カフェのメニューなどで、アメリカンコーヒーという名前を目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

「名前は知っているけど似た名前のアメリカ―ノとの違いがよくわからない」とか、アメリカンコーヒーは単純に薄いコーヒーだと思っている方もいるはず。

 

はたして、ホントにアメリカンコーヒーは薄いコーヒーのことを指すのか、アメリカーノとの違いはどこにあるのか?

 

今回は謎が多いアメリカンコーヒーについてご説明したいと思います。

アメリカンコーヒーとはなにか

アメリカンコーヒーとは、浅い焙煎で作ったコーヒーを指しています。

日本では、「アメリカンコーヒー=薄いコーヒー」と認識されているが、本来は浅煎りコーヒーという意味だったのです。


コーヒー豆は焙煎時間が長いとコクや苦味が出やすくなります。

焙煎が浅いコーヒーほど酸味が強くなりますが、コーヒーの色は薄く出るため、アメリカンコーヒーは薄いというイメージがついたのではないでしょうか。

 

また、昔は外国の方が喫茶店でコーヒーを頼むことが多く、利益なども考えた結果、コーヒーにお湯を足して出していたともいわれており、このようなことからもアメリカンコーヒーは薄いといわれるようになったとも考えられます。

 

ちなみに浅煎りコーヒーがアメリカで作られるようになったのには、とてもアメリカらしいエピソードがあります。

 

西部開拓時代のアメリカでは、コーヒー豆はとても高価なものでした。

コーヒー豆を長時間焙煎して目減りしてしまうのをを防ぐために、短い時間でできる浅煎りの方法が取られていたといわれています。

 

また、土地が広いアメリカではコーヒー豆の運搬に時間がかかります。

そのため、コーヒー豆の劣化も進んでしまうため、豆が劣化しても目立ちにくい浅煎りコーヒーが作られていたんだとか。

 

合理的な考えや広大な土地が関係しているところは、まさにアメリカならではの理由ではないでしょうか。

アメリカンコーヒーとアメリカ―ノの違い

日本ではアメリカンコーヒーという言葉が定着していますが、じつはアメリカで「アメリカンコーヒー」といっても通じません。

アメリカンコーヒーというのは和製英語であり、英語では「弱めのコーヒー(weak coffee)」と呼ばれています。

アメリカで似たような名前だとアメリカ―ノコーヒーというのがありますが、アメリカーノコーヒーはエスプレッソコーヒーをお湯で割り、ドリップコーヒーと同じくらいの濃さにしたものを指します。

 

アメリカーノはお湯で薄めたといえ、もとがエスプレッソなので風味も強くコーヒーオイルもたくさん含まれているので、しっかりとした味わいを楽しめます。

 

アメリカンコーヒーとアメリカーノは名前こそ似ているものの、作り方や味には大きな違いがあるのです。

アメリカンコーヒーの上手な作り方

アメリカンコーヒーをおうちカフェで作るには、いくつかのポイントがあります。


同じ浅煎りの豆で抽出してもアメリカの水と日本の水では性質が違うため、同じ味わいにはなりません。

アメリカの水は「硬水」、日本は「軟水」となっています。
硬水で作ったコーヒーは酸味や渋みが出にくく、苦味が強い味わいになりますが、日本の軟水で作ったコーヒーは酸味がありまろやかな味になります。

 

このように同じアメリカンコーヒーでも水によって味に違いが現れます。以下、日本の軟水で作るアメリカンコーヒーのポイントをあげてみました。

・コーヒ豆は浅煎りから中浅煎りにする
・豆の粗さは中粗挽きから粗挽き (苦味が出るのをおさえるため)
・お湯の量をいつもより1.2から1.3倍にする
・抽出速度をいつもより1.2から1.3倍にする(早く抽出すると香りを引き立たせる)


抽出に使うお湯の量は通常より多めですが、コーヒーをお湯で薄めていないため、味そのものが薄くなることはないのでしっかりした味が楽しめます。

 

日本の軟水に合ったアメリカンコーヒーを作るならこの方法がおすすめです。

アメリカンコーヒーとアメリカーノは作り方が違う 

アメリカンコーヒーとアメリカーノコーヒーは、作り方や味にも大きな違いがあります。

 

浅く焙煎した豆で作るのが日本のアメリカンコーヒーですが、エスプレッソをドリップコーヒーと同じくらいの濃さにしたのがアメリカ―ノです。

日本流の浅い焙煎で作ったコーヒーは、酸味や風味があり、まろやかでスッキリしています。別名モーニングコーヒーとも呼ばれ、おもに朝飲むのが向いているといえるのではないでしょうか。

関連キーワード
コーヒー, 知識の関連記事
  • woman
    付き合いたての『恋愛と焙煎したてのコーヒー』に共通した話
  • スターバックスの人気カスタム! 注目のブレべとは?
  • コーヒードリッパーはどれがオススメ? 人気の5種を比較してみました!
    コーヒードリッパーはどれがオススメ? 人気の5種を比較してみました!【前編】
  • コーヒー 手網焙煎のコツ アイキャッチ
    知らないと絶対損する「手網焙煎」のやり方とコツ。お手軽4STEPで自家焙煎にチャレンジ!
  • ホント?コーヒーのカフェインが炎症になるリスクを低くする。
  • カフェラテとカフェオレ
    知らなきゃ恥?今更聞けないカフェラテとカフェオレの違いとは?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
カフェっ子リカちゃん
この前、職場の先輩が習っているフラメンコの発表会を主人と見に行ってきたの。 もともと1人で観に行く予定だったんだけど、主人が「え、フラメン...