コーヒーを毎日ドリップするのは手間がかかるし、うまく淹れられなかったときは朝からショックですよね。そこで毎日飲む派の人にオススメしたいのが、自動でコーヒーを淹れてくれるコーヒーメーカーです。

 

実は種類があって奥の深いコーヒーメーカーですが、その選び方と注意点をご紹介します。

 

 

自宅で美味しいコーヒーを飲みたいなら『全自動コーヒーメーカー』がおすすめ↓↓

おすすめのコーヒーメーカー
全自動コーヒーメーカーのおすすめランキング10選【コーヒーのプロが選び方を教えます】
2020.12.15
自宅にいる時間が増えれば増えるほど、「家でコーヒーを淹れて飲む機会が増えた」という方も多いのではないでしょうか。また、それに伴い「もう少しおうちで美味しいコーヒーが飲めたらいいな」と考えている方もまた、いるかと思います。 そこでおすすめしたいのが、今回紹介する「全自動コーヒーメーカー」です。 た...…

 

レンタル無料のコーヒーマシン『ネスカフェドルチェグスト』がおすすめ↓↓

『ネスカフェ ドルチェグスト』の口コミ・評判はいかに【カプセルの種類や人気機種をご紹介】
2021.2.11
数あるコーヒーメーカーの中でも、人気上位のネスカフェ ドルチェ グスト 。最大の特徴は、マシンが無料で使えるという今までにないコスパの良さ! カプセルのお届け便に申し込めば、なんとマシンのレンタルが無料になるというメリットがあります。 その他にもカプセルの種類の多さや、スタバとのコラボ商品も特徴的...…

コーヒーメーカーの種類と選び方

コーヒー豆と水を入れれば後は勝手にコーヒーを淹れてくれるコーヒーメーカー。あまり知られていませんが、使い方や抽出方法によって種類がいくつかに分類されます。

ドリップ式


ドリップ式のコーヒーメーカーは、その名の通りドリップで抽出を行うもの。ハンドドリップと同じく、ペーパードリップのモデルや金属フィルターを使用するモデルがあります。

通常のドリップ式コーヒーマシンは、挽いた豆をフィルターにセットして抽出を行うので、挽き豆を購入するか別途ミルを用意して豆を挽く必要があります。
一方、ミル付きのコーヒーマシンは豆をそのまま入れればOK。全自動で豆を挽いてコーヒーを抽出してくれるスグレモノなのです。

ミル無しのコーヒーマシンは2,000円程度と安価なモデルもありますので、試しに使ってみたい人にはこちらがオススメです。

エスプレッソ式


こちらもその名の通り、エスプレッソ式の抽出を行うコーヒーマシンです。エスプレッソは高温&高圧のお湯で抽出する、濃厚で少量のコーヒーですが、ミルクを入れると自動でカフェラテを作ってくれるモデルも。

 

基本的には「エスプレッソマシン」と呼ばれることが多く、挽き豆をフィルターにセットする半自動式(セミオート)と、豆そのままを入れる全自動式(フルオート)があります。

 

半自動式のモデルは安価なモデルも多いですが、ミル無しドリップ式と同じく挽き豆を使用するかエスプレッソ用のグラインダーを用意する必要があります。

 

全自動式モデルは50,000円〜と非常に高価なのがネックです。自宅でエスプレッソを楽しみたい方には、まずは半自動式のマシンをオススメします。

カプセル式・ポッド式


コーヒーの豆を使用せず、それぞれ専用のカプセル(コーヒーポッドと呼称するメーカーもあります)を使ってコーヒーを淹れてくれるモデルです。水とカプセルをセットするだけと非常にお手軽なので近年人気が高まっています。

 

カプセルには様々な豆の選択肢のみならず、カフェラテや抹茶ラテなどバリエーションドリンクもあるそうです。

 

カフェポッド、ドリップポッドなどといったサイズ規格が存在し、それぞれドリップ式とエスプレッソ式に分けることができます。カプセル自体の単価が比較的高価なのでランニングコストがかかるという欠点がありますが、簡単さは大きなメリット。その利便性からホテルやオフィスへの設置も増えています。

 

\おうちでスタバを楽しみむなら『ネスレ』がおすすめ/

ネスレ通販【スターバックス専用プログラム】

\【今すぐチェック】無料でマシンが使えるってホント!?/

コーヒーメーカーを選ぶ際の注意点

全自動でコーヒーを淹れてくれるコーヒーマシンは非常に便利ではありますが、それだけ自分の好みの味に調整ができないということですので、豆のベストな状態で抽出してくれるわけではないということは理解しておきましょう。あくまでも、いつも同じコンディションで抽出してくれる便利商品だと思った方が良いです。

 

また、高価な物なら美味しいコーヒーが飲めるというのは誤解です。コーヒーの「美味しい/美味しくない」は少なからず個人の好みに寄る部分が強いので、各メーカーの考える「美味しい」と合わない場合は、高価なコーヒーメーカーでも美味しくなく感じてしまうかもしれないのです。心配な方は、試しに一番安価なモデルを買ってみる、口コミを詳しくチェックするなどして選ぶことをオススメします。

 

関連記事:【カプセル式コーヒーメーカー】ネスカフェ・ドルチェ グスト®シリーズの種類や特徴を比較しました

まとめ

個人的には、安いミル&安いコーヒーマシンを購入すると、味や器具への不満が具体的に理解しやすいように思います。

 

ただし、デザインもきっちり好みな物を探した方が良いでしょう。デザインが好みでない物を買ってしまうと、いつでも使える(見える)場所に置いておくのが嫌になり、使うとき以外はしまうようになってついに使わなくなるという結末が待っているかもしれません。

 

\おうちでスタバを楽しみむなら『ネスレ』がおすすめ/

ネスレ通販【スターバックス専用プログラム】

\【今すぐチェック】無料でマシンが使えるってホント!?/

 

便利機能をオールインワン!タイマー予約も可能な全自動コーヒーメーカー『siroca・SC-C111/SC-C121』
2018.2.1
ほかより「ちょっといい」家電で次々とヒット商品を生み出す新進気鋭のメーカー・sirocaより、ミルとスケール、さらにタイマー予約機能まで搭載したオールインワンの全自動コーヒーメーカー『SC-C111』、『SC-C121』の2機種が発売されました。 これぞコーヒーメーカーの新機軸! 最近はコーヒーメ...…
関連キーワード
  • 【高品質・最高峰】サードウェーブの代名詞『スペシャルティーコーヒー』の歴史と定義とは?
  • Kaffeeform
    コーヒーかすから出来たKaffeeform(カフェフォルム)社のコーヒーカップをご紹介【ギフトに最適】
  • コーヒーと健康の関係
    頭が痛い時にコーヒーは大丈夫?頭痛のタイプを見極めてカフェインを摂る!
  • thirdwave
    知ったかぶり厳禁!今更聞けないコーヒー業界のサードウェーブってなに?
  • cafe
    【一番お得なのは?】コーヒーが安いカフェはどこ?有名カフェの値段を比較してみました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう