おすすめのコーヒーメーカー

自宅にいる時間が増えれば増えるほど、「家でコーヒーを淹れて飲む機会が増えた」という方も多いのではないでしょうか。また、それに伴い「もう少しおうちで美味しいコーヒーが飲めたらいいな」と考えている方もまた、いるかと思います。

 

コーヒーの味は鮮度の良し悪しが直結するため、インスタントコーヒーや粉のコーヒーを普段飲んでいるという人であれば、コーヒー豆から淹れることで格段に美味しいコーヒーを自宅でも味わうことができます。しかし、豆から淹れるのは面倒だし用具をそろえるのも大変そう……という気持ちもあるでしょう。

 

そこでおすすめしたいのが、今回紹介する「全自動コーヒーメーカー」です。

 

ただ、全自動コーヒーメーカーといってもパナソニック・シロカ・象印・ツインバードなど、様々なブランドのものがあるので、購入する際に迷ってしまうかと思います。そこで今回は、美味しいコーヒー豆からコーヒーを淹れて飲みたいという方のために、全自動コーヒーメーカーの選び方とおすすめの全自動コーヒーメーカーをランキング形式で10つ紹介いたします!

 

おうち時間を最高の時間にしたいという方や、QOLをグッと向上させたいという方は、ぜひ全自動コーヒーメーカーの購入を検討してみてください!

目次

全自動コーヒーメーカーとは

全自動コーヒーマシンとは

全自動コーヒーメーカーは、コーヒーの抽出すべての工程を自動で行なってくれるコーヒーマシンのことを指します。

 

本来、コーヒー豆を購入して自宅でコーヒーを淹れるのであれば、「豆を挽くためのミル」、「フィルターを乗せるためのドリッパー」、「ドリップに使用する専用ケトル」が必要になります。しかし、これらの用具をすべて購入したとしても、コーヒーを淹れる工程が面倒で次第に使わなくなってしまった……なんてこともあるのではないかと思います。使い続けられるかわからないものにお金払うのは躊躇してしまうのではないでしょうか?

 

【コーヒー生活を始めよう】お家でハンドドリップするための3つのアイテム
2018.3.28
新生活を意識し始めるこの時期。これから新生活をスタートしていくうえでちょっと幸せな気分になりたいなら……コーヒー生活を始めてみませんか?自宅で豆から挽いて飲むコーヒーは、生活の質をグッとあげてくれます。 「必要なものも分からないし、自宅でコーヒー豆を挽くのってなんだか大変そう……」なんて思った方、...…

 

それに朝起きてさっとコーヒーを飲みたいという人にとっては、コーヒー豆を挽いて自分でドリップする、という工程は大きな負担になるかと思います。

 

そういった面倒な作業を「全自動」で行ってくれるのが、全自動コーヒーメーカーなのです。コーヒーの用具をそろえる必要はありませんし、コーヒーを豆から淹れるために、あなたが行なう作業はたった3つだけです。

 

全自動コーヒーメーカーで必要な3つの作業
・コーヒー豆を機械に入れる
・貯水タンクに水を入れる
・抽出スイッチを押す

 

あとは全自動コーヒーメーカーに任せておけば、プロ顔負けのクオリティのコーヒーが完成します。カフェで飲んだあの美味しいコーヒーが、自宅でも簡単に淹れられてしまうなんて驚きですよね。

 

ただ、ひと口に「全自動コーヒーメーカー」と言っても様々な種類のものがあり、多くの企業から販売されていますよね。

 

そこでここからは、全自動コーヒーメーカーの選び方について解説。自分にあったコーヒーメーカーを選ぶお手伝いをしていくので、ぜひ参考にしてみてください!

全自動コーヒーメーカーの種類

コーヒーマシンの種類

コーヒーメーカーには、大きく分けて3つ「ドリップ式」「エスプレッソ式」「カプセル式」が存在します。このうち、全自動式のものがあるのは「ドリップ」と「エスプレッソ」のものになります。カプセル式は名前の通り、コーヒーメーカー専用のカプセルを使用するものなので豆から挽いて淹れるということはできません。

 

ドリップ式とエスプレッソ式の違いを簡単に記載するので、どちらのタイプが欲しいか考えてみてくださいね!

 

エスプレッソとドリップコーヒーの違いって?初心者向け徹底解説
2018.10.5
カフェでコーヒーを頼む際、皆さんは何を注文しますか? カフェラテをはじめとしたエスプレッソドリンクは、カフェの定番メニューとして認知されつつあります。また、コーヒーの風味をストレートに楽しめると再注目を集めるドリップコーヒーも大定番ですよね。 しかし、コーヒー初心者の中にはエスプレッソとドリップコー...…

【一般的】ドリップタイプの全自動コーヒーメーカー

siroca_全自動

参考画像:Amazon

 

もっとも一般的なのがドリップタイプです。ドリップとは、コーヒー豆を挽いたものをフィルターにセットし、上からお湯を注いて抽出することを指します。

 

手動でコーヒーを淹れることをハンドドリップと呼びますが、「ハンドドリップコーヒー」というメニューをカフェで見たことがある人もいるかと思います。(一般的に「コーヒー」といえば、このドリップコーヒーのことを指します。)

 

しかし慣れていない人がハンドドリップを行なうと、その時の細かい淹れ方の違いにによって味にムラが出たりしてしまいます。その点、全自動コーヒーメーカーであれば安定して美味しいコーヒーが抽出できます。

【カフェラテ・カプチーノも!】エスプレッソタイプの全自動コーヒーメーカー

DeLonghi_全自動

参考画像:DeLonghi公式

 

エスプレッソは圧力を利用してコーヒーを抽出しているため、凝縮されたコーヒーのうまみを楽しむことができます。ただ、常日頃からエスプレッソのコーヒーを飲んでいるという人は少数派なのではないかと思います。本当にエスプレッソが好き。という人であれば全自動のエスプレッソマシンを検討してもいいかと思います。

 

ドリップタイプのものに比べ、値段は少し高いものが多いですが、カフェラテ・カプチーノといったアレンジドリンクが作れるものもあるので、後程紹介いたします!

 

家庭用エスプレッソマシンのおすすめの選び方と注意点
2018.8.9
エスプレッソはイタリアで熟成したのちアメリカに渡り、シアトル系カフェの台頭によって日本でも一般的な存在になりつつあります。イタリア本国では砂糖を入れて2~3口で飲み干すスタイルが伝統的ですが、アメリカやオーストラリアではたっぷりのミルクと合わせたドリンクが人気。北欧や日本のサードウェーブ系ロースター...…

全自動コーヒーメーカーの選び方

コーヒーマシンの選び方

在宅やリモートワークといった働き方が増えてきたこともあり、自宅で本格的なカフェ気分を味わいたいと思い、コーヒーメーカーの購入を検討する方も増えてきました。

ただ、「どうやって選べばよいのかわからない…」と悩んだすえ、購入をやめてしまう方も多いのではないでしょうか。

 

そんな方のために、Cafend編集部がコーヒーメーカーの選び方を徹底的に解説していきますので参考にしてみてください。

 

早速ですが、コーヒーメーカーを選ぶ基準として、以下の要素を考慮することをおすすめします。

 

・値段
・杯数(1人暮らしor数人)
・フィルター
・グラインダー(歯)の種類
・付属機能(タイマー・温度調整など)

 

これらを1つずつ解説していくので、参考にしてみてください。

値段【1万~3万円が平均相場】

コーヒーメーカーの中でも全自動のものは高価な傾向にあります。後に紹介しますがタイマー機能があったり、スマホから遠隔操作ができるものなどはさらに高額なものが多いです。

 

杯数やフィルターの種類、グラインダーの種類、付属機能の性能次第でコーヒーメーカーの値段は変わってくるので、自分にとって何が必要なのかを選択することで、自分にあった全自動コーヒーメーカーを購入できると思います。

 

ドリップ式の場合は数千円~で購入できるものもありますが、安心できるレベルのものであればおおよその平均価格は10,000~30,000円程度。エスプレッソ式の場合は30,000円~100,000程度の商品が売れ筋です。

