コーヒーマシーン

自分で淹れるコーヒーもおいしいですが、誰かに淹れてもらったコーヒーの味はまた格別です。とくに忙しい朝には、「誰かが代わりにコーヒーを淹れてくれていたら……」と思わずにはいられないことも。

 

本記事では、コーヒーが大好きな人にはたまらないガジェット「The Barisieur Coffee & Tea Alarm Clock」をご紹介します。

 

関連記事:スマホ連動で抽出をガイド!HARIOの多機能コーヒースケール『Smart Q JIMMY』が登場

関連記事:アウトドア派必携!世界最軽量級のマグボトル型コーヒープレス『ウルトラライト コーヒープレス』登場!

夢のようなコーヒーガジェット「The Barisieur  Coffee & Tea Alarm Clock」

ベッドサイド

「Barisieur」社の「The Barisieur  Coffee & Tea Alarm Clock」があれば、コーヒーを淹れるためにベッドから抜け出す必要がなく、毎日優雅な朝を迎えることができるでしょう。

五感を刺激する目覚まし時計

これまでの目覚まし時計は聴覚を刺激するだけでしたが、「Barisieur」社の「The Barisieur  Coffee & Tea Alarm Clock」は、わたしたちの五感を刺激します。

 

沸騰したお湯の音を夢うつつで聞き、それがフィルターに運ばれていく様子をぼんやり眺め、部屋いっぱいに広がる豊かなコーヒーのアロマを嗅ぎ、やがて鳴り出すアラームのスイッチを止め、できたてのコーヒーを味わう。

 

「The Barisieur Coffee & Tea Alarm Clock」は、コーヒー好きにとってはまさに夢のようなガジェットです。

考えつくされた設計と秀逸なデザイン

ノッティンガム・トレント大学にて製品設計を学んだ、Josh Renouf氏によって設立された「Barisieur」社。イギリス・ロンドンを拠点にする「Barisieur」社が開発したこの画期的な目覚まし時計は、デザインの秀逸さでも注目を浴びています。ウォールナット材を使用したクラシカルで無駄のないデザインに加え、ベッドサイドテーブルにも置けるコンパクトさも魅力のひとつだといえるでしょう。

 

小さいのに存在感があり、プラスチック製のコーヒーマシーンとは比べ物にならないほど高級感がありますから、お部屋のインテリアにもぴったり。お湯が沸騰しているときでもウォールナット材のトレイ表面は熱くならないため、うっかり触ってしまっても安全安心です。さらに、目覚まし時計とコーヒーメーカーのみならず、背面にはUSBポートがひとつ付いているので、携帯などを充電可能なのもいいですね。

ベッドの上で起き抜けのコーヒーを

男性とカップ

大人の遊び心をくすぐる、実験器具のような見た目の「The Barisieur  Coffee & Tea Alarm Clock」。ここでは、使い方と仕組みについてご紹介します。

基本操作も簡単

ワークデスク

「The Barisieur Coffee & Tea Alarm Clock」の使用法は、いたってシンプル。就寝前に、コーヒー豆を入れて水をセットし、コーヒーを淹れる時間を設定しておくだけです。ペルチェ素子による冷却機能付きなので、専用容器にミルクを入れておけばカフェラテを作ることも。

 

翌日、設定した時間になるとビーカー内のお湯が熱せられて沸騰し、蒸気圧によりお湯がコーヒーフィルターに移動します。抽出がはじまり出すと、ベッドで眠っているあなたのもとにコーヒーの香りが届くという素晴らしい仕組みになっています。

 

本体前面に付いている引き出しには、コーヒー豆と砂糖を収納できるスペースがあるので、わざわざ砂糖を取りにキッチンに向かう必要もありません。ベッドサイドテーブルに置いて起き抜けのコーヒーはもちろん、ワークデスクの上に置けば午後のブレイクタイムに1杯のコーヒーを楽しむことができるでしょう。

抽出温度は約94℃

ビーカー

美味しいコーヒーを淹れるためには、お湯の温度にも気を配りたいもの。ドリップコーヒーは、沸騰直後からしばらくして、少し下がった温度のお湯で抽出するのが良いとされています。コーヒー豆の種類や焙煎具合によって最適な抽出温度は変わるといわれていますが、沸騰したばかりのお湯で抽出すれば、渋みや雑味のあるコーヒーになってしまう恐れが。

 

「The Barisieur Coffee & Tea Alarm Clock」ではビーカー内でお湯が沸騰してから、約94℃で抽出されるように設計されています。高温抽出のため、深煎りのコーヒーだと苦みが出てしまうかも。もしも苦みの強いコーヒーが苦手というのであれば、浅煎りのコーヒーをセットすると良いかもしれません。

 

抽出時間が短めなので酸味のある、さっぱりした口当たりのコーヒーができあがるでしょう。「The Barisieur Coffee & Tea Alarm Clock」で自分好みのコーヒーを淹れられるようになるまで、いろいろなコーヒー豆を試してみるのも楽しいかもしれませんね。

 

また、「The Barisieur Coffee & Tea Alarm Clock」は名前の通り、コーヒーだけではなく紅茶を淹れることも可能ですから、紅茶派の人にもおすすめのガジェットです。コーヒーとまったく同じ手順で淹れることができ、気分に合わせてコーヒー粉をセットするか、紅茶の葉をセットするかを選べるでしょう。

ゆったりした気分で目覚める朝を

窓辺

「The Barisieur Coffee & Tea Alarm Clock」がお家にあれば、コーヒー(もしくは紅茶)を淹れる時間がないほど忙しい朝でも慌てずにすむはず。目覚めと同時に、できたてのコーヒーがすぐに味わえますから、毎日ゆったりとした気分で朝を迎えることができるでしょう。

 

付属のガラス製品はすべて食器洗い機に対応しているので、使用後のお手入れも手間いらず。現在、日本ではクラウドファンディングサイト「machi-ya」にて注文可能です。

 

関連記事:ペーパードリップの新スタイル、HARIOの『浸漬式ドリッパー スイッチ』使ってみたらかなりすごかった!

関連記事:キャンパー必見!話題のスタイリッシュな保温ポット『サーモジャグキート』に新色のベージュとオリーブが登場

 

参照サイト:https://www.kickstarter.com/

関連キーワード
ニュース, 商品紹介の関連記事
  • コフュニティはコーヒー専門のスマホアプリ
    世界中のコーヒー好きと繋がるSNSアプリ【コフュニティ(Coffunity)】の魅力とは
  • Dari K (ダリケー)× 海ノ向こうコーヒーがコラボ。アジアのスペシャルティコーヒーを使用した「コーヒー好きのためのトリュフ」新発売
  • サイフォンコーヒーが誰でも簡単に。画期的な電気式サイフォン『ePEBO』
  • 2019年12月1日に『REC COFFEE 東京・水道橋店』がオープンします!
  • ワールドバリスタチャンピオン井崎 英典氏の知識や技術を学べるオンラインサロン『コーヒー共和国』が開設!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう