hawaii

ハワイの定番土産といえばコナコーヒーを想像する方も多いでしょう。

コナコーヒーは世界三大コーヒーといわれており、世界でも高い評価を得ています。

 

また、コーヒー栽培が盛んなハワイはコナコーヒーだけでなく、カウコーヒーや最近話題のコーヒーバターなどさまざまなコーヒーの土産があります。

 

今年ハワイに行く予定がある方は、人気のあるお土産をおさえておけば現地でも迷うことなく、快適な旅行ができるのではないでしょうか。今回はそんなハワイのコーヒーのお話です。

 

関連記事:珍味? 美味? 【ジャクーコーヒー】とは?

世界三大コーヒーのひとつ!コナコーヒー

世界三大コーヒーといわれているコナコーヒーですが、コーヒー豆は寒暖の差が激しい場所で育つと実がしまり水分も外に出にくくなるため、長時間旨みがつまった状態になります。

 

コナ地区は日中と朝晩の温度の差が大きい土地であり、コーヒー豆が美味しくなる条件を満たしているのです。

 

また、温度差がある土地では環境も厳しく、一度にたくさんのコーヒー豆を採ることが出来ません。

 

生産量が少ないためコナコーヒーの価値も上がり、市場でも希少な豆になります。

こうした背景が、コナコーヒーは世界三大コーヒーである理由の一つといえるのではないでしょうか。

コナコーヒーが飲めるショップはここ!

世界三大コーヒーといわれるコナコーヒーを飲むなら、こちらのショップがおすすめです。

・Island vintage coffee (アイランド ヴィンテージ コーヒー)

このショップでは、最高級のコナコーヒーを飲むことができます。
ワイキキ・アラモアナ・コオリナと3店舗あり、どのショップもホノルル空港から近い場所にあるのでとっても便利。

・ HONOLULU COFFEE (ホノルルコーヒー)

アラモアナショッピングセンターと、モアナサーフライダーホテルにあるショップ。
ブランドロゴにも描かれているハイビスカスの花は、コナコーヒーのフローラルな香りをイメージしているとのこと。

・Kona Mountain Coffee (コナマウンテンコーヒー)

ヒルトンハワイアンヴィレッジにあるコーヒーショップです。
メニューのコーヒーすべてが、自社農園で栽培されたコナコーヒーを使用しているレアなショップ。

オバマ元大統領も飲んだ?カウコーヒー

コナコーヒーよりも歴史は新しいカウコーヒーですが、今、世界でも注目を集めています。

 

カウコーヒーは、SCAAのカッピングコンテストでトップ10に入るなどの経歴があり、オバマ元大統領が晩餐会で振る舞ったのも有名な話です。

 

定番のコナコーヒーは黒土の土壌で作られフルーティな味ですが、カウコーヒーは赤土で栽培されて、その味わいにもコクがあります。

 

カウコーヒーの生産量は、ハワイで生産されるコーヒー豆に比べると少量です。

しかし、生産量が少ないというのは、希少価値があって手に入れにくいコーヒーだともいえるでしょう。

カウコーヒーの発祥メーカー。アイカネプランテーションコーヒー

カウコーヒーの代表的な農園に「アイカネプランテーションコーヒー」があります。

 

アイカネプランテーションコーヒーは、カウコーヒー発祥のメーカーです。

ハワイではあまり見かけないコーヒーゼリーもあり、メニューも充実しています。

 

たっぷりのホイップクリームが盛り付けられたコーヒーゼリーは、ボリューム満点で満足すること間違いないでしょう。

 

また、ピーベリーやドリップパックのコーヒーもあるので、お土産選びに迷うこともありませんね。

現地のスタッフに日本人がいるため、英語が話せない方も心配無用。

【番外編】パンケーキとも相性抜群?コーヒーバター

コーヒーではありませんが、今、日本でも人気のコーヒーバター。

コーヒーバターって何?って考えた方もいるかもしれませんが、コーヒーを使ったクリーム状の食べ物なのです。

 

カフェオレのような甘味とホイップクリームのような軽い食感が特徴で、パンにつける・トーストに塗る・パンケーキ・ワッフルなど色々なものに使うことができます。

 

また、バターと名前が付いているけど、いつも使うバターよりあっさりしているから食べやいのは嬉しいですね。

 

今注目されつつあるコーヒーバターですが、日本では正式に販売が許可されていないので、正規ルートでの購入ができるのはハワイだけ。

スーツケースにしまって持ち帰りもできるので、帰国の直前まで部屋の冷蔵庫に入れておけばOK。

 

コーヒーバターが購入できる主な店舗はこちらになります。

 

・ファーマーズ・マーケット
・ニーマン・マーカス
・Coffee Bean & Tea Leaf
・ABS Stores
・コナ・マウンテン・コーヒー店・​JTBトラベルプラザ・ライオンコーヒー本店

 

そのほかにもハワイのさまざまなショップで購入できるので、気になる方はコーヒーバターの正規店のサイトをご覧になってみることをおすすめします。

 

コナコーヒーの公式URLはこちら。

http://www.konacoffeebutter.com/

日本人が大好きなハワイは、北緯25度とコーヒー栽培に適したところに位置しています。
そのため、コーヒー栽培が盛んで、コーヒーを使ったお土産もたくさんあるため、迷ってしまうこともあるでしょう。

 

あらかじめ、人気のコーヒー土産を知っておけば楽しい旅行も快適に過ごせるのではないでしょうか。

 

関連記事:『コピ・ルアック』を求めて。ギャニャールのコーヒー農園「テバ・サリ」

関連記事:コピルアクよりも高い?象の糞からできる最高級コーヒー「ブラックアイボリー」とは

関連キーワード
コーヒー, 知識の関連記事
  • 【別名モーニングコーヒー】アメリカンコーヒーは本当に薄い?アメリカ―ノとの違いを知る
  • coffee-shikaku
    【バリスタに資格は不要?】コーヒー業界のおすすめ資格まとめ
  • 【コーヒーと体調と味】コーヒーがまずいと感じたら体調不良のサイン?
  • フランスで定番のカフェオレボウルの使い方とは?アンティークがオシャレ可愛い!
  • coffee
    【海外と日本のコーヒーの違い】外国人が絶賛する日本のコーヒー文化と魅力とは
  • 『レジェンドたちの味覚流儀』 コーヒーと料理の化学反応を体験【前編】

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
カフェっ子リカちゃん
この前ね、ある女性とふかーい話をしてきたの。 お互いコーヒーが好きだから、ランチタイムだけこだわりのコーヒーが飲み放題というお店で待ち合わせ...