 

高いものでは100,000円以上のものもあるので、自分が求めている機能とおおまかな予算でコーヒーメーカーの購入を検討すると良いでしょう。

杯数【1人暮らしor家族あり】

家族とコーヒー

全自動コーヒーメーカーでは、貯水タンクに水を入れておく必要があります。このタンクが小さければ小さいほど、頻繁に給水する必要があり面倒だと感じる人も多いでしょう。

 

1人暮らしの方であればそこまで気にならないかもしれませんが、家族で暮らしている方であれば、おのずと1度に作れるコーヒーが多い方が楽です。4人家族なら最低は4人分作れる貯水タンクが備えついているものを選ぶと良いでしょう。

フィルター【用意の必要ありorなし】

zojirushi

参考画像:象印

 

コーヒーフィルターは「ペーパー(紙)フィルター」「金属フィルター」「ネルフィルター」「セラフィルター(陶器)」など多くの種類がありますが、全自動コーヒーメーカーのフィルターの選び方としては「ペーパーフィルターが別途必要かどうか」で選ぶと良いでしょう。

 

もちろん、全自動マシンに組み込まれているフィルターにも種類はありますが、それよりも「フィルターは別で用意する必要があるのかないのか」といった観点のほうが『手間を省く』という点において重要になってくるかと思います。

 

それを理解したうえで、フィルターの種類で選びたいのであれば、以下の記事を参考にしてみてください。

 

ドリップ
フィルターにこだわればコーヒーがもっとおいしくなる! 【フィルターの種類と特徴について】
2020.4.5
コーヒーのおいしさにはさまざまな要素が関係していますが、もしも、おいしいコーヒーを追求したいのなら、フィルターにもこだわってみてはいかがでしょうか? 普段何気なく使っているフィルターですが、じつは種類ごとに異なる特徴があります。 それぞれのフィルターの特徴を理解して、ぜひ最高の1杯を淹れてみましょ...…

グラインダー(歯)の種類【こだわる人だけでOK】

miru

参考画像:Amazon

 

グラインダーとはコーヒー豆を挽くときの刃の部分を指し、グラインダーの形状によって豆の挽き目が変わります。

ブレード(プロペラ式)

最も一般的なのは「ブレード(プロペラ式)」と呼ばれる種類です。プロペラのように刃が回り、コーヒー豆を粉砕します。ただコーヒー豆の挽き具合を均等にするのが難しく、ムラが出てしまうため、コーヒーの雑味の原因をつくりやすい形状です。もっとも安価な種類なので、価格重視の人であればおすすめのタイプです。

コニカルカッター(コーン式)やフラットカッター(カット式)

次に多いのが、「コニカルカッター(コーン式)」や「フラットカッター(カット式)」と呼ばれるグラインダーの種類です。臼のように、投入されたコーヒー豆を刃と筒の隙間で潰して挽いていくものです。コーヒー本来の風味が出やすいグラインダーと言えるでしょう。(基本的に、手挽きのミルに使われているのはこの種類の刃になりますが、電動もあります。)

ロールグラインダータイプ

最後に紹介するのが、「ロールグラインダータイプ」。2つのローラーがそれぞれ動き、その間で豆を削るものとなります。今まで紹介した刃の中では最も均一性が高いと言われており、ブレードのものと比べると目視でも確認できるほどの違いがあります。粉砕速度も早いので時間は短縮されますが、業務用のものに使われる傾向にあるため、コーヒーメーカーの価格は一気に上がります。

 

コーヒーの風味にこだわるのであれば挽き方に注目することをおすすめしますが、楽さを求めるのであれば、そこまで重要視するポイントではありません。

 

コーヒーミル・グラインダー
ミルとグラインダーの違いはあるの?コーヒー豆を自宅で挽く前に知っておこう
2020.5.4
コーヒーを自分で挽くことに興味がある人は『ミル』あるいは『グラインダー』という器具をご存知だと思います。 この2つの器具は『コーヒー豆を挽く』つまり細かく裁断するための道具です。どちらも用途は同じですが、なぜ名称が違うのでしょうか? ここではグラインダーとミルの違いを解説していきます。 いきなり結論...…

