アイリッシュコーヒー

コーヒーと合わせるお酒は数多くあれど、その中でも知名度が高いのは何と言っても「アイリッシュコーヒー」でしょう。その名前は有名ですが、実際に飲んでみたことはあるでしょうか?  アイリッシュウィスキーをベースにしたお酒とコーヒーの融合……果たしどんな味がするのでしょう?

 

大人にのみ飲むことを許されるアルコールを使った魅惑のコーヒー、アイリッシュコーヒーの歴史やレシピをご紹介します。

 

関連記事:簡単アレンジ自在!コーヒー酒の作り方とその楽しみ方

アイリッシュコーヒーとは

cafe

由来や起源

アイリッシュコーヒーの由来は、名前の通りアイルランドから生まれました。アイリッシュコーヒーは、まだ飛行機が陸からでなく海や湖から飛んでいた時代、アメリカからイギリスまでの太平洋横断ルートの寄港地であったアイルランドで振舞われていたメニューなんです。当時の飛行艇は気密性が弱いため暖房がまともに効かないばかりか、燃料の補給中などはボートの上で待機を強いられることもしばしばだったそう。

 

そこで乗客の体を温めようと振舞われたのが発祥とされています。コーヒーの温かさと、アルコールによる体温の上昇を狙った、お客さんへの気遣いからうまれた飲み物なのです。

どんな味?

生クリームと砂糖が入った熱いコーヒーにウィスキーを加えたものが基本のレシピになります。

ウィスキーの芳醇な香りに生クリームのまろやかさと砂糖の甘みとがあるので、コーヒーが苦手な人でも飲みやすいのが特徴のカクテルです。

 

生クリームが上に乗っていることが多いのですが、これはま混ぜないで飲むのが正しいアイリッシュコーヒーの飲み方と言われています。

 

またバーテンダーがウィスキーのアルコールに火をつけてくれるという楽しいパフォーマンスもあったりします。アルコールに火をつけることによって、アルコール分を少し飛ばしてくれるので口当たりがまろやかになり、コーヒーが冷めにくくなります。

【アイリッシュコーヒーのレシピ】のカギは「ウィスキー」

アイリッシュウィスキー

そんなおしゃれなアイリッシュコーヒーですが、作り方は意外とお手軽。ホットコーヒーに角砂糖を一つ二つ入れ、アイリッシュウィスキーを30ml程度注いでステア(スプーン)で静かに混ぜる。最後にお好みの量の生クリームを浮かせて完成です。

 

ウィスキーの量を増やせばドライな味わいになります。もしより甘くしたい場合は、生クリームをむやみに増やすのではなく砂糖を増やしたほうが自然な味わいになります。

 

しかし注意すべきポイントが一つ。ウィスキーは必ず「アイリッシュウィスキー」を使用すること。産地やお酒の銘柄で名前が変わってしまうことはカクテルの世界ではよくあることで、アイリッシュコーヒーにはアイリッシュウィスキーを使用することが規定されているのです。

 

ちなみに、スコッチ(スコットランド産のウィスキー)を使用すると「ゲーリックコーヒー」、バーボン(アメリカ産でトウモロコシが50%以上使用されているウィスキー)を使用すると「ケンタッキーコーヒー」などと呼ばれるそうです。それぞれ味わいも変わりますので、試してみても面白いかも?

冷たくてもOK!アイスの美味しい飲み方

アイリッシュコーヒーは冷たいアイスにしても美味しくいただけます。

作り方は、ホットのときの作り方とほぼ一緒です。冷たいコーヒーに材料を加えて、上に生クリームを乗せるだけ。このとき砂糖をガムシロップにかえてくださいね。

ホットで飲むより、アイスの方がアルコールが弱い人は飲みやすく感じることが多いでしょう。

アイリッシュコーヒー:まとめ

cafe

1950年代には世界中でブームになったとされるアイリッシュコーヒー。日本ではコーヒーにお酒を混ぜる文化はそれほど浸透していませんが、ゆったりリラックスしながら体を温めるにはもってこいのメニューです。

タリーズコーヒーのメニューでは、アルコールを使わないアイリッシュコーヒーがご提供されてるんだとか。

 

最近では、デカフェでも美味しいコーヒーがたくさん販売されていてリラックス効果が期待できそう。アイリッシュコーヒーと同じように寝る前のささやかなナイトキャップにも良いかもしれません。

 

ネイバーフッドアンドコーヒーのラテとチョコレートスコーン
お酒も飲める大人なスタバ「Neighborhood and Coffee」の魅力とは?
2018.11.2
1971年にアメリカのシアトルで開業した、日本でもおなじみのコーヒーチェーン「スターバックスコーヒー」。 2018年現在、日本国内で約1300店舗を展開しています。 そんな大手コーヒーチェーンのスターバックスですが、通常店舗とは異なるコンセプトを持つ、限定店舗があるのをご存知でしょうか。 スタ...…
はちみつ
血糖値が上がらない!コーヒーと相性の良いシロップ【自然甘味料5選】
2018.11.2
アメリカのアトキンス・ローカーボダイエットで有名になったといわれる、糖質制限ダイエット。ライザップ監修の糖質メニューがファミリーマートでみられたりと、米、パン、芋類などを食べずに痩せるダイエット方法が人気です。美容やアンチエイジングや健康ブームの流れからも、糖質オフ(低糖質)食品が注目され、認知度が...…
【カフェの注文で困らない】世界のコーヒーアレンジを知ろう!
2018.10.5
コーヒーといえば無糖ブラック! という人は筆者の周りでも大勢いますが、コーヒー好きを名乗るならばブラック以外の楽しみ方もたくさん知っていてしかるべき。 世界にはコーヒーの楽しみ方が無数に存在します。甘くするもの、スパイシーにするもの、ブラックだけど日本では見かけない方法で淹れているもの等々…… ...…
関連キーワード
  • “アイスコーヒー”は日本の文化?
  • コーヒーコレクティブ
    「ヒュッゲ」の国のサードウェーブコーヒー The Coffee Collective (コーヒー・コレクティブ)
  • 簡単アレンジ自在!コーヒー酒の作り方とその楽しみ方
  • フランスで定番のカフェオレボウルの使い方とは?アンティークがオシャレ可愛い!
  • 【カフェの注文で困らない】世界のコーヒーアレンジを知ろう!
  • 【COFFEE 擬人化計画】あなたの好みのタイプは「どのコーヒー女子」ですか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事