぞれの種類や抽出方法についてわかりやすくお教えします。

ドリップコーヒーの特徴と抽出方法

ドリップ(drip)とは、「しずく、したたり」といった意味があります。

ドリップコーヒーは、コーヒーを砕いた粉を紙や金属メッシュのフィルターの上に乗せ、上からお湯を注いで濾(こ)すことによって抽出する方法の事を言います。日本では古くから楽しまれてきた抽出方法で、あとからアメリカ経由で浸透したエスプレッソよりも馴染み深いと言えるでしょう。

ドリップコーヒーの種類について

ドリップコーヒーを抽出する際に使用するフィルターには、主に紙製(ペーパーフィルター)と金属製、布(ネル)製があります。

 

ペーパーフィルターは透過率が低いため、豆の微粉がコーヒーに入り難く、透き通ってスッキリした口当たりのコーヒーを淹れることができます。

 

一方金属ドリッパーは、コーヒーの油分をペーパードリップのように吸着せず、抽出液に溶かすことができ、これによって豆本来の風味を引き出すことができると言われています。

 

また、日本の喫茶店文化にとって欠かせない存在のネルドリップは、ネル(フランネル、ネルシャツの生地)によって作られたフィルター。枠(わく)となるドリッパーを使用しないため、豆が全方向に膨らむことができることから美味しいコーヒーが入れられると考えられています。

 

ドリッパーを使用するよりもお湯の透過スピードが遅いこと、ペーパーフィルターよりも微粉が混ざりやすいことから、まろやかな味になりやすいと言われています。

エスプレッソの特徴と抽出方法

圧力のかかっていないお湯をコーヒー粉に落とすことによって抽出を行うドリップコーヒーに対し、エスプレッソは、高圧のお湯をドリップコーヒーよりも細かく粉砕したコーヒー粉に透過することで抽出を行います。

 

発祥はイタリア。1800年代にイギリス製品であるコーヒーの輸入がストップしたことにより、フランス領の国々ではコーヒーが不足しました。そこでイタリアのあるカフェが、苦肉の策として量を減らして抽出したのがエスプレッソのはじまりとされています。

 

濃厚な味わいで量の少ないエスプレッソは、イタリアから様々な国に伝播したことで多岐にわたるアレンジドリンクが生まれました。

 

日本でも人気の「カフェラテ」は、スチームした牛乳をエスプレッソに混ぜて飲みやすくしたもので、アメリカやオーストラリア、北欧で非常に人気がある代表的なエスプレッソドリンクです。

エスプレッソ抽出の種類とは?

通常、エスプレッソとはエスプレッソマシンで抽出した少量かつ濃厚なコーヒーの事を指します。高圧をかけ、新鮮な豆を使用して抽出したエスプレッソは、「クレマ」と呼ばれるクリーム状の泡が表面を覆うのが特徴です。

 

コーヒー豆をバリスタが自らセットする、半自動と呼ばれるエスプレッソマシンを使用する場合、豆の量やメッシュ、タンピング(フィルターに豆を詰めて押し固める作業)の強弱、抽出時間や湯温によって繊細に味の調整がなされるため、使用するマシンや器具、バリスタによって風味に個性が出ることも少なくありません。

 

また、エスプレッソマシンで抽出するほかに、直火式のエスプレッソマシン「マキネッタ(モカ)」で抽出するという方法があります。最下部のタンクに水を淹れ、直火で熱することによって蒸気がコーヒーを詰めたフィルターを透過、冷やされた蒸気が抽出液となり上部タンクに溜まるという構造。

 

イタリアでは家庭用のエスプレッソメーカーとして一般的に使用されており、一家に一台は古くから受け継いだマキネッタがあるそう。

 

エスプレッソを淹れてみたいけど、マシンを買うのはちょっと...という方は自宅のガスコンロで使用できるマキネッタは最適です。

まとめ:濃厚さと量の違い

いかがでしたでしょうか。

 

カフェなどで注文する際は、ドリップコーヒーはいつものコーヒー、エスプレッソは濃厚で量が少ないもの。という考え方で問題ないでしょう。

 

両者の違いが理解できれば、あなたの新しいコーヒーの楽しみ方が見つかるかもしれません。

関連キーワード
  • 【アメリカンとの違い】コーヒーってなんでブレンドする必要があるの?
  • coffee
    初心者でも簡単!おうちで美味しいコーヒーを淹れる秘密のコツ
  • ネタバレ『本・コーヒーが冷めないうちに』あらすじ&超辛口個人的感想・レビュー
  • デカフェで注目!チコリコーヒーとは? 効能や作り方と飲み方
  • blackivory
    コピルアクよりも高い?象の糞からできる最高級コーヒー「ブラックアイボリー」とは
  • コーヒーシュガー
    コーヒーにぴったりな自分好みの砂糖を探して

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事