付属機能【ライフスタイルに合わせて】

搭載機能

参考画像:Amazon

 

こちらはコーヒーメーカーによって大きく変わるポイントです。タイマー機能や温度調整機能、スマホでの遠隔操作ができるものなど、機能は様々です。

 

朝の忙しい時間を短縮したい人であれば、毎朝同じ時間にコーヒーが作れる「タイマー付き」を。
温度までこだわって飲みたいという方は「温度調節機能付き」のものを。

最新技術を駆使して美味しいコーヒーを飲みたいという方は、「AI・スマホ連携といったハイテク技術付き」のものを。

 

ここに関しては、自分のライフスタイルや嗜好に合わせて選んでみると楽しいかもしれませんね。

 

スマートコーヒーメーカーGINA
スマホ連動で完璧なコーヒー抽出ができる、IoT時代のスマートコーヒーメーカー『GINA』
2018.4.4
今やコーヒーメーカーもIoTの時代。スマートフォンアプリとの連動によって、世界中のコーヒーLOVERとレシピを共有できる、そんな夢のスマートコーヒーメーカー『GINA』が誕生しました。プロの抽出技術も完全再現する『GINA』の魅力をご紹介します。 適切な分量と抽出時間を教えてくれる! コーヒーを淹...…

全自動コーヒーメーカーのおすすめ人気ランキング10選

ここまで全自動コーヒーメーカーの選び方を紹介してきましたが、いよいよランキング10選をお伝えしたいと思います。

 

タイプも値段も種類も細かく異なるコーヒーメーカーですが、自分に合うものを選んでいただければ幸いです!

10位:象印 コーヒーメーカー 珈琲通 EC-RS40-BA ブラック

created by Rinker
象印マホービン(ZOJIRUSHI)
¥22,580 (2020/10/31 13:24:14時点 Amazon調べ-詳細)

 

杯数4杯
フィルターステンレスメッシュ

(ペーパーフィルターへの変更可能)

グラインダーブレード(プロペラ式)
付属機能魔法瓶による保温

 

魔法瓶構造で保温性も高く、口形が広いので洗いやすいというのもポイントの1つです。「マイコン予熱」と「ダブル加熱」という技術が使われているので、コーヒーの抽出に最適な95度という温度での抽出が可能。

 

挽き目の調節が2段階、濃さを2段階で選べるのでその日の気分に合わせて最大4種類から選ぶことができる仕様です。

9位:Cuisinart クイジナート12-cup オートマチックコーヒーメーカー ミル・タイマー付き全自動 DGB-900PCJ

杯数12杯
フィルターゴールドトーンフィルター
グラインダー不明
付属機能タイマー

 

タイマー機能搭載で、朝起きたら淹れたてのコーヒーができている!なんて体験もできます。12杯まで抽出できるので、コーヒーをたくさん飲む家庭には持って来いのマシンです。

8位:シロカ コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C111

杯数4杯
フィルターペーパーフィルター
グラインダーコニカルカッター(コーン式)
付属機能タイマー・自動計量

 

コーヒー豆を均一に削ることのできるコーン式のグラインダーを搭載しているので、コーヒーの風味を最大限に楽しむことが可能です。細挽きから粗挽きまで無段階で調整できるのも嬉しいポイント。

 

ペーパーフィルターの代わりに、ステンレスフィルターが採用されている「SC-C122」も用意されています。

7位:アイリスオーヤマ 全自動 IAC-A600

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥5,480 (2020/10/31 03:58:36時点 Amazon調べ-詳細)
杯数4杯
フィルターメッシュ
グラインダーブレード(プロペラ式)
付属機能-

 

何と言っても、最大の魅力は5,000円台という驚きの価格。それに加え、低価格の全自動コーヒーメーカにも関わらず、粗挽き・中挽きの2段階調整機能がついているのはうれしいポイント。

6位:jura(ユーラ) 全自動コーヒーマシン E6

created by Rinker
JURA (ユーラ)
¥180,190 (2020/10/31 03:58:37時点 Amazon調べ-詳細)
杯数16杯
フィルター-
グラインダーコニカルカッター(コーン式)
付属機能ディスプレイ・アラーム・プログラミング機能

 

15万円をこえる、超本格的な全自動のエスプレッソ&コーヒーメーカーです。カラーディスプレイ搭載で、エスプレッソ・コーヒー・カプチーノ・ミルクフォームが抽出可能。

 

自宅にも超高性能のコーヒーマシンで美味しいコーヒーが飲みたい!という方には持って来いのマシンです!

5位:ツインバード工業(TWINBIRD) 全自動コーヒーメーカー CM-D457

created by Rinker
ツインバード工業(Twinbird)
¥25,950 (2020/10/31 13:24:15時点 Amazon調べ-詳細)
杯数3杯用と6杯用あり
フィルターペーパーフィルター
グラインダーフラットカッター(カット式)
付属機能温度調整

 

「低速臼式フラットミル」は風味を損なわずに摩擦熱による劣化も防ぎ、さらに錆びにくいステンレス製という至れり尽くせりの設計となっています。中身が見える構造なので、完成する間までも視覚で楽しめるでしょう。

 

6ヵ所から内側に向けて斜めにお湯を注ぐ「シャワードリップ」手法によって、コーヒーの風味をより引き出します。ハンドドリップが好きでたまらない…香りも全て楽しみたい!という人に、おすすめの商品です。

4位:ラドンナ(LADONNA) Toffy 全自動ミル付アロマコーヒーメーカー K-CM7

杯数1杯
フィルターステンレスメッシュ
グラインダーブレード(プロペラ式)
付属機能魔法瓶による保温

 

見た目がかわいいこのコーヒーメーカーは、かわいいだけではありません。蒸らしながら「間欠運転」するため、コーヒー本来のコクと香りが楽しめます。静穏設計なので、コーヒーを挽く音が気になる…という方でもお使いいただけます。とにかくリーズナブルなので、コスパ重視で選びたい方には良いでしょう。

 

1杯分しか抽出できないため、一人暮らしの方向けの商品となっています。プレゼントに喜ばれるのも間違いありませんね!

3位:デロンギ(DeLonghi) マグニフィカS ECAM23120

杯数12杯
フィルター-
グラインダーコニカルカッター(コーン式)
付属機能温度調整・自動洗浄

 

ミルクをふわふわに泡立てられるミルクフロッサーのスチーム付き。カフェラテやカプチーノといったメニューを作ることも可能です。「低速回転コーン式グラインダー」を搭載しており、コーヒー豆の香りと風味を際立たせることのできる商品です。

 

操作性は非常に直感的で簡単なので、初めて購入するといった人にも安心。アイスドリンク対応なので、アイスメニューが好きだという方にもおすすめの商品です。豆の計量~コーヒーかすの掃除まで、本当の意味で「全自動」で行なってくれる優れものです。

2位:シロカ(siroca) 全自動コーヒーメーカー SC-A371

杯数4杯
フィルターステンレスメッシュ
グラインダーブレード(プロペラ式)
付属機能アラーム・自動計量

 

シロカ(siroca) 全自動コーヒーメーカーは、おいしくドリップするために自動でコーヒー豆の量を計算してくれます。蒸らしの工程もしっかり組み込まれており、ひと手間加えた美味しいコーヒーが召し上がれます。

 

金属フィルタータイプなので、コーヒーのコク深さ・香りを最大限楽しめます。

1位:パナソニック(Panasonic) 沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A57

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥16,136 (2020/10/31 03:58:38時点 Amazon調べ-詳細)
杯数5杯
フィルターペーパーフィルター
グラインダーブレード(プロペラ)
付属機能デカフェモード・温度調整・保温

 

なんといっても安定的な人気を誇るのが、こちらの商品。水道水特有のカルキを浄水して抽出してくれるという優れものです。マイルド・リッチという抽出も楽しめるのもうれしいポイント!

 

また、このマシンではディカフェモードを搭載しているので、たくさん量を飲むならこちらのモードも検討しましょう。妊婦の方や、カフェインの摂取を制限したいという方にも人気です!

