irish

コーヒーと合わせるお酒は数多くあれど、その中でも知名度が高いのは何と言っても「アイリッシュコーヒー」でしょう。その名前は有名ですが、実際に飲んでみたことはあるでしょうか?アイリッシュウィスキーをベースにしたお酒とコーヒーの融合……果たしどんな味がするのでしょうか?

 

大人にのみ飲むことを許される魅惑のコーヒー、アイリッシュコーヒーの歴史やレシピをご紹介します。

アイリッシュコーヒーとは

cafe

アイリッシュコーヒーは、まだ飛行機が陸からでなく海や湖から飛んでいた時代、アメリカからイギリスまでの太平洋横断ルートの寄港地であったアイルランドで振舞われていたメニュー。当時の飛行艇は気密性が弱いため暖房がまともに効かないばかりか、燃料の補給中などはボートの上で待機を強いられることもしばしば。

 

そこで乗客の体を温めようと振舞われたのが発祥とされています。コーヒーの温かさと、アルコールによる体温の上昇を狙った、お客さんへの気遣いからうまれた飲み物なのです。

アイリッシュコーヒーのレシピのカギは「ウィスキー」

cafe

そんなおしゃれなアイリッシュコーヒーですが、作り方は意外とお手軽。ホットコーヒーに角砂糖を一つ二つ入れ、アイリッシュウィスキーを30ml程度注いでステア(スプーン)で静かに混ぜる。最後にお好みの量の生クリームを浮かせて完成です。

 

ウィスキーの量を増やせばドライな味わいになります。もしより甘くしたい場合は、生クリームをむやみに増やすのではなく砂糖を増やしたほうが自然な味わいになります。

 

しかし注意すべきポイントが一つ。ウィスキーは必ず「アイリッシュウィスキー」を使用すること。産地やお酒の銘柄で名前が変わってしまうことはカクテルの世界ではよくあることで、アイリッシュコーヒーにはアイリッシュウィスキーを使用することが規定されているのです。

 

ちなみに、スコッチ(スコットランド産のウィスキー)を使用すると「ゲーリックコーヒー」、バーボン(アメリカ産でトウモロコシが50%以上使用されているウィスキー)を使用すると「ケンタッキーコーヒー」などと呼ばれるそうです。それぞれ味わいも変わりますので、試してみてはいかが?

アイリッシュコーヒー:まとめ

cafe

1950年代には世界中でブームになったとされるアイリッシュコーヒー。日本ではコーヒーにお酒を混ぜる文化はそれほど浸透していませんが、ゆったりリラックスしながら体を温めるにはもってこいのメニューです。

 

最近では、デカフェでも美味しいコーヒーがたくさん販売されていますので、寝る前のささやかなナイトキャップにも良いかもしれません。

 

デカフェで注目!チコリコーヒーとは? 効能や作り方と飲み方

 

飲み過ぎにはくれぐれも注意です。

関連キーワード
コーヒー, 知識の関連記事
  • 【はちみつコーヒーの作り方】はちみつコーヒーがもたらす効果や効能とは?
  • カフェオレを簡単に美味しく作れる!【牛乳とコーヒーの黄金レシピ】
  • 話題の完全無欠珈琲『バターコーヒー』って? 効果や味・作り方を紹介!
  • 【アメリカンとの違い】コーヒーってなんでブレンドする必要があるの?
  • コーヒー豆は生鮮食品!? 意外と知らないベストな飲み頃と保存方法とは
  • コーヒードリップの量って何か正解なの?
    コーヒーをドリップする時の量ってなにが正解なの?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事