cafepass

カフェにはどんな目的で行きますか? コーヒーを楽しむとは別に、待ち合わせや打ち合わせ、女子会や読書などを目的に、カフェに訪れる人も多いかと思います。カフェでスマホを使用したりPC作業をする人は、Wi-Fiや電源(コンセントプラグ)の設置の有無を事前に知りたいですよね。

 

そこで紹介したいのが「CAFE PASS」というサイトです。ここではCAFE PASSの操作方法、感想などを紹介します。目的や用途、シーン別にカフェを探したい!そんな方に使ってほしいサイトです。

大手検索エンジンより便利?「CAFE PASS」のカフェ検索機能

Wi-Fiや電源の設置があるカフェを大手検索エンジンで探すと、かなりの数のカフェがヒットしてしまい、逆に混乱してしまった経験はありませんか?

 

CAFE PASSでは、「デート」「女子会」「PC作業・仕事」「打ち合わせ」「勉強や読書」「お一人様」と、シーン別にカフェを検索することが可能です。そして、その横に地域を入力して検索完了です。営業時間や住所はもちろん、カフェの特徴や雰囲気が分かる画像、平均予算、テーブル数まで掲載されています。

 

女子会やデートなどでカフェを利用する場合は、フードメニューやスイーツの充実度も気になるところ! CAFE PASSでは前項で紹介したシーン別検索をさらに自分好みに検索することも可能です。カテゴリは「シーン」「ドリンク」「フード」「シート(テーブル)」など(30カテゴリ以上!)かなり細かく検索できます。

 

プライベートでも、オフィシャルなシーンでもあなた好みのカフェが見つかるはずです。

実際に「CAFE PASS」使ってみた感想と改善点

僕は気分を変えるためカフェで原稿を書くことがあります。PCを使うのでやはり電源プラグの有無が僕にとってカフェを選ぶ基準になるのですが、意外と電源もWi-Fiも設置していないカフェが多いんです。「雰囲気は良いのに、電源が無いんだぁ」そんな経験がこれまで何度もあったので、CAFE PASSのようなサイトがあるのはとても嬉しいことです。

 

前項で紹介したように、CAFE PASSはWi-Fiや電源の設置、店内の雰囲気なども画像付きで掲載してあるので、わざわざカフェのスタッフさんに尋ねたり、電源なしで瀬戸際のPC業務をする心配はありません。

 

先述しましたが大手検索エンジンに比べ、CAFE PASSが優れている点は、“カフェ”という限定したジャンルで、地域別にピンポイント検索できるところではないでしょうか。

 

気になった点は、東京23区に情報が集中しすぎており、地方の掲載情報がやや少ないという印象を受けました(愛知、神奈川などは多いかも)。また、店内の写真はすごく良いのに、コーヒーメニューやフードの写真がやや少ないという印象。この先、お店の情報がさらに増えることに期待しています。

 

便利な「CAFE PASS」の今後。掲載店舗も募集中!

検索エンジンは成長すればするほど精度が落ちるような気がする。某大手検索エンジンに【カフェ 渋谷 Wi-Fi】と入力すると「旦那ぁ!とりあえず、気になるヤツは全員捕獲しました。へへへッ」と、魔女狩りよろしくと言わんばかり……3350000件もの情報を提供してきたではないか。

 

僕のように運も勘も悪い男がこの件数から自分好みのカフェを見つけることは、まず不可能だろう。なので、カフェに行くときはまったく下調べをしない。もちろん、それが仇となり銀座で2500円のコーヒーを飲まされたり、猫カフェでもないのに猫を放し飼いにしている喫茶店に入ってしまったりと、散々な目に合わされている。

 

現在(2018年1月)、CAFE PASSで【渋谷】と検索すると該当数は30件ほどなので、僕にはこれくらいがちょうどいい。だけど、CAFE PASSでは掲載店舗を随時募集しており、使い勝手の良さから、どんどん新規店舗を増やしていくのだと思う。

 

ただ、それは、好きだった無名のアーティストがどんどんメジャーになっていく寂しさに少し似ているような複雑な気持ちだ。

関連キーワード
  • ガーデンセンター
    ガーデンセンターでのカフェタイムがおしゃれ!【ニュージーランド】
  • 【渋谷でモーニング】朝ごはんが美味しいカフェ【おすすめ朝食10店】
  • 感動のラテアート!飲むのが惜しくなるカフェラテが有名な東京のカフェ7店
  • ひつじしょーん
    インスタ映え♡ 今チェックしたい人気のコラボカフェ7選
  • ママ会まとめのイメージ
    都内でママ会を開きたい人に教えたい!子連れ歓迎のカフェ5選
  • 渋谷で子連れにオススメ!見どころ満載なオシャレなカフェ7店

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事