全自動コーヒーメーカーの手入れ方法【専用洗剤がおすすめ】

コーヒーメーカーの手入れ

 

コーヒーメーカーも選べたということで、ついでにお手入れ方法も勉強しておきましょう!美味しいコーヒーを長く飲むためには、マシンのケアが欠かせません。月に1回程の頻度で行なう簡単なお手入れ方法を解説します。せっかく美味しいコーヒー豆を買って、良いコーヒーメーカーを買っても、手入れをしていなければ味も損なわれてしまいます。

 

コーヒーメーカーの内部の掃除には、「コーヒーメーカーの専用洗剤」を使用しましょう。使用方法は、コーヒーを抽出するのと同様で、コーヒーメーカー専用洗浄剤を貯水タンクに入れ、ドリップを開始します。(もちろんコーヒー豆は使用しません。)クエン酸の効果により、内部に溜まっていた水アカ、石灰、色素といった汚れを洗浄してくれます。

 

掃除する際の注意点として、コーヒーメーカーに付いている「活性炭フィルター」「浄水フィルター」は必ず外すようにしてください。

 

コーヒーメーカーは、水拭きをしたあとしっかり空拭きをしてください。空拭きをしないと水垢の原因となるので、注意してくださいね。

 

漂白剤不要!?カップについたコーヒーや紅茶の茶渋汚れを簡単手軽に落とす方法
2019.3.20
日頃から自宅でコーヒーや紅茶を飲んでいると、少しずつ気になってくるのがマグカップなどの茶渋汚れ。 カップの底や内側に茶色くこびりつく汚れは見た目も美しくなく、せっかくのリラックスタイムも台無しに。普段の食器洗いでは落ちにくく、厄介な汚れのひとつです。 塩素系漂白剤を使って落とす方法もありますが、...…

おすすめの美味しいコーヒー豆はこちらをチェック!

コーヒーメーカーを購入したら、色んな豆を試してみたくなるはずです!

通販で購入できる美味しいコーヒー豆を紹介しているので、こちらもチェックしてみてくださいね!

 

コーヒー通販_比較ランキング
コーヒー豆通販のおすすめ比較人気ランキング!コーヒーメディアが口コミ・価格・品質を徹底調査!
2020.3.27
最近は、美味しいコーヒーが通販で手軽に買える時代です。土井珈琲、丸山珈琲、きゃろっと珈琲…といった有名店だけでなく、まだまだ有名ではないけど美味しい! そんなコーヒー通販も増えてきました。 しかし、通販でコーヒーを買うにあたってどのように選べばよいのかわからない、どこのコーヒーが美味しいのかわから...…

まとめ:全自動コーヒーメーカーで快適なおうち時間を

おうちカフェタイム

「インスタントのコーヒーは嫌だけど、豆を挽くところから淹れる手間は正直面倒…」

「自宅で美味しいコーヒーを飲むには、たくさんのコーヒー用品を買わないといけないの?」

 

といったお悩みは、全自動コーヒーメーカーで解決できることを理解していただけたでしょうか?

 

コーヒーを豆から挽いたときの香りが好きで手挽きしていた人や、朝の忙しい時間にもバリスタが淹れたような美味しいコーヒーを飲みたい人におすすめな全自動コーヒーメーカー。自分の生活スタイルや楽しみ方にあったものを購入して、ぜひ楽しいおうち時間を過ごしてみてください。

関連キーワード
  • コーヒーメーカーの選び方と注意点【自宅で本格コーヒーが飲める】
  • コーヒー生豆
    コーヒー生豆の購入はアリかナシか【生豆が秘めるメリットと魅力】
  • 【ドリンクorスイーツ?】ウィンナーコーヒーをおいしく飲むポイントと淹れ方のコツ
  • 焙煎後のコーヒー豆の保存方法
    焙煎後のコーヒー豆の保存方法 劣化の原因と最適な保存場所とは?
  • カフェラテとカフェオレ
    今更聞けないカフェラテとカフェオレの違いとは?【知らなきゃ恥?】

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう