コーヒーが大好きな人であれば、たとえ朝の支度に追われていたとしても、ひと口ぐらいコーヒーを飲んでから家を出発しよう思うかもしれません。しかし、朝食をコーヒーだけで済ませてしまっては栄養バランスが崩れて、体調不良を招く可能性があります。

 

そこで今回は、ヘルシーかつ忙しい日の朝食にぴったりな「コーヒースムージー」のおすすめレシピをご紹介します。

 

関連記事:【こんなアレンジも美味しいの!?】コーヒーにちょい足ししたいおすすめ食材10選

関連記事:コーヒーベースのアレンジレシピ3選!自家製コーヒーベースの作り方も紹介します!

アレンジ無限大? おすすめのコーヒースムージーとレシピ

スムージーと聞くと、どうしても野菜と果物に牛乳や豆乳等を組み合わせるイメージがあるかもしれません。ですが、組み合わせの相性はあるものの基本的にスムージーはアレンジが効くドリンクですから、コーヒーを混ぜてもおいしくなります。ここでは、コーヒースムージーのおすすめと1人分のレシピをいくつかご紹介します。

たんぱく質の補給に「コーヒー豆乳スムージー」

毎回の食事にたんぱく質が足りないと感じているなら、コーヒー豆乳スムージーがおすすめです。コーヒー豆乳スムージーを作るときには、プレーンヨーグルト(100g)に豆乳(50ml)とインスタントコーヒー(小さじ2杯ほど)を混ぜて、お好みでハチミツを加えましょう。高たんぱく質低カロリーのコーヒー豆乳スムージーは、お腹持ちが良いのでダイエットしている人や筋トレ中の人に最適ですよ。

 

関連記事:肉体改造にはコーヒーが必須アイテム!?筋トレとコーヒーの深い関係とは?

胃に優しい「コーヒーバナナスムージー」

バナナは消化しやすく、エネルギーの代謝をサポートしてくれるビタミンB群や余分な塩分を体外に排出し、血圧上昇を抑える働きを持つカリウムなどが含まれています。バナナは胃に優しいので、コーヒーバナナスムージーはあまり食欲のない日の朝食にもおすすめです。牛乳(100ml)にアイスコーヒー(80ml)とバナナ(1本)、さらにコンデンスミルク(20g)を加えて混ぜればコーヒーバナナスムージーの完成です。

デザートのような「ピーナッツバター・エスプレッソスムージー」

お腹持ちの良いスムージーをお探しなら、ピーナッツバター・エスプレッソスムージーはいかがでしょうか? ピーナッツバター・エスプレッソスムージーを作るには、牛乳(100ml)にエスプレッソパウダー(小さじ2杯)とピーナッツバター(50ml)、バナナ(1本)とメイプルシロップ(小さじ1杯)を入れて混ぜます。冷たいスムージーが飲みたいのであれば、ほかの材料と一緒に氷を5個ほど入れると良いでしょう。

気合を入れたいなら「コーヒーオートミールスムージー」

栄養価の高いオートミールには腸内環境を整える食物繊維のほか、エネルギーを生み出す糖質が含まれているので、コーヒーオートミールスムージーは仕事や勉強をがんばりたい日におすすめです。牛乳(120ml)にコーヒー(120ml)を加え、バナナ(1本)とオートミール(25g)を入れて混ぜます。バナナの甘さだけでは物足りないなら、メイプルシロップかハチミツをお好みで加えてみましょう。

アンチエイジングに「ラズベリーコーヒースムージー」

美容に良いスムージーをお探しなら、ビタミンCやポリフェノールを含んだラズベリーコーヒースムージーはいかがでしょうか? ココナッツミルク(100ml)にコーヒー(80ml)を入れ、バナナ(1本)とメープルシロップ(50ml)を加え、ラズベリー(半カップ)を混ぜます。生のラズベリーが手に入らなければ、冷凍ラズベリーを使うことができるでしょう。

女性におすすめの「コーヒーアボカドスムージー」

食べる美容液と呼ばれるアボカドが入ったコーヒーアボカドスムージーは、女性には嬉しいドリンクなのではないでしょうか。コーヒーアボカドスムージーを作るには、皮をむき種を取り除いたアボカド(1個分)とアイスコーヒー(200ml)、コンデンスミルク(50ml)を混ぜます。よく熟れたアボカドを使えば、まろやかな口当たりで飲みやすいスムージーになりますよ。

 

関連記事:美容にいいって本当!?栄養たっぷりのアボカドコーヒーでコーヒーブレイクはいかが?

スムージーを朝食代わりにする3つのメリット

朝食にスムージーを飲むことには、どんなメリットがあるのでしょうか?

朝食抜きの日が減る

朝食の準備をするヒマもないほど忙しい日には、「もう朝食抜きでも構わない! 」と家を飛び出してしまうかもしれません。でも、朝食を摂る習慣がある人にとって朝食抜きはなかなか辛いもの。そんなとき、ミキサーに材料を入れて作る「スムージー」をいつもの朝食代わりにしてみてはいかがでしょうか? グラスに入れたスムージーを飲むだけなので食べる時間も片付ける時間も短縮でき、朝食抜きの日を減らせるでしょう。

栄養バランスを整えられる

スムージーは好みの野菜や果物を自由に組み合わせて作れるため、栄養バランスを考えながら作ることができます。小松菜やホウレン草をはじめ、キウイやリンゴなどミネラルやビタミンたっぷりの野菜と果物をスムージーで摂取できるので、野菜不足を補うのにぴったりです。ただし欲張って何種類も材料を組み合わせると、味がおいしくなくて飲みにくくなってしまうので、2、3種類の材料を混ぜるだけに止めて置くようにしましょう。

ダイエット中もおすすめ

ダイエット中は摂取カロリーを抑えようと、わざと朝食を抜く人もいるのではないでしょうか? 朝食抜きダイエットが向いている人も中にはいるかもしれませんが、一般的に午前中は食事の代謝が進みやすいため、午後にドカ食いやまとめ食いをするよりも朝食をしっかり食べたほうが良い場合も。それでも、ガッツリと朝食を食べるのに抵抗があるなら、グルテンフリーでヘルシーなスムージーを朝食の代わりにしてみてはいかがでしょうか。

 

関連記事:【コーヒー好きに最適】ダイエットコーヒーのおすすめランキング7選【置き換えにも!】

おわりに

コーヒーの風味が効いたコーヒースムージーは、ほろ苦い味とカフェインの効果で、寝起きのぼんやりした頭をシャキッとさせるのに最適です。コーヒーに合う野菜や果物の組み合わせを考えて、毎回違う味のコーヒースムージーを作るなら、飽きてしまうなんてことは恐らくないでしょう。

 

参照サイトURL: https://greatist.com/

関連キーワード
コーヒー, 知識の関連記事
  • 【コーヒー生活を始めよう】お家でハンドドリップするための3つのアイテム
  • 「フレンチプレス」でコーヒーを淹れる方法。簡単なのにしっかり抽出!
  • お安いコーヒーに注意した方が良い3つの理由
    お安いコーヒーに注意した方が良い3つの理由
  • 【コーヒー用語集】意外と知らないコーヒーにまつわるキーワード!いくつ知ってる?
  • カプチーノ
    運命のコーヒーに出会う方法! 自分に合うコーヒー豆を選ぶ5つのポイント

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう