近年、スペシャルティコーヒーを気軽に楽しめる器具として使用されることが増えている「フレンチプレス」をご存知でしょうか?「コーヒープレス」「プランジャー」とも呼ばれることもありますよね。

 

カフェなどでも使われているこのフレンチプレスですが、実は誰でも美味しいコーヒーが淹れられるというとても大きなメリットがあるのです。フレンチプレスは紅茶でも使用されることも多く、お家でこだわりのドリンクを淹れる人にとっては必需品になりつつあるかもしれません。

 

今回は、比較されることの多いペーパードリップとフレンチプレスの違いについて触れ、フレンチプレスについても掘り下げていきます。フレンチプレスでコーヒーを淹れたことのない方は必見!淹れ方についてもご説明してきます!

 

関連記事:スペシャルティコーヒーでこそ試したい!フレンチプレスのおいしい淹れ方

フレンチプレスに合うおすすめのコーヒー豆とは

フレンチプレスでコーヒーを淹れるのであれば、「新鮮なコーヒー豆であること」が必須の条件です。フレンチプレスのコーヒー抽出方法では、豆そのものの味が出やすいからです。どんなコーヒー豆でも美味しく淹れられるというわけではないので注意が必要です。

 

ここでいう新鮮なコーヒー豆というのは、なるべく挽きたての豆を使うということです。できるだけフレンチプレスでコーヒーを淹れる直前に豆を挽くようにするとよいでしょう。また、豆を挽く際には、細かく挽きすぎるとうまく濾すことができないので、中挽きもしくは粗挽きにすると美味しく淹れることができます。

フレンチプレスコーヒーの淹れ方とは?アウトドアでも役立つ!

フレンチプレスコーヒーの淹れ方
フレンチプレスは、円筒状の容器と軸のついた金属製フィルターで構成された抽出器具。コーヒーの粉と抽出液を分離できるよう、フィルターは上下にスライドさせることができます。

 

「コーヒープレス」「プランジャー」などと呼ばれることもありますが、日本では「フレンチプレス」と呼称されるのが一般的。

 

コーヒーの淹れ方としては非常にシンプルで、少し粗めに挽いたコーヒー豆を入れてお湯を注ぎ、一定時間が経ったらフィルターを手で押し下げることで豆を分離します。あとはカップに注ぐだけで出来上がりです。

 

フレンチプレス1つあればコーヒーを淹れられるので、アウトドアでの使用にも便利です。金属フィルターという特性上、細かな粉がコーヒーに混ざりやすく、まろやかな口当たりになりやすいとされています。微粉が気になる方は、ドリップ用のペーパーフィルターで濾過してからカップに注ぐことで澄んだコーヒーを楽しむことができます。

 

フレンチプレスとペーパードリップの違い

フレンチプレスとペーパードリップの一番の大きな違いは、そのそれぞれの抽出方法にあります。フレンチプレスは「浸漬方(しんしほう)」、ペーパードリップは「透過法(とうかほう)」という抽出方法で、味も大きく異なります。

 

フレンチプレスは、ペーパードリップでは抽出することができない、「コーヒーの油脂成分まできっちり溶かすことができること」「抽出による味のブレがないこと」から、コーヒーの美味しさを判断するのには最適な方法です。

フレンチプレスは「浸漬法」で美味しいコーヒーが

前述の通り、フレンチプレスは簡単にコーヒーを淹れることができます。しかし簡単なだけが取り柄ではなく、実はフレンチプレスを使うことで誰でも美味しいコーヒーを入れることができることこそが最大の特徴なのです。

 

フレンチプレスはコーヒー豆とお湯を淹れて待つだけなので、分量と時間だけ合わせればブレのない、美味しいコーヒーを淹れることができます。

 

フレンチプレスでの抽出は、コーヒー豆をお湯に浸すことで成分を溶け出させる「浸漬方」という種類です。これは品評会などで豆の品質を判断する「カッピング」で使われる方法とほぼ同じで、豆の風味をもっともストレートに引き出すことができる方法とされています。

ペーパードリップは「透過法」でコーヒーを抽出

フレンチプレスの抽出方法に対し、ペーパードリップの抽出はコーヒーにお湯を注いで透過させる「透過法」という種類です。ペーパードリップでコーヒーを淹れる場合、注ぎ方やスピードによって味は大きく変わってしまうため、「美味しく淹れられるのであれば、美味しいコーヒーができる」といわれているほど。やや初心者には難易度の高い淹れ方であることは間違いありません。

 

フレンチプレスは自宅で淹れるコーヒーに最適

フレンチプレスでの抽出は本当に簡単なので、普段コーヒーマシンを使用している人や、自宅コーヒーデビューをしようとしている人にもおすすめです。

 

お客さんに提供するコーヒーの品質を一定にするため」と取り入れるカフェもありますが、それほどにフレンチプレスは便利で優れた抽出器具なのです。

 

もちろんペーパードリップでも美味しいコーヒーを淹れることはできます。ただ、ペーパードリップで美味しいコーヒーを淹れるには、それなりの知識や技術が必要になります。その知識や技術がほぼ不要で美味しいコーヒーを淹れることができるのが、フレンチプレスなのです。

 

見た目も"ツウ"っぽいので、インテリアにもイイでしょう!

 

あなたもフレンチプレスでコーヒー通への一歩を、踏み出してみてはいかが?

関連キーワード
コーヒー, 知識の関連記事
  • 意外や意外のくり返し!日本のカフェの歴史とは
  • コーヒーの銘柄とは?【国・農場・グレード】それぞれの特徴と初心者向け解説
  • 人気のオーガニックコーヒーは美味しい?…の味と真実【環境への配慮】
  • イタリアではミルキーなコーヒーは午前中にしか飲みません。
    コーヒーの原点、イタリアンコーヒーのベーシックメニュー
  • 【カフェの注文で困らない】世界のコーヒーアレンジを知ろう!
  • ミルとグラインダーの違いはあるの?コーヒー豆を自宅で挽く前に知っておこう

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事