cafend エチオピア コーヒー 特徴 アイキャッチ

「一番好きなコーヒーの産地は?」

 

と聞かれたら、私は「エチアピアですかね。」と答えるでしょう。そしてそんなコーヒーファンは少なくありません。

 

誰もが名前は知っているけれど、どんな国かもわからない人が多いであろう、エチオピア。実はコーヒーの発祥地だと言われているほどコーヒーには縁がある国です。今回は世界のコーヒー産地を語るには欠かせないエチオピアとそのコーヒーの特徴と味ついてご紹介します。

コーヒー発祥の地 エチオピアコーヒーの歴史について


9世紀頃、ヤギ飼いの少年(ちなみに、カルディという名前だそう)が、コーヒーの実を食べて飛び跳ねるヤギを見つけました。試しにその実を茹でて修道院で飲んでみたものが最初のコーヒーであったという有名な伝説があります。

後にこの話は、レバノンに残る書物に記された逸話であり、発祥国も時期も不明であったのがヨーロッパに持ち込まれる際に脚色されてエチオピア発祥になったとの説が有力とされました。エチオピアの奥地では古くからコーヒーの果実を煮たものを飲用されており、それが諸国に伝播されたのでしょう。それほどにコーヒーの歴史と深い関わりがある国なのです。

 

エチオピアは2,000mもの高地に位置する平地を持つアフリカ東部の国。国土は日本の約3倍程度で、首都はアディスアベバ。アディスアベバにはアフリカ連合の本部があり、アフリカ諸国の外交中心地の一つともなっています。

 

コーヒーの生産が主な産業で、経常収入の60%もの割合を占めています。生産量は世界で第7位、アフリカでは1位。しかも生産量の半分は自国内で消費されるという正真正銘の「コーヒー大国」と言えます。

エチオピア産コーヒーの味と特徴

cafend エチオピア コーヒー 特徴

エチオピアのコーヒーには古くから「モカ」という呼び方があります。これは、海を挟んだイエメンにある「モカ港」が起源とされ、そこから輸出されるコーヒーにはエチオピア産が多量に混じっていたためと言われています。古くからヨーロッパからみたコーヒー生産国として有力だった名残かもしれません。

 

前述の通り、エチオピア国内でもコーヒーの消費が非常に多いことが非常に特徴的。奥地では今でも、祭事に「コーヒーセレモニー」と呼ばれるコーヒーの回し飲みが行われるそうです。産業としてだけでなく、文化としてコーヒーとの結びつきが強い事が見て取れます。

エチオピア 「イルガチェフェ」とは?


エチオピアは、東部の「ハラー」や南部の「シダモ」という地区で生産されるコーヒーが有名です。特にシダモ地方のイルガチェフェ(イルガチェフ)村のものは、日本国内でもブランド豆として見かける事が多いでしょう。イルガチェフェのコーヒーは、ベリーやワインのような香り、花の香りなどと評される非常に複雑でユニークな風味を持ち、世界のどの地方のコーヒーとも違う華やかさを持っています。

 

エチオピアでは、小規模な農家が地域で集まってコーヒー豆への加工をする事が一般的です。シングルオリジンの銘柄名が村名や地域名になるのはそのためで、イルガチェフェ村の農家が集めたコーヒー豆は「イルガチェフェ」の名前がつくのです。

ナチュラル方式によって作られる「モカ香」とは

エチオピアでは古くからナチュラル方式での精製が多く、「アフリカンベッド」という藁を敷いた乾燥棚の上にコーヒーチェリーを広げ、天日干しをするのが伝統的。このナチュラル方式によって作られるエチオピア豆には「モカ香」と呼ばれる独特の風味があるとされており、エチオピアコーヒーのファンの多さを裏付ける一因にもなっています。ワインのような風味や少しの発酵臭は癖になる味わいで、同じアフリカンベッドを用いるブラジル産のコーヒーとも異なる風味が魅力的です。

 

近年ではシダモ地域をはじめに、ウォッシュド(水洗式)を採用する農家も出てきました。ナチュラルのモカ香とは異なるマスカットやピーチ・柑橘・花の香りがほのかにするコーヒーは絶品です。ただし流通量は多くないので、見つけた際はお試しあれ。

エチオピアコーヒー 品種の不思議

コーヒーの品種(ティピカ、ブルボンなど)は、風味キャラクターの判断にしばしば用いられますが、エチオピアのコーヒーではこれは通用しません。エチオピアのコーヒー農地の多くは自然林であり、つまり原種。古くから交雑が組み合わされた多種類の品種が混ざっているため特定し難いのです。世界のコーヒー農家が、コーヒーの品種や精製方法などにシステマティックな構造を採用する中、エチオピアがトップに居続けられるのはこんな奥深さやユニークさを持っているためなのかもしれません。

 

ちなみに、あのパナマの「ゲイシャ」もエチオピアのコーヒー原生林から発見されたものだそう。生産性の低いこの品種を試しに植えたのがそのまま放置され、ある時その豆を再評価したところ、一躍世界一ロットになってしまったのです。

 

もしかしたらエチオピアには、まだまだそんな宝物がまだたくさんあるのかもしれません。

エチオピア産コーヒーまとめ 〜世界有数のコーヒー大国は謎でいっぱい〜

cafend エチオピア コーヒー 特徴

エチオピアのコーヒーは、世界のコーヒーファンが注目するほど豊かなカッピングプロファイルがあります。にも関わらず、品種の不確定さやシステム化されていない体制など、ひときわ「奥深い」存在であると言えるでしょう。

 

COE(カップオブエクセレンス)への加入もしていないことから、受賞豆などよりも価格は安いことが多いです。お手頃なのに世界最高峰のコーヒーが飲めてしまう。それもエチオピアの魅力です。最近ではエチオピアンコーヒーの専門店も話題になるほど注目の存在でもあります。

 

ぜひ次のコーヒーを選ぶ時は、ジャスミンの香りやナチュラルのワイン香を楽しめる、エチオピアのコーヒーを飲んでみましょう。

関連キーワード
  • 簡単アレンジ自在!コーヒー酒の作り方とその楽しみ方
  • コーヒーを飲むとお腹が緩くなる!?下痢との関係性を調べてみました。
  • 僕のオノマトペ、美味しいアイスコーヒーのオノマトペ
  • 楽しさ膨らむ!スターバックスのおすすめの定番無料カスタム5例
  • coffee
    アウトドアでコーヒーを楽しむための3つのコツ
  • 【メニュー大全】あのコーヒーは、どんな種類? レシピも知りたい!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
カフェっ子リカちゃん
さすがに朝と夜は冷え込みが厳しくなってきたわね。 でも意外と、冬の東京も嫌いじゃない。 他の季節ならまず見えない星がいくつも見えたり、どこま...