新生coresの“本気”が詰まった『ゴールドコーンフィルター&サーバー』でコーヒーライフを豊かに!/cores新製品レビューVol.1

    ブランドイメージを一新し、生まれ変わったcores。その新商品ラインナップの第一弾として登場した『ゴールドコーンフィルター&サーバー』と『キャニスター』の製品レビューをお届けします。

     

    話題の新商品2アイテムをレビュー

    新生coresの“本気”が詰まった『ゴールドコーンフィルター&サーバー』でコーヒーライフを豊かに!/cores新製品レビューVol.1

    スペシャルティコーヒーの個性や魅力をありのままに楽しんでもらいたいという想いから、「それぞれをそのままに」を新たなコンセプトに掲げ、生まれ変わったcores。

     

    プロダクトブランドとして新生後、第一弾となる新アイテムが今回ご紹介する『ゴールドコーンフィルター&サーバー』と『キャニスター』のふたつです。

     

    発売と同時に多方面から注目を集めている両製品。今回それぞれをお借りすることができましたので、その特徴や使用感、魅力などを詳しくご紹介していきます!

    インテリアのような佇まいが魅力的

    新生coresの“本気”が詰まった『ゴールドコーンフィルター&サーバー』でコーヒーライフを豊かに!/cores新製品レビューVol.1

    まずは『ゴールドコーンフィルター&サーバー』の外観から。

     

    お馴染みのゴールドフィルターはコーン(円錐)型。さらに個性的なフォルムが目を引くサーバーもセットになっています。

     

    洗練された美しさ、上品さを兼ね備えたゴールドフィルターと、丸みを帯びた優しいデザインのガラスサーバーの組み合わせは、まるでリッチなインテリアのような佇まい。

     

    いつものコーヒータイムをちょっぴり贅沢な時間に変えてくれそうですね。

     

    新生coresの“本気”が詰まった『ゴールドコーンフィルター&サーバー』でコーヒーライフを豊かに!/cores新製品レビューVol.1

    フィルターとサーバーには、それぞれ新しいブランドロゴが入っています。ハンドドリップでお湯を注ぐ際の軌跡をイメージしたアイコンだそうです。

     

    新生coresの“本気”が詰まった『ゴールドコーンフィルター&サーバー』でコーヒーライフを豊かに!/cores新製品レビューVol.1

    メッシュ部分は『ゴールドフィルター』シリーズの特徴である縦長のスリット状。一般的なパンチング(丸穴)と違って目詰まりしにくく、短時間で味と香りをしっかり抽出できるのが特長です。

     

    新生coresの“本気”が詰まった『ゴールドコーンフィルター&サーバー』でコーヒーライフを豊かに!/cores新製品レビューVol.1

    サーバーは上部が大きく横に広がったユニークな形状。一見アンバランスにも見えますが、この上部の空間があることでドリップ中に生じる蒸気と香りを逃さず滞留させ、スペシャルティコーヒーならではの豊かなアロマを引き立て、楽しむことができるのだとか。

     

    なるほど、そう言われてみると納得のフォルムですね。

     

    新生coresの“本気”が詰まった『ゴールドコーンフィルター&サーバー』でコーヒーライフを豊かに!/cores新製品レビューVol.1

    ハンドル部分はかなり大きめの作りなので、淹れたてのコーヒーが入っていても熱さはまったく感じません。小さなサーバーのように指先で引っ掛けるのではなく、しっかりグリップして持つことができます。

     

    ちょっとだけ気になったのは、独特のフォルムゆえのお手入れのしづらさ。手の大きな人にはサーバーの底の方は少し洗いにくいかもしれません。ちなみにサーバーは食洗機、電子レンジにも対応しています。

    コーヒーウェアとしての実力は?

    新生coresの“本気”が詰まった『ゴールドコーンフィルター&サーバー』でコーヒーライフを豊かに!/cores新製品レビューVol.1

    では、実際に『ゴールドコーンフィルター&サーバー』を使って、コーヒーを淹れてみましょう!

     

    今回は、メーカー推奨のレシピ(以下)で試してみました。

     

    ■レシピ(カップ1杯分)

    コーヒー豆:8グラム、中挽き~中細挽き

    お湯:150cc

     

    ペーパーフィルターを使わない以外、淹れ方は一般的なドリッパーと同じです。

     

    まずはサーバーにゴールドフィルターをセットし、少量のお湯を注いで器具を温めておきます。

    新生coresの“本気”が詰まった『ゴールドコーンフィルター&サーバー』でコーヒーライフを豊かに!/cores新製品レビューVol.1

    サーバーが温まったらお湯を捨て、再びゴールドフィルターをセットし、カップ数に応じたコーヒー粉を投入。フィルターを軽くゆすって、粉の表面が平らになるよう均します。

     

    最初の一投はコーヒー粉全体を湿らせる程度。少量のお湯を注いで40秒ほど蒸らします。

     

    新生coresの“本気”が詰まった『ゴールドコーンフィルター&サーバー』でコーヒーライフを豊かに!/cores新製品レビューVol.1

    蒸らしを終えたら、続けてフィルターの中心部から外側へゆっくり渦を描くようにお湯を注いでいきます。カップ数が多い場合はフィルター内の水位が上がりすぎないよう、数回に分けてお湯を注ぎましょう。

     

    新生coresの“本気”が詰まった『ゴールドコーンフィルター&サーバー』でコーヒーライフを豊かに!/cores新製品レビューVol.1

    分量のお湯を注ぎ、フィルター内のお湯がある程度サーバーに落ちたら出来上がり。ゴールドフィルターを外した瞬間、サーバーから立ち上る香りも忘れずに楽しんでくださいね!

     

    新生coresの“本気”が詰まった『ゴールドコーンフィルター&サーバー』でコーヒーライフを豊かに!/cores新製品レビューVol.1

    こちらは『ゴールドコーンフィルター&サーバー』で淹れたコーヒーの写真。しっかりコーヒーオイルも抽出されているのがわかります。

     

    今回は、コスタリカのスペシャルティコーヒーを使って淹れてみましたが、筆者が普段飲んでいるペーパードリップに比べ、味わいはまろやか。花のような甘い香り、コーヒーオイル独特のコクもしっかりと感じられました。

     

    ゴールドフィルターは、豆の個性をしっかり引き出すことができるので、個人的にはブレンドよりもシングルオリジンがオススメです。コーヒーアロマを楽しむためにデザインされた『キキマグ』とセットで、ぜひ試してみてください!

     

    コーヒーアロマを逃さず楽しめる、新しいマグカップのかたち『キキマグ C810』

     

    なお、金属製フィルター特有の微粉が苦手な方は、カップの最後まで飲まず、一口分残すといいかも。あらかじめコーヒー粉の微粉を分離して取り除く「セパレーター」や「パウダーコントロール」と呼ばれる器具もありますので、合わせて使うのもいいと思います。

    ただ「淹れる」だけの器具は時代遅れ!

    新生coresの“本気”が詰まった『ゴールドコーンフィルター&サーバー』でコーヒーライフを豊かに!/cores新製品レビューVol.1

    適度に存在感のある個性的で優しいフォルムの『ゴールドコーンフィルター&サーバー』。

     

    スペシャルティコーヒーの魅力をもっと楽しみたいという方や、ただ淹れるだけの道具ではなく「魅せるコーヒーウェア」をお探しの方にはピッタリのアイテムです。

     

    多くのプロも認めるゴールドフィルターのおいしさを、ぜひ『ゴールドコーンフィルター&サーバー』で体験してみてください。

     

    →続きの記事はこちら

    コーヒー好きなら絶対ほしくなる!機能性・質感にこだわった多治見生まれの磁器製『キャニスター』/cores新製品レビューVol.2

     

     

    ゴールドコーンフィルター&サーバー C750GD

    ■サイズ:W185×D145×H190(mm)

    ■重量:400グラム

    ■サーバー容量:500ml(約2~4カップ)

    ■価格:12,000円(税別)

     

    cores - 大石アンドアソシエイツ

     

    関連キーワード
    商品紹介の関連記事
    • 【検証レビュー】カプセルコーヒー『KEURIG(キューリグ)』で一杯のコーヒーを。
    • ハンドドリップ好きに絶対オススメの電気ケトル『APIXインターナショナルのドリップマイスター』
    • はちみつのMY HONEYがコラボ商品「ナッツのダマスクローズハニー漬け」限定発売!
    • テーブルをかわいく彩る『ダブルウォールケトル』と『3段ケーキスタンド』
    • 木の質感がおしゃれなカナダ生まれの天然木ドリッパー『カナディアーノ』

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう