株式会社リバーズ(本社:東京都世田谷区駒沢、代表取締役:足利修一)は、ジェリー鵜飼氏とコラボレーションした2アイテム全20品目を2020年1月23日から、全国のお取扱店・リバーズオンラインストアにて発売しています。

 

ジェリー鵜飼氏は、人気イラストレーターでありながら、様々な分野で活躍されている注目の人物です。

愛らしく、親しみやすいオリジナルアートワークがポイント

きっかけは、アウトドアイベントでの出会いとのこと。リバーズからの熱烈なラブコールに応えるかたちで、今回のコラボレーションが実現しています。今回のためにジェリー鵜飼氏が描き下ろしたアートワークは、2種類。

 

ジェリー鵜飼氏の代表作『ジェリーマルケス』は、人気キャラクターにリバーズマグを持たせたスペシャルグラフィック。もう一つは、どこか懐かしいアメリカ漫画を彷彿とさせるタッチが印象的な『リバーズボーイ』です。

 

この愛らしく、親しみやすいアートワークをリバーズのアウトドアフィールドの人気アイテムとマッチさせたのが、今回のコラボレーション企画。

 

「アウトドアライフをさらに楽しく!」という熱いパッションを持つジェリー鵜飼氏とリバーズの願いをクロスオーバーさせることが実現しました。

 

ウォールマグスリーク JM & JRモデル

リバーズの定番アイテムである「ウォールマグスリーク」をご紹介。テイクアウトのペーパーカップをモチーフに、二重構造や機密性の高い蓋を採用した、人気の樹脂製タンブラーです。今回は、両グラフィックをプリントした、計10品目が用意されています。

 

 

■商品名:ウォールマグスリークJM(ジェリーマルケス)/ウォールマグスリークJR(ジェリーリバーズ)

■重量: 300ml

■サイズ:(商品)W90mm × D90mm × H130mm( パッケージ)W95mm × D95mm × H140mm

■カラー:ホワイト、マスタード、オリーブ、レドグレー、ブラック

■価格:¥1,500(税抜)

 

バキュームフラスクスタウト JM&JRモデル

昨年9月に発売されたばかりの「バキュームフラスク スタウト」は、ワイルドな外観と優しいアースカラーのラインアップが印象的な、真空魔法瓶型水筒。

 

家族や仲間とのドリンクシェアにおすすめの大容量1000mlには「ジェリーマルケス」、スリムシェイプでバックパックのサイドホルダーにもフィットする700mlには、「リバーズボーイ」を採用しています。

 

■商品名:バキュームフラスク スタウト1000 JM( ジェリーマルケス)

■重量: 1000ml

■サイズ:(商品)W113mm × D88mm × H270mm( パッケージ)W95mm × D95mm × H280mm

■カラー:ホワイト、シルバー、ベージュ、カーキ、ブラック

■価格:¥3,300(税抜)

 

■商品名:バキュームフラスク スタウト700 JR( ジェリーリバーズ)

■重量: 700ml

■サイズ:(商品)W100mm × D74mm × H265mm( パッケージ)W85mm × D83mm × H275mm

■カラー:ホワイト、シルバー、ベージュ、カーキ、ブラック

■価格:¥2,900(税抜)

 

ジェリー鵜飼

独特なタッチのイラストでファンを魅了するイラストレーター。スタイリスト石川顕氏、デザイナー神山隆二氏とのユニット『ULTRA HEAVY』やクリエイティブ集団『VALLICANS』では、アートディレクターとしても活動。

 

雑誌GO OUTでの人気連載『SOTOKEN』執筆を始め、近年では小説を上梓するなど著述家としての一面も持つ。

ファッション、ミュージック、アウトドアと多方面の第一線で活躍する中、インスタグラムで垣間見せる、父の姿も新鮮。

 

 

■株式会社リバーズ(英文RIVERS CO.,LTD)

リバーズは「ドリンクウェア」にフォーカスしたプロダクトを展開する日本のブランドです。世界的に盛り上がりを見せるコーヒーシーンやアウトドアアクティビティに向けた製品をはじめ、普段使いに欠かせないベーシックなマグやカップといったデイリープロダクトなど、使うごとに心地良さを感じられる道具を生み出しています。削ぎ落とされたミニマルデザインでありつつも機能満載という意外性が魅力の製品は、キャンパーやコーヒーギークを中心としたユーザーに広がっています。

 

■オンラインショップ

 

関連キーワード
ニュース, 商品紹介の関連記事
  • Makuake挑戦中!全米バリスタ王者が公認!極上のポータブルエスプレッソメーカーなら自宅でバリスタ体験できる!
  • 【春風】coffee street 2017 イベント・レポート
  • スマートコーヒーメーカーGINA
    スマホ連動で完璧なコーヒー抽出ができる、IoT時代のスマートコーヒーメーカー『GINA』
  • 18店舗飲み比べ『YOKOHAMA COFFEE FESTIVAL』 10月20日(日)に横浜公園(横浜スタジアム前)で開催決定!
  • 『ダブルトール ラテアート チャンピオンシップ 2020』が豪華な審査員を招いて1月25日に開催決定!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう