もうすぐ来るゴールデンウィークの予定は決まっていますか?
今年のゴールデンウィークは最大9連休に。いつもより足を延ばして旅行に行かれる方も多いのではないでしょうか。
この記事では、人気の国内旅行先「北海道」の絶景が望めるカフェをエリア別に6つご紹介します。

 

 

>>沖縄編はこちら↓

【沖縄ver.】ゴールデンウィークに行きたい!絶景カフェ6選

道央エリア

ディアマンピュール 厚田店

出典:https://www.instagram.com/diamantpur_atsuta/
日本海オロロンライン沿いにある絶景カフェ「Diamant Pur」。石狩湾を一望できるロケーションで、日本海に沈む夕日を堪能できます。テラスには白いブランコが設置されていて、まるで映画のワンシーンから抜け出してきたかのような写真が撮影できます。
オレンジ色の夕陽が水平線に沈んでいく姿が絶景です。

メニューは、スイーツから食事系まで幅広くあるので、ランチタイムでもカフェタイムでも楽しめます。

 

CAFEND編集部
白いブランコが幻想的~!夕焼けもいいけど、昼間の青い海と白いブランコの組み合わせも捨てがたいです!

【information】
住所:北海道石狩市厚田小谷51-1
営業時間:11:00~夕暮れまで(定休日:月・火曜日)
電話番号:0133-78-2755
公式HP:http://diamantpur.net/
備考:中学生以下は入店不可

雲Cafe

出典:https://www.instagram.com/hoshinoresorts.tomamu.unkai/

星野リゾート トマムの夏場、ゴンドラを整備していたスタッフによって発見された雲海。気象条件がそろった時に流れ込むダイナミックな雲海を間近で観賞できる展望施設【雲海テラス】施設内にある「雲Cafe」では、雲ソフトや雲海ソーダなどの雲をテーマにしたドリンクやスイーツが人気。
雲海が発生する確率は約40%との事ですが、雲海が見られなくても最高のロケーションなので、見た目にも可愛いスイーツを楽しみにいく価値ありです。

※2023年の雲海テラスは、2023年5月11日~営業のため、ゴールデンウィーク期間は休業となります。カフェの営業時間は季節により前後するため、事前にご確認ください。

CAFEND編集部
フードとドリンクのビジュアルが優勝!カフェ以外にも写真映えスポットが沢山ある施設なので、是非早起きして訪れたいスポットです。ただ、ゴールデンウィークは休業中なので注意です…!

【information】

住所:北海道有珠郡壮瞥町字昭和新山184-5
営業時間:5:00~8:30
※営業期間は予告なく変更になる可能性があります。
電話番号:0167-38-2111
公式HP:https://www.snowtomamu.jp/summer/unkai/
備考:雲海テラスは夏季のみの営業となり、冬季は霧氷テラスとして営業しています。

椿サロン 夕焼け店

出典:https://www.instagram.com/tsubakisalon_yuuyake/?hl=ja

「北海道の大自然を体感する日没閉店カフェ」
海辺の小高い丘の上に建つ10坪の一軒家。大自然のリアルを感じるため、客席には照明器具をつけず、あえて自然光のみ。目の前は見渡す限りの空と海。穏やかな時間が流れる店内で、ゆっくりと移ろう景色を眺めながら過ごす時間はとても贅沢です。

メニューは、ふわぷるのホットケーキや、季節のパフェなどスイーツ系がおすすめです。

CAFEND編集部
涙が出るほどの絶景。。照明を使用せず自然光のみというところも非日常を味わえる癒しのスポットです。

【information】
住所:北海道新冠郡新冠町字大狩部77-1
営業時間:11:00~日没まで
電話番号:0146-47-6888
公式HP:http://www.tsubakisalon.jp/yuyake/

 

The Bird Watching Cafe

出典:https://www.instagram.com/thebirdwatchingcafe/?hl=ja

静かな森の片隅で、四季折々の野鳥たちに出会えるバードウォッチングカフェです。
窓に面したカウンターから野鳥観察ができ、店内には、オーナー兼自然写真家である嶋田忠さんの作品ギャラリーもあります。
メニューは、十勝産小麦のカンパーニュを使用した香ばしいホットサンドや、牛肉100%パティのオリジナルバーガーがおすすめ。

CAFEND編集部
バードウォッチング×カフェだなんて何時間でもいれちゃいそう!シマエナガがモチーフのソフトクリームや拘りのフードも気になる!

 

【information】

住所:北海道千歳市蘭越90-26
営業時間:10:00~17:00
電話番号:0123-29-3410
公式HP:https://thebirdwatchingcafe.com/

道南エリア

有珠山ロープウェイ Cafe Mt.USU

出典:https://www.instagram.com/usuzanropeway/
有珠山ロープウェイ駅を降りたところにある展望スペース併設のカフェ。
2022年4月にテラスがさらに広くなりグレードアップしました。テラスからは、洞爺湖や昭和新山を望む絶景が楽しめ、運がよければ雲海も見られるかも!
プライベートシートやソファ席も89席となり、開放感あふれるテラスで思う存分くつろげます。

メニューは、ホットサンドやソフトクリームがおすすめです。

CAFEND編集部
ソファ席が沢山あって広々とした空間が◎これぞ北海道!という雄大な景色が観れるのも最高ですね!

【information】
住所:北海道有珠郡壮瞥町字昭和新山184-5
営業時間:8:30~17:15
電話番号:0142-75-2401
公式HP:https://usuzan.hokkaido.jp/ja/

ターブル・ドゥ・リバージュ

出典:https://www.instagram.com/table_de_rivage/

 

自然公園「大沼国定公園」の中にあり、湖畔にたたずむカフェレストラン。

額縁のような大きな窓から見えるのは、島々の向こうにはっきりと姿を表す駒ヶ岳の丘陵。

まるで絵画のような四季折々の景色を眺めつつ、ゆったりと旬の地元素材を使った食事や手製ケーキ、コーヒーなどを楽しめます。

また、期間限定で湖の上でランチとティータイムを楽しめるランチクルーズも運航しています。5月中旬~10月中旬の期間運航し、雄大な緑溢れる季節から、湖面に映える紅葉が美しい季節まで、開放的な時間を楽しめます。

CAFEND編集部
絵画の世界に入り込んでしまったかのような景色にため息が止まらない…新緑の季節から紅葉まで様々な顔が見れるので何度でも行きたくなります。

【information】

住所:北海道亀田郡七飯町字大沼町141

電話番号:0138-67-3003

営業時間:11:00~16:00

公式HP:https://gengoro.jp/rivage/

 

おわりに

暖かくなってきて、北海道に行きたい!と思っていませんか?

北海道と言えばグルメが有名ですが、他では見れないような絶景スポットも沢山あります。今回ご紹介できていませんが、ゴールデンウィークの北海道では桜も見頃ですし、夏にはラベンダーが見頃になったり…これからの季節の北海道も魅力が満載ですので、是非旅の候補にして頂けたら嬉しいです。

 

その他の旅関連記事はこちら↓↓

老舗から話題店まで!ブリュッセルに旅したら訪ねたいカフェ5店【海外のカフェに行ってみよう】

【タイバンコクでカフェ旅行】行って良かったフォトジェニックカフェ5選

関連キーワード
  • クリスマス限定スイーツが熱い!おすすめショップ5選【全国版】
  • Craftsman Coffee Roasters
  • 雨の日だからこそ「あえて」行きたい!都内のカフェ6選
  • TRUNK COFFEE STAND グローバルゲート店
  • ブルーボトルコーヒー 新宿カフェ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう